研究者
J-GLOBAL ID:200901091539103532   更新日: 2020年11月26日

伊藤 拓海

イトウ タクミ | Ito Takumi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/tito-lab/
研究分野 (1件): 建築構造、材料
研究キーワード (1件): 鋼構造学、耐震工学、設計法、応用力学、ハイブリッド実験
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 骨組構造物の次世代型塑性設計・塑性解析法に関する研究
  • 鉄骨構造物の冗長性設計法に関する研究
  • 鉄骨構造物の終局耐震設計法に関する研究
  • A study on seismic ultimate state performance of steel structures
論文 (140件):
  • 伊藤拓海、中家優太、森健士郎、森研人、岡田忠義、早坂泰範. 単層通気工法によるラスモルタル壁の水平耐荷機構と復元力特性の解析手法. 日本建築学会構造系論文集. 2020. 85. 768. 219-228
  • Ryota Tanida, Atsushi Yamamoto, Noriaki Takahashi, Natsuhiko Sakiyama, Sakuya Kishi, Takayuki Kishimoto, So Hasegawa, Kenjiro Mori, Yoichiro Hashizume, Jing Ma, Takashi Nakajima, Mikio Hasegawa, Takahiro Yamamoto, Takumi Ito, Takayuki Kawahara. Machine Learning Classification Methods Using Data of 3-Axis Acceleration Sensors Equipped with Wireless Communication Means for Locating Wooden House Structural Damage. IEEE 15th of the annual Asia Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS 2019). 2019
  • Eiriko Iwasaki, Keita Saito, Kenjiro Mori, Takumi Ito. IoT Monitoring System of Steel Passive Vibration Controlled Building with Thermoelectric Conversion Technology. Proceedings of CIB World Building Congress 2019. 2019
  • Takumi Ito, Natsuhiko Sakiyama, Takuji Yamamoto, Takashi Nakajima, Yoichiro Hashizume. Development of IoT System for Damage Detection Method of Building Structures and Feasibility Study on Single-story House on Actual Ground. Proceedings of CIB World Building Congress 2019. 2019
  • Natsuhiko Sakiyama, Ayumu Ushigome, Sakuya Kishi, Yoichiro Hashizume, Takashi Nakajima, Takumi Ito. Damage Detection and Evaluation of Wooden Structural Members Using Piezoelectric Sensors and Autoencoder for Structural Health Monitoring. Proceedings of CIB World Building Congress 2019. 2019
もっと見る
MISC (343件):
  • 齊藤飛・伊藤拓海・森健士郎. 鉛直荷重に対する多層骨組の潜在的耐荷機構と冗長性向上に寄与する部材配置の基礎的検討. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2020. 227-228
  • 杉山晴香・今本啓一・伊藤拓海・清原千鶴. 版築ブロックの目地接合部の特性に関する研究. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2020. 1155-1156
  • 伊藤拓海・別府靖仁・今本啓一・清原千鶴・森健士郎. 版築と鉄骨部材による組積式合成構造の開発と力学特性に関する基礎的研究 その1 合成構造の概説と実験概要. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2020. 799-800
  • 別府靖仁・伊藤拓海・森健士郎. 版築と鉄骨部材による組積式合成構造の開発と力学特性に関する基礎的研究 その 2 実験結果と耐力評価法. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2020. 801-802
  • 崎山夏彦・岩﨑恵梨子・伊藤拓海・森健士郎・呉東航・南雲隆司・平田春彦. 熱電変換技術を用いた鋼部材の損傷度評価システムに関する基礎的研究 その2 繰返し塑性振幅下における塑性ひずみ振幅およびサイクル数と熱電変換素子の起電圧の関係. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2020. 1065-1066
もっと見る
書籍 (6件):
  • 理工系の基礎 建築学 -国立西洋美術館から学ぶ-
    丸善出版株式会社 2016 ISBN:9784621300619
  • 応用力学シリーズ第12巻 建築構造設計における冗長性とロバスト性
    日本建築学会 2013
  • 文教施設の耐震性能等に関する調査研究報告書
    社団法人日本建築学会文教施設委員会耐震性能等小委員会 2012
  • 鋼構造性能設計ガイドライン
    日本建築学会 2005
  • 2003年7月26日宮城県北部の地震被害調査報告
    日本建築学会 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (162件):
  • 機械学習を用いた木造模型の損傷位置の特定
    (電子情報通信学会総合大会 2020)
  • Study on Damaged Position Detection in Buildings using Unsupervised Learning
    (The 10th International Symposium on Steel Structures 2019)
  • Development of IoT Monitoring System for Damage Detection of Building Structures and Feasibility Study on a Single-story House
    (The 10th International Symposium on Steel Structures 2019)
  • Data analysis to detect continuous deformations of architecture using machine learning
    (The 10th International Symposium on Steel Structures 2019)
  • A FUNDAMENTAL STUDY ON HEAT GENERATION CHARACTERISTIC OF STEEL MEMBER DURING INELASTIC BEHAVIOR AND THERMOELECTRIC CONVERSION
    (The 10th International Symposium on Steel Structures 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2004 東京大学 建築学専攻
  • - 2004 東京大学 建築学専攻
  • - 1999 東北大学 建築学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 東京理科大学 教授
  • 2013/04 - 2019/03 東京理科大学 准教授
  • 2009/04 - 2013/03 東京理科大学 講師
  • 2007/04 - 2009/03 東京大学 助教
  • 2004/05 - 2007/03 東京大学 助手
全件表示
委員歴 (21件):
  • 2016/08 - 2020/03 国東市産学官連携研究センター 委員
  • 2013/04/01 - 2016/03/31 日本建築学会 構造本委員会 応用力学運営委員会 構造物のレジリエンス評価小委員会 委員
  • 2013/04 - 2016/03 日本建築学会 構造本委員会 応用力学運営委員会 委員
  • 2013/04/01 - 2015/03/31 日本建築学会 災害委員会 委員
  • 2012/10/30 - 2015/03/31 ブレース付きボックスコラム鉄骨建築構造研究委員会 委員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2019/10/03 - 大成学術財団選奨 銅賞
  • 2007/03 - 関東支部若手優秀研究報告賞
  • 2004/08 - 日本建築学会奨励賞(論文賞)
  • 2004/06 - 日本鋼構造協会業績賞(論文賞)
  • 2003/06 - 日本鋼構造協会業績賞(論文賞)
所属学会 (18件):
国東市産学官連携研究センター ,  日本建築学会関東支部 構造専門研究委員会 ,  日本建築学会 第60回理論応用力学講演会 運営委員会 ,  日本建築学会 第59回理論応用力学講演会 運営委員会 ,  日本建築学会 第59回理論応用力学講演会 実行委員会 ,  日本建築学会 次世代の構造系解析インターフェース委員会 ,  日本建築学会 構造本委員会 鋼構造運営委員会 鋼構造変形限界設計小委員会 ,  日本建築学会 構造本委員会 応用力学運営委員会 ,  日本建築学会 材料施工本委員会 鉄骨工事運営委員会 鉄骨製作小委員会 ,  日本建築学会 材料施工本委員会 鉄骨工事運営委員会 鉄骨精度測定小委員会 ,  日本建築学会 図書委員会 文献抄録小委員会 ,  日本建築学会 図書委員会 ,  日本建築学会 災害委員会 ,  日本建築学会 構造本委員会 応用力学運営委員会 構造設計における冗長性と性能最適化小委員会 ,  日本建築学会 構造本委員会 応用力学運営委員会 構造物のレジリエンス評価小委員会 ,  日本建築学会 文教施設本委員会 耐震性能小委員会 S-WG ,  ブレース付きボックスコラム鉄骨建築構造研究委員会 ,  SF鉄骨構造開発研究会準備会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る