研究者
J-GLOBAL ID:200901090918263281   更新日: 2020年05月06日

高津 文人

コウズ アヤト | Kohzu Ayato
所属機関・部署:
職名: 独立行政法人 科学技術振興機構 CRESTプロジェクト
研究分野 (2件): 生態学、環境学 ,  宇宙惑星科学
研究キーワード (5件): 食物網構造 ,  富栄養化 ,  安定同位体比 ,  物質循環 ,  生態系
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 安定同位体自然存在比による生態系機能群集に関する研究
  • トレーサー植物遺体を用いた陸域生態系の分解過程に関する研究
MISC (5件):
  • 炭素、窒素安定同位体自然存在比による河川環境の診断. (2005) 高津 文人、河口洋一、布川雅典、中村太士, 日本応用生態工学会特集号、第7巻,2号,201〜213頁. 2005
  • Dynamics of 13C natural abundance in wood decomposing fungi and their ecophysiological implications. (2005) Ayato KOHZU, Toshihiro MIYAJIMA, Takahiro TATEISHI, Takashi WATANABE, Munezo TAKAHASHI, Eitaro WADA, Soil Biology and Biochemistry, vol.37 p.159・・・. 2005
  • Stream food web fueled by methane-derived carbon. (2004) Ayato KOHZU, Chika KATO, Tomoya IWATA, Daisuke KISHI, Masashi MURAKAMI, Shigeru NAKANO, and Eitaro WADA, Aquatic Microbial Ecology, vol.36, p.189-194. 2004
  • Significance of rooting depth in mire plants: evidence from natural 15N abundance. (2003) Ayato KOHZU, Kiyoshi MATSUI, Tomoyasu YAMADA, Atsuko SUGIMOTO and Noboru FUJITA , Ecological Research, vol.18, p.257〜266 深根性の湿原植物は還元的な深層に豊富に存在する無機態窒素を効率良く吸収していること・・・. 2003
  • 安定同位体自然存在比から環境ストレスを読む. 生物資源科学. 1999. 2. 2. 1-10
学歴 (2件):
  • - 2000 京都大学 理学研究科 植物学
  • - 1994 京都大学 農学部 農林経済
学位 (1件):
  • 理学博士
経歴 (6件):
  • 現在 まで 戦略的創造研究推進事業 研究員
  • 平成 16年 4月 1日から 独立行政法人科学技術振興機構
  • 平成 16年 3月 31日まで 所属:京都大学生態学研究センター
  • 平成 13年 4月 1日から 日本学術振興会 特別研究員
  • 平成 13年 3月 30日まで 研究推進事業 研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2004 - 2004年Ecological Research論文賞 受賞 受賞論文「Significance of rooting depth in mire plants: Evidence from natural 15N abundance」(Ecological Research Vol18, 257-266) by Ayato Kohzu, Kiyoshi Matsui, Tomoyasu Yamada, Atsuko Sugimoto and Noboru Fujita
所属学会 (5件):
応用生態工学会 ,  日本生態学会 ,  日本菌類学会 ,  日本土壌肥料学会 ,  日本微生物生態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る