研究者
J-GLOBAL ID:200901091066746554   更新日: 2020年08月30日

吉本 光希

ヨシモト コウキ | KOKI YOSHIMOTO
所属機関・部署:
職名: 専任准教授
研究分野 (3件): 細胞生物学 ,  植物栄養学、土壌学 ,  植物分子、生理科学
研究キーワード (5件): 細胞死 ,  老化 ,  オルガネラ ,  タンパク質分解 ,  オートファジー
論文 (12件):
  • Shinozaki, D, Merkulova, A. E, Naya, L, Horie, T, Kanno, Y, Seo, M, Ohsumi, Y, Masclaux-Daubresse, C, Yoshimoto, K. Autophagy Increases Zn Bioavailability to Avoid Light-Mediated ROS Production under Zn Deficiency. Plant Physiology. 2020. in press
  • Chen, Q, Shinozaki, D, Luo, J, Pottier, M, Havé, M, Marmagne, A, Reisdorf-Cren, M, Chardon, F, Thomine, S, Yoshimoto, K, Masclaux-Daubresse, C. Autophagy and nutrients management in plants. Cells. 2019. 8. 11. 1426
  • 吉本光希. 植物の必須栄養素から考える植物オートファジーの重要性. 生化学. 2019. 91. 5. 652-658
  • Yoshimoto, K, Ohsumi, Y. Unveiling the Molecular Mechanisms of Plant Autophagy - From Autophagosomes to Vacuoles in Plants. Plant Cell Physiol. 2018. 59. 7. 1337-1344
  • Di Berardino, J, Marmagne, A, Berger, A, Yoshimoto, K, Cueff, G, Chardon, F, Masclaux-Daubresse, C, Reisdorf-Cren, M. Autophagy Controls Resource Allocations and Protein Storage Accumulation in Arabidopsis Seeds. J. Exp. Bot. 2018. 69. 6. 1403-1414
もっと見る
書籍 (6件):
  • 植物オートファジー研究の第二の夜明け
    日本植物学会 2018
  • 植物オートファジーの生理的意義 〜植物独自の機能の解明を目指して〜
    日本植物学会 2018
  • オートファジー ~分子メカニズムの理解から病態の解明まで~
    南山堂 2018
  • 植物学の百科事典
    丸善出版 2016
  • Photosynthesis. Energy from the sun
    Springer 2008
もっと見る
経歴 (6件):
  • 2016/04 - 現在 明治大学 農学部 生命科学科 専任准教授
  • 2011 - 2015 フランス国立農学研究所 ユニットリーダー
  • 2010 - 2011 独立行政法人 理化学研究所 植物科学研究センター 研究員
  • 2007 - 2010 独立行政法人 理化学研究所 基礎科学特別研究員
  • 2004 - 2007 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 基礎生物学研究所 博士研究員
全件表示
所属学会 (4件):
日本植物病理学会 ,  日本植物生理学会 ,  日本植物学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る