研究者
J-GLOBAL ID:200901091131913846   更新日: 2020年08月31日

古村 南夫

フルムラ ミナオ | Furumura Minao
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 皮膚科学
研究キーワード (1件): 皮膚科学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2002 - 2004 Development of new treatments for neurofibromatosis type1
  • 2002 - 2004 molecular mechanism of skin aging
  • 色素細胞のメラニン生成の分子制御機構の解明、皮膚レーザー治療、アンチエイジング、色素性皮膚疾患
  • Structure and function of actin cytoskeleton in the skin
  • Molecular study on the regulation of melanogenesis in melanocytes
論文 (97件):
もっと見る
MISC (228件):
書籍 (9件):
  • 小児の皮膚トラブルFAQ 母斑症に気づくコツは?
    診断と治療者 2008 ISBN:9784787816351
  • 皮膚疾患最新の治療 基底細胞癌
    南江堂 2006
  • フォトRFによるskin rejuvenation
    中山書店 2006
  • RF:radio frequency 光老化皮膚
    南山堂 2005
  • 特定疾患介護ハンドブック 神経線維腫症II型
    社会保険出版社 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (53件):
  • Intracellar signal transduction in neurofibromin knockdown melanocytes/fibroblasts is a possible mechanism causing café-au-lait macules
    (第34回日本研究皮膚科学会学術大会 2009)
  • カフェオレ斑とメラノサイトの細胞内シグナル
    (第1回日本レックリングハウゼン病学会 2009)
  • Intracellar signal transduction in neurofibromin knockdown melanocytes/fibroblasts is a possible mechanism causing café-au-lait macules
    (第34回日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会 2009)
  • A novel inhibitory signaling pathway for melanogenesis mediated by the ubiquitous bHLH transcription factor TCF4a
    (第22回日本色素細胞学会 2009)
  • Café-au-lait macules from the perspective of NF1 knockdown melanocytes
    (第22回日本色素細胞学会 2009)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (九州大学)
委員歴 (2件):
  • 2009 - 2010 日本皮膚科学会美容皮膚科レーザー指導医委員会 オブザーバー
  • 2005 - 2010 光老化研究会 世話人
所属学会 (2件):
光老化研究会 ,  日本皮膚科学会美容皮膚科レーザー指導医委員会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る