研究者
J-GLOBAL ID:200901092392762655   更新日: 2020年09月01日

小川 泰信

Ogawa Yasunobu
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://pc115.seg20.nipr.ac.jp/www/yogawa/http://pc115.seg20.nipr.ac.jp/www/yogawa/
研究分野 (1件): 宇宙惑星科学
研究キーワード (7件): 磁気圏-電離圏結合 ,  プラズマ波動 ,  オーロラ ,  北欧 ,  EISCATレーダー ,  イオン流出 ,  電離圏
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2023 降下粒子から探る超高層大気の寒冷化
  • 2014 - 2016 非干渉散乱レーダーの新技術を用いた超高層大気の立体観測
  • 2016 - 2016 多点大型大気レーダーを中心とした観測-モデル結合システムの構築
  • 2010 - 2011 非干渉散乱波の電子音波線(プラズマライン)を用いた地球物理科学の新展開
  • 2009 - 2011 極域大気流出と電離圏電子輸送との因果関係の解明
全件表示
論文 (174件):
  • Ogawa, Y, A. Kadokura, M. K. Ejiri. Optical calibration system of NIPR for aurora and airglow observations. Polar Science. 2020. POLAR-D-20-00067. in press
  • K. Hosokawa, K. Takami, S. Saito, Y. Ogawa, Y. Otsuka, K. Shiokawa, C.-H. Chen, C.-H. Lin. Observations of equatorial plasma bubbles using a low-cost 630.0-nm all-sky imager in Ishigaki Island, Japan. Earth, Planets and Space. 2020. 72. 56
  • Ogawa, Y., Y. Tanaka, A. Kadokura, K. Hosokawa, Y. Ebihara, T. Motoba, B. Gustavsson, U. Brandstrom, Y. Sato, S. Oyama, et al. Development of low-cost multi-wavelength imager system for studies of aurora and airglow. Polar Science. 2020. 10.1016/j.polar.2019.100501
  • K. Hosokawa, Y. Miyoshi, M. Ozaki, S. I. Oyama, Y. Ogawa, S. Kurita, Y. Kasahara, Y. Kasaba, S. Yagitani, S. Matsuda, et al. Multiple time-scale beats in aurora: precise orchestration via magnetospheric chorus waves. Scientific reports. 2020. 10. 1. 3380
  • Yukitoshi Nishimura, Marc R. Lessard, Yuto Katoh, Yoshizumi Miyoshi, Eric Grono, Noora Partamies, Nithin Sivadas, Keisuke Hosokawa, Mizuki Fukizawa, Marilia Samara, et al. Diffuse and Pulsating Aurora. Space Science Reviews. 2020. 216. 1
もっと見る
MISC (156件):
  • 浅村 和史, 三好 由純, 細川 敬祐, 滑川 拓, 三谷 烈史, 八木 直志, 吹澤 瑞貴, 坂野井 健, 菅生 真, 川島 桜也, et al. PARM 計画: RockSat-XNおよびLAMP観測ロケット計画による脈動オーロラに伴う高エネルギー電子マイクロバースト現象の研究. 観測ロケットシンポジウム2019 講演集 = Proceedings of Sounding Rocket Symposium 2019. 2019
  • 田口 聡, 細川 敬祐, 小川 泰信, 家田 章正. 昼側オーロラオーバルの低緯度側に生じるフローチャネルのESR観測. 2018年度EISCAT研究集会. 2019
  • 菅生真, 川島桜也, 浅村和史, 野村麗子, 小川泰信, 細川敬祐, 三好由純, 三谷烈史, 滑川拓, 滑川拓, et al. 半球視野の中間エネルギー電子検出器の開発とPARM(Pulsating AuRora and Microburst)ミッションにおける飛行試験. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2019. 2019. ROMBUNNO.PEM11-P24 (WEB ONLY)
  • 山本衛, 橋口浩之, 横山竜宏, 宮岡宏, 小川泰信, 塩川和夫, 野澤悟徳, 吉川顕正, 津田敏隆, 津田敏隆. 太陽地球系結合過程の研究基盤形成. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2019. 2019. ROMBUNNO.U05-02 (WEB ONLY)
  • 門倉昭, 山岸久雄, 岡田雅樹, 小川泰信, 田中良昌, 片岡龍峰, 内田ヘルベルト陽仁, 大塚雄一. 無人システムを利用したオーロラ現象の南極広域ネットワーク観測:共役点イベント解析(2). 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2019. 2019. ROMBUNNO.PEM11-23 (WEB ONLY)
もっと見る
書籍 (3件):
  • White paper on collaborative observations between ERG and EISCAT
    2016
  • 低温環境の科学事典
    朝倉書店, ISBN-10: 425416128X 2016
  • 新しい地球学 太陽-地球-生命圏相互作用系の変動学
    名古屋大学出版会 2008
講演・口頭発表等 (126件):
  • Ion temperature and velocity variations in the D- and E-region polar ionosphere during stratospheric sudden warming
    (ISAR-6 on-line presentation, R7-O07 (online meeting) 2020)
  • 太陽風擾乱に対する地球電離圏イオン上昇流の応答研究と今後の展開について
    (地球と火星の比較に基づく電離圏ダイナミクスと大気散逸に関する研究会、東大 2020)
  • 太陽系探査における水進化研究(電磁圏・大気散逸視点)
    (The 21st Symposium on Planetary Sciences (SPS 2020), Tohoku University, Sendai 2020)
  • 超高層大気が教えてくれる現在の地球環境システム ~EISCATレーダーと多点光学観測~
    (情報・システム研究機構シンポジウム2019、筑波大学東京キャンパス 2020)
  • Characteristics of CME- and CIR-driven ion upflows in the polar ionosphere
    (AGU fall meeting, Moscone Center, San Francisco 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1997 - 2002 名古屋大学大学院 素粒子宇宙物理学専攻
  • 1993 - 1997 名古屋大学 物理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学)、2002年3月 (名古屋大学)
経歴 (9件):
  • 2019/10 - 現在 情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 極域環境データサイエンスセンター(兼務)
  • 2019/04 - 現在 情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 データ同化研究支援センター (兼務)
  • 2014/04 - 現在 名古屋大学 宇宙地球環境研究所 客員准教授
  • 2012/11 - 現在 総合研究大学院大学 複合科学研究科 極域科学専攻 准教授
  • 2012/11 - 現在 国立極地研究所 准教授
全件表示
委員歴 (20件):
  • 2016/07 - 現在 所内: 国立極地研究所 国際北極環境研究センター EISCAT国内推進室(室長 2016年7月-)
  • 2015/01 - 現在 国内: URSI分科会 G小委員会(電離圏電波伝搬)委員
  • 2010/07 - 現在 国際: EISCAT科学諮問委員会(SOC)委員(副議長 2011年9月-2013年8月、議長 2013年8月-2015年8月)
  • 2006/10 - 現在 国際: EISCAT data representative of Japan
  • 2006/10 - 現在 所内: 非干渉散乱レーダ委員会委員(幹事:2006年12月-2014年7月、2016年7月-2020年3月)
全件表示
受賞 (2件):
  • 2011/11 - Society of Geomagnetism, and Earth, Planetary, and Space Physics Obayashi Award
  • 2011/11 - 地球電磁気地球惑星圏学会・大林奨励賞
所属学会 (3件):
American Geophysical Union ,  日本地球惑星科学連合 ,  地球電磁気・地球惑星圏学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る