研究者
J-GLOBAL ID:200901091622635953   更新日: 2022年07月04日

杉元 幹史

スギモト ミキオ | Sugimoto Mikio
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 泌尿器科学
研究キーワード (3件): 希少糖 ,  泌尿器科悪性腫瘍 ,  urological oncology
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2020 - 2023 希少糖D-alloseを用いた新規腎細胞癌治療の構築:抗腫瘍メカニズムの解明
  • 2018 - 2021 去勢抵抗性前立腺癌の骨転移治療における骨転移定量評価を目指す研究
  • 2017 - 2020 早期前立腺癌に対する監視療法の精度を高めるためのmpMRIプロトコールの確立
  • 2016 - 2019 オルファン型核内レセプターNR4A1に対する新規リガンドの膀胱癌治療への応用
  • 2014 - 2017 非細菌性慢性炎症を伴う前立腺肥大症におけるサイトカイン・ケモカインの包括的解析
全件表示
論文 (189件):
  • Yoichiro Tohi, Takuma Kato, Jimpei Miyakawa, Ryuji Matsumoto, Hiroshi Sasaki, Koji Mitsuzuka, Junichi Inokuchi, Masafumi Matsumura, Akira Yokomizo, Hidefumi Kinoshita, et al. Impact of adherence to criteria on oncological outcomes of radical prostatectomy in patients opting for active surveillance: data from the PRIAS-JAPAN study. Japanese journal of clinical oncology. 2022
  • Yoichiro Tohi, Yoshiyuki Kakehi, Mikio Sugimoto. Successful establishment of crowdfunding to develop new diagnostic tools for chronic prostatitis. International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association. 2022. 29. 6. 600-602
  • Rikiya Taoka, Yuki Matsuoka, Mari Yamasaki, Naoya Kani, Tomoko Honda, Satoshi Harada, Yoichiro Tohi, Takuma Kato, Homare Okazoe, Hiroyuki Tsunemori, et al. Photodynamic diagnosis-assisted transurethral resection using oral 5-aminolevulinic acid decreases residual cancer and improves recurrence-free survival in patients with non-muscle-invasive bladder cancer. Photodiagnosis and photodynamic therapy. 2022. 38. 102838-102838
  • Naoki Terada, Rihito Aizawa, Keiji Nihei, Masaki Shiota, Takahiro Kojima, Takahiro Kimura, Takahiro Inoue, Hiroshi Kitamura, Mikio Sugimoto, Hiroyuki Nishiyama, et al. Narrative review of local prostate and metastasis-directed radiotherapy in the treatment of metastatic prostate cancer. Japanese journal of clinical oncology. 2022. 52. 6. 633-641
  • Shintaro Narita, Naoki Terada, Kyoko Nomura, Shinichi Sakamoto, Shingo Hatakeyama, Takuma Kato, Yoshiyuki Matsui, Junichi Inokuchi, Akira Yokomizo, Ken-Ichi Tabata, et al. Cancer-specific and net overall survival in older patients with de novo metastatic prostate cancer initially treated with androgen deprivation therapy. International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association. 2022
もっと見る
MISC (531件):
  • 倉石 佳奈, 紺谷 桂一, 橋本 新一郎, 法村 尚子, 本城 尚美, 大谷 昌裕, 上田 修史, 伊達 学, 杉元 幹史, 横見瀬 裕保. 腎カルチノイド乳房転移の1例. 乳癌の臨床. 2022. 37. 1. 107-114
  • 田岡 利宜也, 松岡 祐貴, 山崎 真理, 松田 伊織, 藤原 健悟, 原田 怜, 伊藤 文子, 土肥 洋一郎, 宮内 康行, 加藤 琢磨, et al. PDD-TURBTの短期治療アウトカム 筋層非浸潤性膀胱癌の完全切除・再発抑制効果. 日本泌尿器科学会総会. 2021. 109回. OP45-04
  • 山崎 真理, 田岡 利宜也, 片倉 和哉, 伊藤 文子, 土肥 洋一郎, 宮内 康行, 松岡 祐貴, 加藤 琢磨, 常森 寛行, 上田 修史, et al. 国際尿細胞診報告様式パリシステムの診断予測能評価. 日本泌尿器科学会総会. 2021. 109回. OP84-07
  • 松岡 祐貴, 田岡 利宜也, 土肥 洋一郎, 張 霞, 杉元 幹史. 膀胱癌細胞においてCl-チャネルブロッカーは蒸留水が誘導する殺細胞効果を増強する. 日本泌尿器科学会総会. 2021. 109回. PP27-05
  • 土肥 洋一郎, 藤原 健悟, 原田 怜, 松田 伊織, 伊藤 文子, 山崎 真理, 宮内 康行, 松岡 祐貴, 加藤 琢磨, 田岡 利宜也, et al. 経会陰的前立腺生検前の監視尿培養は生検後感染症の治療に有用か. 日本泌尿器科学会総会. 2021. 109回. PP32-07
もっと見る
講演・口頭発表等 (36件):
  • 合併症・QOLからみた各種限局がん治療の比較
    (第34回前立腺シンポジウム 2018)
  • ~mHNPCの“標準治療”を考える~
    (Update on Prostate Cancer 2018 2018)
  • Invited lecture Should inclusion criteria for AS be more stringent? -From the interim analysis of PRIAS-JAPAN-
    (34th Korea-Japan Urological Congress 2017)
  • Plenary session Optimal Use of Novel Biomarkers and Detection Strategies for Bladder Cancer Panelist:Practical Application of New Therapies and Diagnosis in Bladder Cancer:Cases and Q&A
    (SIU 2016)
  • Urology in Asia Symposium SessionI:Prostate Cacer:panelist
    (SIU 2016)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1992 香川医科大学
  • - 1992 香川医科大学 生体制御系
  • - 1988 香川医科大学
  • - 1988 香川医科大学 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (香川医科大学)
経歴 (9件):
  • 2018/07 - 現在 香川大学医学部 泌尿器科 教授
  • 2007 - 2018/06 - 香川大学医学部, 准教授
  • 2006 - 2007 香川大学医学部附属病院, 講師
  • 1997 - 2005 総合病院坂出市立病院, 泌尿器科・医長
  • 2005 - 総合病院坂出市立病院, 泌尿器科・医長 診療部長兼務
全件表示
受賞 (1件):
  • 2015/10 - 第35回日本癌治療学会学術集会優秀演題賞
所属学会 (9件):
日本癌学会 ,  臨床腫瘍学会 ,  日本内視鏡外科学会 ,  日本排尿機能学会 ,  米国泌尿器科学会 ,  日本透析医学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本泌尿器科学会 ,  日本Endourology-ESWL学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る