研究者
J-GLOBAL ID:200901091622635953   更新日: 2020年10月06日

杉元 幹史

スギモト ミキオ | Sugimoto Mikio
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 泌尿器科学
研究キーワード (3件): 希少糖 ,  泌尿器科悪性腫瘍 ,  urological oncology
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2018 - 2021 去勢抵抗性前立腺癌の骨転移治療における骨転移定量評価を目指す研究
  • 2017 - 2020 早期前立腺癌に対する監視療法の精度を高めるためのmpMRIプロトコールの確立
  • 2016 - 2019 オルファン型核内レセプターNR4A1に対する新規リガンドの膀胱癌治療への応用
  • 2014 - 2017 非細菌性慢性炎症を伴う前立腺肥大症におけるサイトカイン・ケモカインの包括的解析
  • 2013 - 2016 生理活性脂質LPAの新規受容体GPR87の泌尿器癌における増殖制御機構の解析
全件表示
論文 (63件):
  • Yoichiro Tohi, Takuma Kato, Ryuji Matsumoto, Nobuo Shinohara, Kenichiro Shiga, Akira Yokomizo, Masaki Nakamura, Haruki Kume, Koji Mitsuzuka, Hiroshi Sasaki, et al. The impact of complications after initial prostate biopsy on repeat protocol biopsy acceptance rate. Results from the Prostate Cancer Research International: Active Surveillance JAPAN study. International journal of clinical oncology. 2020
  • Akira Yokomizo, Masashi Wakabayashi, Takefumi Satoh, Katsuyoshi Hashine, Takahiro Inoue, Kiyohide Fujimoto, Shin Egawa, Tomonori Habuchi, Kiyotaka Kawashima, Osamu Ishizuka, et al. Salvage Radiotherapy Versus Hormone Therapy for Prostate-specific Antigen Failure After Radical Prostatectomy: A Randomised, Multicentre, Open-label, Phase 3 Trial (JCOG0401)†. European urology. 2020. 77. 6. 689-698
  • Yasuyuki Miyauchi, Homare Okazoe, Makiko Tamaki, Takako Kakehi, Hirohisa Ichikawa, Yukako Arakawa, Yoshihiro Mori, Fumikazu Koui, Mikio Sugimoto, Yoshiyuki Kakehi. Obstructive sleep apnea syndrome as a potential cause of nocturia in younger adults. Urology. 2020
  • Takahiro Osawa, Takahiro Kojima, Tomohiko Hara, Mikio Sugimoto, Masatoshi Eto, Ario Takeuchi, Keita Minami, Yasutomo Nakai, Kosuke Ueda, Michinobu Ozawa, et al. Oncological outcomes of a multi-center cohort treated with axitinib for metastatic renal cell carcinoma. Cancer science. 2020
  • Takuma Kato, Mikio Sugimoto. Quality of life in active surveillance for early prostate cancer. International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association. 2020. 27. 4. 296-306
もっと見る
MISC (461件):
  • 上田 修史, 田岡 利宜也, 杉元 幹史, 筧 善行. 生体腎移植後の予防抗菌薬投与期間に関する検討. 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集. 2020. 53回. 256-256
  • 田岡 利宜也, 上田 修史, 加藤 琢磨, 常森 寛行, 杉元 幹史, 筧 善行. 生体腎移植レシピエントの内臓脂肪面積の推移とNODATとの関連. 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集. 2020. 53回. 285-285
  • 久米 春喜, 杉元 幹史, 北村 寛. 転移性前立腺癌治療の現在地 いま、治療に求められるもの. 泌尿器外科. 2020. 33. 2. 107-113
  • 土肥 洋一郎, 宮内 康行, 加藤 琢磨, 杉元 幹史. 【前立腺がんの過剰診断・過剰治療の解決策】監視療法の現状と問題点. 泌尿器科. 2020. 11. 1. 28-36
  • 田岡 利宜也, 上田 修史, 杉元 幹史. 生体腎移植ドナーにおける健康関連QOL評価の意義. 日本臨床腎移植学会雑誌. 2019. 7. 2. 137-142
もっと見る
講演・口頭発表等 (36件):
  • 合併症・QOLからみた各種限局がん治療の比較
    (第34回前立腺シンポジウム 2018)
  • ~mHNPCの“標準治療”を考える~
    (Update on Prostate Cancer 2018 2018)
  • Invited lecture Should inclusion criteria for AS be more stringent? -From the interim analysis of PRIAS-JAPAN-
    (34th Korea-Japan Urological Congress 2017)
  • Plenary session Optimal Use of Novel Biomarkers and Detection Strategies for Bladder Cancer Panelist:Practical Application of New Therapies and Diagnosis in Bladder Cancer:Cases and Q&A
    (SIU 2016)
  • Urology in Asia Symposium SessionI:Prostate Cacer:panelist
    (SIU 2016)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1992 香川医科大学
  • - 1992 香川医科大学 生体制御系
  • - 1988 香川医科大学
  • - 1988 香川医科大学 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (香川医科大学)
経歴 (9件):
  • 2018/07 - 現在 香川大学医学部 泌尿器科 教授
  • 2007 - 2018/06 - 香川大学医学部, 准教授
  • 2006 - 2007 香川大学医学部附属病院, 講師
  • 1997 - 2005 総合病院坂出市立病院, 泌尿器科・医長
  • 2005 - 総合病院坂出市立病院, 泌尿器科・医長 診療部長兼務
全件表示
受賞 (1件):
  • 2015/10 - 第35回日本癌治療学会学術集会優秀演題賞
所属学会 (9件):
日本癌学会 ,  臨床腫瘍学会 ,  日本内視鏡外科学会 ,  日本排尿機能学会 ,  米国泌尿器科学会 ,  日本透析医学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本泌尿器科学会 ,  日本Endourology-ESWL学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る