研究者
J-GLOBAL ID:200901091631232012   更新日: 2018年03月30日

BOYD 眞理子

BOYD MARI
所属機関・部署:
職名: 名誉教授
研究分野 (2件): 文学一般 ,  日本文学
研究キーワード (3件): 現代日本演劇 ,  インターカルチュラル パフオーマンス ,  人形演劇
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 1999 - 2000 Performing the Pacific Rim
論文 (29件):
  • BOYD 眞理子. 「インターカルチュラルシアターにおける静けさ」. 「比較演劇レビュー 」. 2012. 11. 1
  • BOYD MARIKO. “Okamura Yōjirō and his Contemporary Nō Play, 'Aminadab'" (translation). Sophia International Review. 2011. 33. 1-22
  • ボイドマリコ. 「破れ傘長庵」劇評. パペトリーインターナショナル. 2010. 27. 30-31
  • BOYD 眞理子. 太田省吾の「地の駅」からワンチョンの 「E-ステーション」まで. TheatreForum. 2009. 36. 66-72
  • BOYD MARIKO. Ota Shogo, Yamazaki Tetsu, and The Water Station. The Encyclopedia of Asian Theatre, GreenWood Publishers. 2006
もっと見る
書籍 (18件):
  • 『革命伝説:宮本研の劇世界』
    2017
  • エンゲキ:ニューミレニアムの日本演劇1・2巻
    日本劇作家協会 2017
  • ケンブリッジ 日本演劇史
    ケンブリッジ大学出版 2016
  • 『コロンビア日本戯曲集』
    コロンビア大学出版 2015
  • 『井上ひさしの演劇』所収 「『道元の冒険』:英訳の試み」
    翰林書房 2012 ISBN:9784877373399
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • からくり人形、今と昔
    (Psi 20 上海 2014)
  • 能の美学ー再発見
    (日本の伝統を演じる (テルアビブ大学】 2014)
  • 21 世紀の人形演劇
    (ワヤン世界人形演劇カーニバル、ジャカルタ 2013)
  • インターカルチュラル・パフオーマンスにおける静けさ
    (FIRT大阪大会 2011)
  • 「江戸あやつり人形劇団結城座の最近の実験的探求」
    (コネチカット大学(アメリカ) 2011)
もっと見る
経歴 (2件):
  • 2016 - 現在 上智大学 名誉教授
  • 2006 - 2016 上智大学 グローバルスタディズ研究科;国際教養学部 教授
所属学会 (6件):
アメリカ・ウニマ ,  日本ウニマ ,  ATHE・AAP ,  パフォーマンス研究学会 ,  日本演劇学会 ,  International Federation for Theater Research
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る