研究者
J-GLOBAL ID:200901090542071408   更新日: 2020年07月08日

井口 亮

イグチ アキラ | Akira Iguchi
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/site/iguchilabo/
研究分野 (6件): ゲノム生物学 ,  生物資源保全学 ,  環境動態解析 ,  多様性生物学、分類学 ,  生態学、環境学 ,  環境影響評価
研究キーワード (6件): リアルタイム・メタボローム解析 ,  環境影響評価 ,  ゲノム ,  適応 ,  保全 ,  環境応答
論文 (24件):
  • Sakai K, Singh T, Iguchi A. Bleaching and post-bleaching mortality of Acropora corals on a heat-susceptible reef in 2016. PeerJ. 2019. 7. e8138
  • Kei Zaitsu, Saki Noda, Tomomi Ohara, Tasuku Murata, Shinji Funatsu, Koretsugu Ogata, Akira Ishii, Akira Iguchi. Optimal inter-batch normalization method for GC/MS/MS-based targeted metabolomics with special attention to centrifugal concentration. Analytical and Bioanalytical Chemistry. 2019. 411. 26. 6983-6994
  • Iguchi Akira, Sanmiya Kazutsuka, Watanabe Kenta. Identification of genes encoding ALMT and MATE transporters as candidate aluminum tolerance genes from a typical acid soil plant, Psychotria rubra (Rubiaceae). PeerJ. 2019. 7. e7739
  • Nakabayashi Aki, Yamakita Takehisa, Nakamura Takashi, Aizawa Hiroaki, Kitano Yuko F, Iguchi Akira, Yamano Hiroya, Nagai Satoshi, Agostini Sylvain, Teshima Kosuke M. The potential role of temperate Japanese regions as refugia for the coral Acropora hyacinthus in the face of climate change. Scientific reports. 2019. 9. 1. 1892
  • Kawahata Hodaka, Fujita Kazuhiko, Iguchi Akira, Inoue Mayuri, Iwasaki Shinya, Kuroyanagi Azumi, Maeda Ayumi, Manaka Takuya, Moriya Kazuyoshi, Takagi Haruka, o. Perspective on the response of marine calcifiers to global warming and ocean acidification-Behavior of corals and foraminifera in a high CO 2 world “hot house”. Progress in Earth and Planetary Science. 2019. 6. 1. 1
もっと見る
MISC (7件):
  • 井口亮, 水山克, 頼末武史, 藤田喜久. 遺伝子解析による琉球列島の海底洞窟性生物群集の多様性と集団形成・維持機構に関する研究の現状と今後の課題. TAXA. 2019. 46. 28-33
  • 鈴木淳, 井口亮, 酒井一彦, 中村崇, 藤田和彦, 田中泰章, 入江貴博, 加藤亜記, 大野良和, 林正裕, 山本雄三, 磯野良介, 諏訪遼太, 井上麻夕里, 野尻幸宏. 海洋酸性化がサンゴなどの石灰化生物に与える影響評価実験. 月刊海洋. 2018. 50. 237-246
  • 宇田幸司, 井口亮, 鈴木知彦. 宝石サンゴの遺伝子研究-ミトコンドリアゲノム解析と研究動向. 生物の科学・遺伝. 2018. 72. 52-58
  • 鈴木淳, 酒井一彦, 林正裕, 山本雄三, 太田雄貴, 井口亮, 井上麻夕里, 菅浩伸, 野尻幸宏. 海洋酸性化現象が浅海の付着生物の加入定着に与える影響評価実験. 日本海洋学会大会講演要旨集. 2017. 2017. 267
  • 井口亮, 中島祐一, 藤田純太, 鈴木淳, 酒井一彦. サンゴの分布境界と石灰化応答との関連を探る. 月刊地球. 2017. 39. 31-37
もっと見る
書籍 (1件):
  • Coral Reef Studies of Japan
    シュプリンガー・ネイチャー・シンガポール 2018
学歴 (3件):
  • 2004 - 2008 James Cook University Comparative Genomics Centre
  • 2002 - 2004 京都大学 農学研究科 応用生物科学専攻
  • 1998 - 2002 京都大学 総合人間科学部 自然環境学科
学位 (1件):
  • Ph.D. (James Cook University)
経歴 (8件):
  • 2018/04 - 現在 産業技術総合研究所 地質調査総合センター 主任研究員
  • 2013/09 - 2018/03 沖縄工業高等専門学校 助教
  • 2013/04 - 2013/08 東京大学 日本学術振興会特別研究員PD
  • 2011/04 - 2013/03 琉球大学 日本学術振興会特別研究員PD
  • 2010/04 - 2011/03 琉球大学 ポスドク研究員
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2018/11 - 現在 バイオミネラリゼーションワークショップ運営委員
  • 2017/09 - 現在 沖縄県環境科学センター 県産微生物による重油汚染土壌及び地下水の浄化技術研究開発研究推進委員会委員
  • 2011/07 - 現在 日本サンゴ礁学会 保全委員会委員
  • 2017/07 - 2019/03 日本サンゴ礁学会 評議員
  • 2011/04 - 2017/01 日本サンゴ礁学会 広報委員会委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2014/11 - 2014年度日本サンゴ礁学会川口奨励賞
  • 2009 - 2009年度日本ベントス学会奨励賞
所属学会 (7件):
マリンバイオテクノロジー学会 ,  日本進化学会 ,  地球環境史学会 ,  日本サンゴ礁学会 ,  日本生態学会 ,  日本ベントス学会 ,  日本水産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る