研究者
J-GLOBAL ID:200901091520805757   更新日: 2020年03月19日

水木 ピーター

ミズキ ピーター | Peter Mizuki
所属機関・部署:
職名: 准教授(研究所)
研究キーワード (7件): 研究履歴 1997年 「言語習得に向けた授業環境の創出」 第二言語学習時に生徒が感じる不安感を少なくする為の手法について研究。 1999年 「テーマベースのEFL授業の為のトッピックの展開」 アメリカのニュース番組をベースにしたコンテントベース教材の開発と授業の展開。 2001年 JALT(全国語学教育学会)のSIG (分科会) Leaner Development に参加し、Autonomy(自律学習)についての研究を深めていく。 2002年 「授業における学習者の自律性の促進と啓発」 この論文を皮切りに自律学習について国 ,  自律学習 ,  TOEFL むけて指導 ,  自律学習 ,  TOEFL ,  Autonomy ,  研究履歴 1997年 「言語習得に向けた授業環境の創出」 第二言語学習時に生徒が感じる不安感を少なくする為の手法について研究。 1999年 「テーマベースのEFL授業の為のトッピックの展開」 アメリカのニュース番組をベースにしたコンテントベース教材の開発と授業の展開。 2001年 JALT(全国語学教育学会)のSIG (分科会) Leaner Development に参加し、Autonomy(自律学習)についての研究を深めていく。 2002年 「授業における学習者の自律性の促進と啓発」
論文 (9件):
  • Book Review: Lindsay Miller (Ed.) Autonomy in the Classroom. Learning Learning. 2008. vol.15. No.1. p.40
  • Marlen Harrison, Christopher Carpenter, Terry Fellner, Renee Sawazaki, Amanda Bradley, Paul Dore, Denise Haugh, Robeert B. Sanderson. Learner Development Forum: Learning to express ourselves. JALT Conference Proceedings Learner Development Forum: Learning to express ourselves. 2006
  • Follow-up Links on Student and Teacher Motivation. Learning Learning: A bilingual Newsletter for the Learner Development SIG (special interest group) of JALT (Japan Assoc. of Language Teachers). 2005. 13. (2). p.66,
  • Marlen Harrison, Christopher Carpenter, Terry Fellner, Renee Sawazaki, Amanda Bradley, Peter Mizuki, Paul Dore, Denise Haugh, Robert B. Sanderson. Learner Development Forum: Learning to Express Ourselves. JALT 2005 Conference Proceedings. Learner Development Forum: Learning to Express Ourselves. 2005. pp.252-263
  • "Autonomy in Second Language Aquisition". CWC2論文集pp.121-125. 2003. 2
もっと見る
書籍 (2件):
  • `Metacognitive Strategies, Reflection, and Autonomy in the Classroom`. In A. Barfield & M. Nix (eds.) Learner and Teacher Autonomy in Japan 1: Autonomy You Ask,pp.143-154
    全国語学教育学会 2003
  • 教室での自律学習将励と発展
    学習の学習 2002
講演・口頭発表等 (8件):
  • How a course on Japanese culture promotes autonomy and greater intercultural understanding in a Japanese language and culture program
    (2009 Pan-SIG Conference:infinite possibilities:expanding limited opportunities in language education 2009)
  • Autonomy: Giving Students Avenues of Eepression
    (FLC/JLT Mini Conference: Input and Output: Toward Integration 2009)
  • Autonomy:Avenues of Expression in Learning
    (JALT (Japan Association of Language Teachers)33rd International Language Conference 2007)
  • Autonomy: Giving Students Avenues of Expression in Learning
    (The Independent Learning Association 3rd International Conference 2007)
  • Critical Evauations, Autonomy, and Motivation:A Story and Comments on Stimulating Learners` Presentations
    (全国語学教育学会第31回国際学会にて 2005)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2001 テンプル大学大学院 TESOL英語教育/テンプル大学 M.Ed.教育修士 (TESOL英語教育)
学位 (3件):
  • 文学士 (ワシントン大学)
  • 図書館学修士 (ワシントン大学大学院)
  • 教育学修士 (テンプル大学)
委員歴 (1件):
  • 2001/10 - 全国語学学会 会報”Learning Learnig"共同編集者
所属学会 (1件):
全国語学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る