研究者
J-GLOBAL ID:200901091920132328   更新日: 2020年12月10日

杉本 幸彦

Sugimoto Yukihiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/Labs/seika/
研究分野 (3件): 薬理学 ,  薬系衛生、生物化学 ,  医化学
研究キーワード (33件): 脂質メディエーターの生化学 ,  包括脳ネットワーク ,  統合脳・分子脳科学 ,  GABA ,  黄体退縮 ,  アレルギー ,  好中球 ,  EP2受容体 ,  アスピリン ,  大腸癌 ,  視索前野 ,  卵丘細胞 ,  ジーンターゲティング ,  遺伝子欠損マウス ,  排卵 ,  7回膜貫通型受容体 ,  プロスタグランジンE2 ,  EP4受容体 ,  顆粒球コロニー刺激因子 ,  ヒスタミン ,  RNA増幅 ,  大腸炎 ,  動脈管 ,  受精 ,  マスト細胞 ,  プロスタノイド ,  マイクロアレイ ,  シングルセル ,  シクロオキシゲナーゼ ,  受容体サブタイプ ,  発熱 ,  プロスタノイド受容体 ,  プロスタグランジン
競争的資金等の研究課題 (51件):
  • 2015 - 2019 リポクオリティ異常に起因する疾患の同定とその分子機構の解明
  • 2014 - 2016 脳内脈絡叢のマスト細胞がマクロファージM2分化と脊髄修復を規定する
  • 2012 - 2015 プロスタグランジンによる神経ネットワーク調節の意義と分子機構
  • 2010 - 2014 プロスタグランジン受容体シグナルによる生体調節の包括的探索
  • 2011 - 2013 マスト細胞による免疫抑制の分子機構の探索
全件表示
論文 (251件):
  • Tomoaki Inazumi, Kiyotaka Yamada, Naritoshi Shirata, Hiroyasu Sato, Yoshitaka Taketomi, Kazunori Morita, Hirofumi Hohjoh, Soken Tsuchiya, Kentaro Oniki, Takehisa Watanabe, et al. Prostaglandin E2-EP4 Axis Promotes Lipolysis and Fibrosis in Adipose Tissue Leading to Ectopic Fat Deposition and Insulin Resistance. Cell Reports. 2020. 33. 2. 108265-108265
  • Koga, T, Sasaki, F, Saeki, K, Tsuchiya, S, Okuno, T, Ohba, M, Ichiki, T, Iwamoto, S, Uzawa, H, Kitajima, K, et al. Expression of leukotriene B4 receptor 1 defines functionally distinct DCs that control allergic skin inflammation. Cell. Mol. Immunol. 2020. in press
  • Chihiro Kawaguchi, Norihito Shintani, Atsuko Hayata-Takano, Michiyoshi Hatanaka, Ai Kuromi, Reiko Nakamura, Yui Yamano, Yusuke Shintani, Katsuya Nagai, Soken Tsuchiya, et al. Lipocalin-type prostaglandin D synthase regulates light-induced phase advance of the central circadian rhythm in mice. Communications Biology. 2020. 3. 1. 557
  • Xavier Norel, Yukihiko Sugimoto, Gulsev Ozen, Heba Abdelazeem, Yasmine Amgoud, Amel Bouhadoun, Wesam Bassiouni, Marie Goepp, Salma Mani, Hasanga D. Manikpurage, et al. International Union of Basic and Clinical Pharmacology. CIX. Differences and Similarities between Human and Rodent Prostaglandin E2 Receptors (EP1-4) and Prostacyclin Receptor (IP): Specific Roles in Pathophysiologic Conditions. Pharmacological Reviews. 2020. 72. 4. 910-968
  • Tadashi Imafuku, Hiroshi Watanabe, Takao Satoh, Takashi Matsuzaka, Tomoaki Inazumi, Hiromasa Kato, Shoma Tanaka, Yuka Nakamura, Takehiro Nakano, Kai Tokumaru, et al. Advanced Oxidation Protein Products Contribute to Renal Tubulopathy via Perturbation of Renal Fatty Acids. Kidney360. 2020. 1. 8. 781-796
もっと見る
MISC (80件):
もっと見る
特許 (1件):
  • 不妊治療剤、体外受精促進剤及び不妊治療剤のスクリーニング方法
書籍 (9件):
  • サイトカイン・増殖因子キーワード事典(宮園浩平、秋山徹、宮島篤、宮澤恵二編)
    羊土社 2015
  • 疾患モデルの作製と利用:脂質代謝異常と関連疾患・下巻(尾池雄一、佐々木雄彦、村上誠、矢作直也編)
    エル・アイ・シー 2015
  • レーニンジャーの新生化学[上]第6版
    廣川書店 2015
  • 薬学用語辞典
    東京化学同人 2012
  • 生物系薬学 IV. 演習編
    東京化学同人 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (191件):
  • プロスタグランジンE2による子宮内膜症の制御機構.
    (日本薬学会第138年会.(金沢) 2018)
  • プロスタグランジン受容体による生理と病態の調節機構.
    (昭和大学学士会後援セミナー.(東京) 2018)
  • プロスタグランジンは複数受容体を介して着床を制御する.
    (2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017神戸) 2017)
  • 視索前野神経細胞の神経突起伸長におけるプロスタグランジンE2受容体の役割.
    (2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017神戸) 2017)
  • 雌性生殖生理におけるプロスタグランジンの役割.
    (2017年度生命科学系学会合同年次大会(神戸) 2017)
もっと見る
Works (4件):
  • 機能性抗EP4受容体抗体による 重症自己免疫疾患治療薬の創製
    2011 - 2014
  • プロスタグランジンによる神経ネットワーク調節の意義と分子機構
    2012 -
  • 生化学事典
    2011 -
  • サイトカインのすべて
    2010 -
学歴 (2件):
  • - 1990 京都大学
  • - 1988 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(薬学)
経歴 (7件):
  • 2010/01 - 現在 熊本大学 大学院生命科学研究部(薬学系) 教授
  • 2009/04 - 2010/01 熊本大学 大学院医学薬学研究部 教授
  • 2007 - 2009 京都大学 薬学研究科(研究院) 准教授
  • 2001 - 2007 京都大学 薬学研究科(研究院) 助教授
  • 2000/06 - 2001/06 University of Pennsylvania Department of Pharmacology Visiting Faculty
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2020 - 現在 日本生化学会 評議員
  • 2019/04 - 現在 日本薬学会 生物系薬学部会長
  • 2009 - 現在 日本脂質生化学会 幹事
  • 2000 - 現在 日本薬理学会 評議員
受賞 (4件):
  • 2005 - 日本生化学会奨励賞
  • 2004 - 日本薬学会創薬ビジョン部会賞受賞
  • 1999 - 日本薬理学会学術奨励賞
  • 1995 - 日本薬学会近畿支部奨励賞
所属学会 (5件):
日本脂質生化学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本薬学会 ,  日本薬理学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る