研究者
J-GLOBAL ID:200901091213560100   更新日: 2020年08月31日

藤井 英樹

フジイ ヒデキ | Fujii Hideki
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 消化器内科学 ,  消化器内科学
研究キーワード (3件): 脂肪肝炎 ,  肝臓 ,  線維化
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2020 非アルコール性脂肪肝炎の慢性炎症形成における赤血球、血小板の役割
  • 2013 - 2017 脂肪肝炎における肝脂肪化のメカニズムの解明
  • 2011 - 2012 脂肪肝炎を基盤とした肝発癌におけるマクロファージスカベンジャー受容体の役割
  • 2009 - 2010 脂肪性肝炎の病態形成におけるマクロファージスカベンジャー受容体の役割
  • 2006 - 2007 変性赤血球による非アルコール性脂肪性肝炎病態の修飾
全件表示
論文 (103件):
  • 焦 光裕, 榎本 大, 小谷 晃平, 小田桐 直志, 吉田 香奈子, 元山 宏行, 小塚 立蔵, 藤井 英樹, 萩原 淳司, 打田 佐和子, 森川 浩安, 村上 善基, 田守 昭博, 河田 則文. 肝機能障害を契機に診断されたサルコイドーシス5例の検討. (一社)日本肝臓学会 肝臓. 2019. 60. 11. 405-413
  • Fujii Hideki, Enomoto Masaru, Murakami Yoshiki, Hagihara Atsushi, Kawada Norifumi, Saito Shinobu. Last crusade against HCV: Direct-acting antiviral treatment for marginalized populations. JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS. 2019
  • Kotani Kohei, Enomoto Masaru, Okada Masako, Yoshida Kanako, Motoyama Hiroyuki, Fujii Hideki, Hagihara Atsushi, Uchida-Kobayashi Sawako, Morikawa Hiroyasu, Murakami Yoshiki, Tamori Akihiro, Kawada Norifumi. Interstitial pneumonia suspected during regorafenib administration and exacerbated by subsequent therapy with lenvatinib for unresectable hepatocellular carcinoma. CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY. 2019. 12. 4. 355-360
  • Fujii Hideki, Imajo Kento, Yoneda Masato, Nakahara Takashi, Hyogo Hideyuki, Takahashi Hirokazu, Hara Tasuku, Tanaka Saiyu, Sumida Yoshio, Eguchi Yuichiro, Chayama Kazuaki, Nakajima Atsushi, Nishimoto Naoki, Kawada Norifumi. HOMA-IR: An independent predictor of advanced liver fibrosis in nondiabetic non-alcoholic fatty liver disease. JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY. 2019. 34. 8. 1390-1395
  • Li Jie, Zou Biyao, Yeo Yee Hui, Feng Yuemin, Xie Xiaoyu, Lee Dong Hyun, Fujii Hideki, Wu Yuankai, Kam Leslie Y, Ji Fanpu, Li Xiaohe, Chien Nicholas, Wei Mike, Ogawa Eiichi, Zhao Changqing, Wu Xia, Stave Christopher D, Henry Linda, Barnett Scott, Takahashi Hirokazu, Furusyo Norihiro, Eguchi Yuichiro, Hsu Yao-Chun, Lee Teng-Yu, Ren Wanhua, Qin Chengyong, Jun Dae Won, Toyoda Hidenori, Wong Vincent Wai-Sun, Cheung Ramsey, Zhu Qiang, Nguyen Mindie H. Prevalence, incidence, and outcome of non-alcoholic fatty liver disease in Asia, 1999-2019: a systematic review and meta-analysis. LANCET GASTROENTEROLOGY & HEPATOLOGY. 2019. 4. 5. 389-398
もっと見る
MISC (12件):
  • 角田 圭雄, 小野 正文, 藤井 英樹, 徳重 克年, 中島 淳, 米田 政志. 【肝線維化-診断を超えて】肝線維化は最強のNASH予後決定因子か. (株)日本メディカルセンター 臨床消化器内科. 2018. 33. 13. 1659-1666
  • 藤井 英樹. 【NAFLD/NASH診療のイノベーション-ガイドラインからパイプラインへ】NAFLD/NASH診断:現在のコンセンサスを知る ノンアルコールとは 飲酒量をどう評価する?. (株)南江堂 内科. 2018. 121. 6. 1283-1288
  • 榎本 大, 打田 佐和子, 藤井 英樹, 河田 則文. 【肝癌撲滅に向けたわが国の取り組み-厚労省、地方自治体、拠点病院の連携】大阪府の取り組み 医療従事者への啓発. (有)科学評論社 消化器・肝臓内科. 2018. 3. 3. 324-329
  • 藤井 英樹, 河田 則文. 【肝胆膵とアルコール-serendipityを目指して-】アルコール性肝障害の肝細胞障害機序 肝線維化進展機構. (株)アークメディア 肝・胆・膵. 2018. 76. 1. 33-39
  • 大川 清孝, 青木 哲哉, 上田 渉, 大庭 宏子, 宮野 正人, 小野 洋嗣, 藤井 英樹, 山口 誓子, 倉井 修, 末包 剛久, 佐野 弘治, 西口 幸雄, 福島 裕子, 井上 健. 【消化管結核の診断と治療-最近の進歩】消化管結核の治療と合併症. (株)医学書院 胃と腸. 2017. 52. 2. 202-213
もっと見る
講演・口頭発表等 (113件):
  • 肝細胞癌治療におけるチーム医療 レンバチニブ治療における薬剤師介入の効果の検討
    (肝臓 2019)
  • 肝硬変患者の肝発癌における高血圧の意義
    (肝臓 2019)
  • 異所性肝細胞癌に対してレンバチニブを投与した1例
    (肝臓 2019)
  • DAA治療によるSVRは肝細胞癌再発リスクを低下させるか 初発肝細胞癌根治後の再発率の検討
    (肝臓 2019)
  • 肝疾患診療拠点病院としての看護師の取り組み
    (肝臓 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2000 - 2004 大阪市立大学 医学系研究科 器官構築形態学(第二解剖学)
  • 1992 - 1998 大阪市立大学 医学部
学位 (1件):
  • 博士(医学) (大阪市立大学)
経歴 (11件):
  • 2019/07/01 - 現在 大阪市立大学医学部附属病院 講師
  • 2019/04/01 - 現在 大阪市立大学 講師
  • 2014/04/01 - 2019/09/30 大阪市立十三市民病院 医長
  • 2019/04/01 - 2019/06/30 大阪社会医療センター附属病院 科長
  • 2016/10/01 - 2019/03/31 大阪市立大学医学部附属病院 特任講師
全件表示
所属学会 (6件):
日本肝臓学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本内科学会 ,  日本肝臓学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る