研究者
J-GLOBAL ID:200901091539103532   更新日: 2020年04月02日

伊藤 拓海

イトウ タクミ | Ito Takumi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/tito-lab/
研究分野 (1件): 建築構造、材料
研究キーワード (1件): 鋼構造学、耐震工学、設計法、応用力学、ハイブリッド実験
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 骨組構造物の次世代型塑性設計・塑性解析法に関する研究
  • 鉄骨構造物の冗長性設計法に関する研究
  • 鉄骨構造物の終局耐震設計法に関する研究
論文 (127件):
  • Eiriko Iwasaki, Keita Saito, Kenjiro Mori, Takumi Ito. IoT Monitoring System of Steel Passive Vibration Controlled Building with Thermoelectric Conversion Technology. Proceedings of CIB World Building Congress 2019. 2019
  • Takumi Ito, Natsuhiko Sakiyama, Takuji Yamamoto, Takashi Nakajima, Yoichiro Hashizume. Development of IoT System for Damage Detection Method of Building Structures and Feasibility Study on Single-story House on Actual Ground. Proceedings of CIB World Building Congress 2019. 2019
  • Natsuhiko Sakiyama, Ayumu Ushigome, Sakuya Kishi, Yoichiro Hashizume, Takashi Nakajima, Takumi Ito. Damage Detection and Evaluation of Wooden Structural Members Using Piezoelectric Sensors and Autoencoder for Structural Health Monitoring. Proceedings of CIB World Building Congress 2019. 2019
  • Yasuhito Beppu, Ayumu ushigome, Kenjiro Mori, Takumi Ito. 3D monitoring and damage detection method for damaged building structure. Proceedings of CIB World Building Congress 2019. 2019
  • 神戸渡, 伊藤拓海. 木質構造における在来軸組構法住宅の耐震性能の理解支援のための模型製作と教育プログラム. 構造工学論文集. 2019. 65B. 129-134
もっと見る
MISC (323件):
  • Yasuhito Beppu, Ayumu ushigome, Kenjiro Mori, Takumi Ito. Proposal of a Repair Method for Damaged Steel Members to Control Ultimate Limit States and Experimental Study. Proceedings of International Conference on Engineering and Applied Science. 2019
  • Takumi Ito, Yuta Nakaie, Itsuki Yagi, Kenjiro Mori. Embedded Connection Method for Light-weight Steel Square Tube for Low-rise Steel Building Frames and Estimation Method of Strength. Proceedings of International Conference on Engineering and Applied Science. 2019
  • Natsuhiko Sakiyama, Takayuki Kishimoto, Noriaki Takahashi, Yoichiro Hashizume, Takashi Nakajima, Takayuki Kawahara, Kenjiro Mori, Takumi Ito. Damage Evaluation of Wooden Structural Members of Test Bed on Actual Ground Using Piezoelectric Sensors and Supervised Machine Learning. Proceedings of International Conference on Engineering and Applied Science. 2019
  • Eriko Iwasaki, Kenjiro Mori, Takumi Ito, Wu Donghang, Takashi Nagumo, Haruhiko Hirata. A Fundamental Study on Damage Detection Method of Steel Passive Damper Called Scaling -frame Structures by Thermoelectric Conversion. Proceedings of International Conference on Engineering and Applied Science. 2019
  • 森健士郎, 伊藤拓海, 米澤泰斗, 中嶋宇史, 橋爪洋一郎. 鉄骨部材の固有振動を利用した震災鉄骨構造物の損傷検知法の理論的考察. 第65回理論応用力学講演会梗概集. 2019
もっと見る
書籍 (5件):
  • 応用力学シリーズ第12巻 建築構造設計における冗長性とロバスト性
    日本建築学会 2013
  • 文教施設の耐震性能等に関する調査研究報告書
    社団法人日本建築学会文教施設委員会耐震性能等小委員会 2012
  • 鋼構造性能設計ガイドライン
    日本建築学会 2005
  • 2003年7月26日宮城県北部の地震被害調査報告
    日本建築学会 2004
  • 応用力学シリーズ第10巻 建築構造物の創造的数理設計手法の展望
    日本建築学会 2002
講演・口頭発表等 (160件):
  • Study on Damaged Position Detection in Buildings using Unsupervised Learning
    (The 10th International Symposium on Steel Structures 2019)
  • Development of IoT Monitoring System for Damage Detection of Building Structures and Feasibility Study on a Single-story House
    (The 10th International Symposium on Steel Structures 2019)
  • Data analysis to detect continuous deformations of architecture using machine learning
    (The 10th International Symposium on Steel Structures 2019)
  • A FUNDAMENTAL STUDY ON HEAT GENERATION CHARACTERISTIC OF STEEL MEMBER DURING INELASTIC BEHAVIOR AND THERMOELECTRIC CONVERSION
    (The 10th International Symposium on Steel Structures 2019)
  • 3D MONITORING AND DAMAGE DETECTION METHOD FOR DAMAGED STEEL FRAMES AFTER SEISMIC DISASTERS
    (The 10th International Symposium on Steel Structures 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2004 東京大学 工学系研究科 建築学専攻
  • - 1999 東北大学 工学部 建築学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 東京理科大学 教授
  • 2013/04 - 2019/03 東京理科大学 准教授
  • 2009/04 - 2013/03 東京理科大学 講師
  • 2007/04 - 2009/03 東京大学 助教
  • 2004/05 - 2007/03 東京大学 助手
全件表示
委員歴 (20件):
  • 2013/04/01 - 2016/03/31 日本建築学会 構造本委員会 応用力学運営委員会 構造物のレジリエンス評価小委員会 委員
  • 2013/04 - 2016/03 日本建築学会 構造本委員会 応用力学運営委員会 委員
  • 2013/04/01 - 2015/03/31 日本建築学会 災害委員会 委員
  • 2012/10/30 - 2015/03/31 ブレース付きボックスコラム鉄骨建築構造研究委員会 委員
  • 2013/04 - 2015/03 日本建築学会 次世代の構造系解析インターフェース委員会 委員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2019/10/03 - 大成学術財団選奨 銅賞
  • 2007/03 - 関東支部若手優秀研究報告賞
  • 2004/08 - 日本建築学会奨励賞(論文賞)
  • 2004/06 - 日本鋼構造協会業績賞(論文賞)
  • 2003/06 - 日本鋼構造協会業績賞(論文賞)
所属学会 (17件):
日本建築学会関東支部 構造専門研究委員会 ,  日本建築学会 第60回理論応用力学講演会 運営委員会 ,  日本建築学会 第59回理論応用力学講演会 運営委員会 ,  日本建築学会 第59回理論応用力学講演会 実行委員会 ,  日本建築学会 次世代の構造系解析インターフェース委員会 ,  日本建築学会 構造本委員会 鋼構造運営委員会 鋼構造変形限界設計小委員会 ,  日本建築学会 構造本委員会 応用力学運営委員会 ,  日本建築学会 材料施工本委員会 鉄骨工事運営委員会 鉄骨製作小委員会 ,  日本建築学会 材料施工本委員会 鉄骨工事運営委員会 鉄骨精度測定小委員会 ,  日本建築学会 図書委員会 文献抄録小委員会 ,  日本建築学会 図書委員会 ,  日本建築学会 災害委員会 ,  日本建築学会 構造本委員会 応用力学運営委員会 構造設計における冗長性と性能最適化小委員会 ,  日本建築学会 構造本委員会 応用力学運営委員会 構造物のレジリエンス評価小委員会 ,  日本建築学会 文教施設本委員会 耐震性能小委員会 S-WG ,  ブレース付きボックスコラム鉄骨建築構造研究委員会 ,  SF鉄骨構造開発研究会準備会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る