研究者
J-GLOBAL ID:200901091255681862   更新日: 2020年05月04日

青柳 克信

アオヤギ ヨシノブ | Aoyagi Yoshinobu
所属機関・部署:
職名: 上席研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 立命館大学  総合科学技術研究機構 先端マイクロ・ナノシステム技術研究センター 
  • 立命館大学  総合科学技術研究機構 SRセンター 
研究分野 (6件): 無機材料、物性 ,  薄膜、表面界面物性 ,  電子デバイス、電子機器 ,  電気電子材料工学 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  ナノマイクロシステム
研究キーワード (1件): ナノエレクトロニクス、環境エレクトロニクス、窒化物半導体、2光束その場観測法、量子ドット、交互供給コドーピング法、縦型構造深紫外半導体発光素子、殺菌、水浄化、難分解性分子分解、神経情報伝達制御、3端子制御
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2008 - 2012 ナノテクノロジーを用いた高効率、高出力縦型深紫外発光素子の開発とその環境、バイオ、計測への応用
  • 2009 - 2010 高出力深紫外半導体発光素子の開発
  • 1999 - 2003 量子相関機能のダイナミクスに関する研究
  • 1995 - 1998 人工ナノ構造の機能探索
論文 (498件):
  • Y. Aoyagi, N. Kurose. A 2-inch, large-size deep ultraviolet light-emitting device using dynamically controlled micro-plasma-excited AlGaN. Applied Physics Letters. 2013. 102. 4. 041114-1-041114-3
  • Y. Aoyagi, M. Takeuchi, K. Yoshida, M. Kurouchi, Y. Nanishi, H. Sugano, Y. Ahiko, H. Nakamura. High-sensitivity ozone sensing using 280nm deep ultraviolet light-emitting diode for depletion of natural hazard ozone. Journal of Environmental Protection. 2012. 3. 8. 695-699
  • Y. Aoyagi, M. Yano-Mitsui, T. Miyadera, K. Tsukagoshi, H. Kamiguchi. Control of neural signal propagation in neuron by three therminal electrodes method. Elec. Letters. 2012. 48. 18. 1093-1095
  • Yoshinobu Aoyagi, Misaichi Takeuchi, Sohachi Iwai, Hideki Hirayama. Formation of AlGaN and GaN epitaxial layer with high p-carrier concentration by pulse supply of source gases. AIP ADVANCES. 2012. 2. 1. 0012177-0012183
  • Yoshinobu Aoyagi, Misaichi Takeuchi, Sohachi Iwai, Hideki Hirayama. High hole carrier concentration realized by alternative co-doping technique in metal organic chemical vapor deposition. APPLIED PHYSICS LETTERS. 2011. 99. 11. 112110
もっと見る
特許 (191件):
  • 可変波長色素レ-ザ装置
  • 可変波長分布帰還型色素レ-ザ装置を用いた分光光度計
  • エシエレツト格子の製造方法
  • VERFAHREN ZUM HERSTELLEN VON ECHELETTGITTERN
  • エシエレツト格子の基板とその製造方法
もっと見る
書籍 (10件):
  • Optical Properties of Advanced Materials
    Springer 2012 ISBN:9783642335266
  • 基礎からわかるナノデバイス
    コロナ社 2011
  • 先端材料光物性
    コロナ社 2008
  • ナノテクノロジーハンドブック
    オーム社 2003
  • 自己組織化プロセス技術
    培風館 1999
もっと見る
講演・口頭発表等 (61件):
  • Large area micro-plasma exited AlGaN deep ultravioket light emitter
    (International Display Workshop 2012)
  • Development of new deep ultra-violet light emitter using micro-plasma excitation of AlGaN and its application
    (ICNMS2012 2012)
  • Development of large area micro-plasma-excited AlGaN deep ultraviolet light device (MIPE) for disinfection of water
    (Water Contamination Emergency Conference 5 2012)
  • Two inch large area DUV AlGaN light emitter using micro-plasma excitation
    (Iinternational Workshop on Nitride Semiconductors 2012)
  • 高出力大面積マイクロプラズマ励起AlGaN 深紫外発光素子の開発
    (第73回応用物理学会学術講演会 2012)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1971 大阪大学大学院 物理系
  • - 1965 大阪大学大学院 物理系修士課程
  • - 1965 大阪大学 電気工学科
学位 (1件):
  • 工学博士 (大阪大学)
経歴 (11件):
  • 2000/04/01 - 2008/03/31 東京工業大学・教授
  • 2007/04/01 - 立命館大学・特別招聘教授
  • 1988/07/01 - 2003/03/31 理化学研究所・主任研究員
  • 1992/04/01 - 1997/03/31 東京理科大学理工学部教授兼務
  • 1995/04/01 - 1996/04/01 北海道大学量子海面研究センター客員教授兼務
全件表示
委員歴 (35件):
  • 2010/03 - 2013/04 日本ナノ学会 理事
  • 1988/04 - 2013/03 米国物理学会(AIP)
  • 2009/04 - 戦力的国際科学技術協力推進事業評価委員(スペイン)
  • 2007/04 - 2009/03 戦力的国際科学技術協力推進事業評価委員(ドイツ)
  • 2008/04 - 日本物理・応物系学術誌刊行センターセンター長
全件表示
受賞 (8件):
  • 2007/09 - 応用物理学会 応用物理学会論文賞
  • 2007/08 - 応用物理学会 応用物理学会フェロー表彰
  • 2002/12 - マイクロプロセス国際会議組織委員会 マイクロプロセス国際学会Best Paper Award
  • 1997/04 - 科学技術庁 科学技術長官賞
  • 1995/08 - 応用物理学会 応用物理学会賞
全件表示
所属学会 (5件):
日本ナノ学会 ,  米国物理学会(AIP) ,  レーザー学会 ,  日本物理学会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る