研究者
J-GLOBAL ID:200901092403175129   更新日: 2020年05月07日

黒木 司

クロキ ツカサ | tsukasa kuroki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 高齢者看護学、地域看護学 ,  臨床看護学 ,  消化器内科学
研究キーワード (4件): 看護学 ,  精神看護学 ,  ストレス ,  炎症性腸疾患
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 炎症性腸疾患患者のストレス不適応に対するストレスマネジメント介入
  • 炎症性腸疾患患者におけるストレス対処の基礎的研究とその介入効果について
論文 (12件):
  • 黒木司. Chemopreventive effect of mofezolac on beef tallow diet/azoxymethane-induced colon carcinogenesis in rats. Hepatogastroenterology
  • 黒木司. Brief Questioning by Nursing Staffs before Endoscopic Examination : May Not Always Pick up Clinical Symptoms of Endoscopic Reflux Esophagitis. J Clin Biochem Nutr
  • 黒木司. Conjugated linoleic acid suppresses colon carcinogenesis in azoxymethane-pretreated rats with long-term feeding of diet containing beef tallow. J Gastroentetol
  • 黒木司. Long-term ingestion of reduced glutathione suppressed an accelerating effect of beef tallow diet on colon carcinogenesis in rats. J Gastroentetol
  • 黒木司. Functional disturbance of the stress-adaptation system in patients with scleroderma. Mod Rheumatol
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • Stress Maladjustment in the Pathoaetiology of Ulcerative Colitis
    (Digestive Disease Week)
  • 潰瘍性大腸炎の病態に関連するストレス不適応
    (日本消化管学会)
  • 炎症性腸疾患の病態に関連するストレス不適応についての研究 看護介入への示唆
    (看護科学学会)
  • Stress maladjustment of inflammatory bowel disease patients assessed by psychological and physiological indexes.
    (Asian Pacific Digestive Week APDW2016)
  • 潰瘍性大腸炎の病態に関連するストレス不適応に関する検討
    (日本消化器病学会)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (佐賀大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る