研究者
J-GLOBAL ID:200901091587950190   更新日: 2020年07月30日

出江 紳一

イズミ シンイチ | Izumi Shin'ichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/c74ac5253069b46f10cdc4eeb6e65533.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/c74ac5253069b46f10cdc4eeb6e65533.html
研究分野 (1件): リハビリテーション科学
研究キーワード (1件): リハビリテーション医学
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2020 - 2022 脳卒中患者の上肢麻痺回復過程における超適応機構の解明
  • 2019 - 2022 高齢者における二重課題歩行中の前頭前野脳血流と認知及び運動機能の関係
  • 2018 - 2021 パルス磁気刺激装置による摂食嚥下訓練の効果の筋電図学的評価
  • 2016 - 2020 温度制御式反復温熱刺激による効率的かつ汎用的な神経細胞分化誘導法の開発
  • 2015 - 2020 脳内身体表現の変容機構の理解と制御
全件表示
論文 (198件):
  • 関口 雄介, 小澤 浩司, 出江 紳一. 【中高年脊柱後彎症の病態と保存療法】中高年脊柱後彎症に対する保存療法の運動学的視点から見た歩行への効果. 運動器リハビリテーション. 2019. 30. 4. 370-377
  • Mori T, Izumi S, Suzukamo Y, Okazaki T, Iketani S. Ultrasonography to detect age-related changes in swallowing muscles. Eur Geriatr Med. 2019. 10. 5. 753-760
  • Watanabe K, Hong G, Tominami K, Izumi S, Hayashi Y, Kudo TA. Association between Beta3-Adrenergic Receptor Trp64Arg Polymorphism and Fat Preference in Healthy Young Japanese Women. The Tohoku journal of experimental medicine. 2019. 248. 3. 181-192
  • Yuko Kuramatsu, Yuji Yamamoto, Shin-Ichi Izumi. Flexibility and Optimality in the Sensorimotor Control of Whole-body Movement in Post-stroke Hemiparetic Individuals. Motor Control. 2019
  • Marino Menozzi, Nadia Neumayer, Ying-Yin Huang, Akihisa Watanabe, Hideki Oyama, Goroh Fujimaki, Hiroyuki Kondo, Shin-ichi Izumi, Kageyu Noro. Ergonomic aspects in the design of instrumentation for ophthalmic microsurgery. Zeitschrift für Arbeitswissenschaft. 2019. 73. 1. 23-34
もっと見る
MISC (395件):
  • Mari Nakao, Shinichi Izumi, Yuki Yokoshima, Yoshiko Matsuba, Yutaka Maeno. Prediction of life-space mobility in patients with stroke 2 months after discharge from rehabilitation: a retrospective cohort study. Disability and Rehabilitation. 2020. 42. 14. 2035-2042
  • 出江 紳一. 高頻度反復末梢神経磁気刺激装置の開発と臨床応用. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2020. 57. 5. 431-438
  • 黒澤 大輔, 豊原 涼太, Hammer Niels, Uwe Lingslebe, 本田 啓太, 関口 雄介, 出江 紳一, 村上 栄一, 小澤 浩司, 大橋 俊朗. 有限要素法による直立二足歩行時の仙腸関節の動きと負荷変化の解析. Journal of Spine Research. 2020. 11. 3. 456-456
  • 松橋 千瑛, 鈴木 栄三郎, 出江 紳一. 自己手錯覚下での傷の変化が痛みに与える影響 健常者を対象とした基礎研究. 日本慢性疼痛学会プログラム・抄録集. 2020. 49回. 94-94
  • 岡崎 達馬, 出江 紳一. 【ポリファーマシー対策の実践法】嚥下障害におけるポリファーマシー対策. 老年内科. 2020. 1. 2. 155-159
もっと見る
特許 (27件):
書籍 (38件):
  • 医療コーチングワークブック : 対話的コミュニケーションのプラットフォーム
    中外医学社 2019 ISBN:9784498048706
  • 嚥下医学 Vol.7 No.2 (日本嚥下医学会 学会誌)
    中山書店 2018 ISBN:452174589X
  • リハスタッフのための コーチング活用ガイド 第2版 患者支援から多職種協働までのヒューマンスキル
    医歯薬出版 2018 ISBN:426326570X
  • 嚥下医学 Vol.7 No.1 (日本嚥下医学会 学会誌)
    中山書店 2018 ISBN:4521745881
  • リハスタッフのためのコーチング活用ガイド : 患者支援から多職種協働までのヒューマンスキル
    医歯薬出版 2018 ISBN:9784263265703
もっと見る
講演・口頭発表等 (440件):
  • Non Invasive Brain Stimulation In Neuro,Rehabilitation
    (14th annual ain shams international rheumatology & rehabilitation conference 2020)
  • Clinical application of repetitive peripheral magnetic stimulation in rehabilitation medicine.
    (2020)
  • ボールリリース時の評価法であるRelease push testの筋活動特性
    (日本肩関節学会抄録集 2019)
  • 傷のある手に対するVirtual Hand Illusion の生起と不快感に与える影響
    (第13回Motor Control研究会 2019)
  • 自己手の随意運動が自己手の身体特異性注意に及ぼす影響
    (第13回Motor Control研究会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1983 慶應義塾大学 医学部
学位 (1件):
  • 博士 (慶應義塾大学)
経歴 (2件):
  • 2009/04 - 現在 東北大学大学院医工学研究科リハビリテーション医工学分野 教授
  • 2002/08 - 現在 東北大学大学院医学系研究科肢体不自由学分野 教授
委員歴 (10件):
  • 2015/03 - 現在 社会保障審議会統計分科会 「生活機能分類専門委員会」専門委員
  • 2011/10 - 現在 日本学術会議 連携会員
  • 2008/06 - 現在 日本リハビリテーション医学会 理事
  • 2008/04 - 現在 日本嚥下医学会 理事
  • 2006/06 - 現在 日本リハビリテーション医学会 専門医会幹事
全件表示
受賞 (4件):
  • 2014/06/07 - 日本リハビリテーション医学会 第51回日本リハビリテーション医学会最優秀賞 通所サービスを利用する高齢者の主観的疲労感と栄養状態との関連
  • 2009/10/24 - リハビリテーション科専門医会 第4回リハビリテーション科専門医会優秀演題賞 高次脳機能障害を呈すびまん性軸索損傷患者に対する拡散テンソル画像の有用性検討
  • 2008/05/17 - 日本理学療法学術大会 日本理学療法学術大会大会長賞 contraversive pushingを呈した脳卒中症例の責任病巣と経過
  • 2001/08 - 日本リハビリテーション医学会 日本リハビリテーション医学会論文賞
所属学会 (17件):
機能回復神経学研究会(2006/04- 世話人) ,  日本(2005/04- 評議員) ,  日本臨床神経生理学会(1989/04-) ,  国際複合医工学会 ,  World Federation for Neurorehabilitation ,  日本ニューロリハビリテーション学会 ,  日本嚥下医学会 理事(2008-) ,  日本摂食嚥下リハビリテーション学会 ,  日本末梢神経学会(2001/04- 評議員) ,  Iinternational Society of Physical and Rehabilitation Medicine(2001/04-) ,  日本失語症学会(1997/04-) ,  日本義肢装具学会(1994/04-) ,  日本臨床神経生理学会(2006/04- 学会認定医 筋電図・神経伝導分野) ,  日本神経学会 ,  日本脊髄障害医学会(旧日本パラプレジア医学会) ,  日本整形外科学会 ,  日本リハビリテーション医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る