研究者
J-GLOBAL ID:200901092897216469   更新日: 2020年06月09日

藤吉 正哉

フジヨシ マサチカ | Fujiyoshi Masachika
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 医療薬学
研究キーワード (4件): 個別化医療 ,  バイオマーカー ,  TDM ,  臨床薬物動態学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2021 バイオマーカーを用いたラモトリギンの体内動態および皮膚障害発現予測の基盤構築
  • 2016 - 2018 新規抗てんかん薬の妊娠期間を考慮した適切な投与設計のための情報基盤構築
論文 (7件):
  • Sadahira T, Wada K, Ikawa K, Morikawa N, Mitsui M, Araki M, Fujiyoshi M, Ishii A, Watanabe M, Watanabe T, Nasu Y. Clinical pharmacokinetics of oral azithromycin in epididymal tissue. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2019. 25. 10. 832-834
  • San SN, Matsumoto J, Saito Y, Koike M, Sakaue H, Kato Y, Fujiyoshi M, Ariyoshi N, Yamada H. Minor contribution of CYP3A5 to the metabolism of hepatitis C protease inhibitor paritaprevir in vitro. Xenobiotica; the fate of foreign compounds in biological systems. 2019. 49. 8. 935-944
  • Izumi-Nakaseko H, Fujiyoshi M, Hagiwara-Nagasawa M, Goto A, Chiba K, Kambayashi R, Naito AT, Ando K, Kanda Y, Ishii I, Sugiyama A. Dasatinib can Impair Left Ventricular Mechanical Function But May Lack Proarrhythmic Effect: A Proposal of Non-clinical Guidance for Predicting Clinical Cardiovascular Adverse Events of Tyrosine Kinase Inhibitors. Cardiovascular toxicology. 2019
  • J. Matsumoto, H. Nakamura, S. San, H. Sato, M. Takezawa, R. Kishi, Y. Kito, J. Sugano, M. Izuki, N. Yanagisawa, N. Ikeda, Y. Saito, Y. Kato, H. Yamada, M. Fujiyoshi, N. Ariyoshi. A proposed simple screening method to determine relative contributions of CYP3A4 and CYP3A5 to drug metabolism in vitro. Personalized Medicine Universe. 2019. 8. 41-44
  • M. Maekawa, M. Mori, M. Fujiyoshi, H. Suzuki, K. Yanai, A. Noda, M. Tanaka, S. Takasaki, M. Kikuchi, K. Akasaka, S. Kisara, M. Matsuura, K. Hisamichi, M. Sato, J. Goto, M. Shimada, H. Yamaguchi, N. Mano. A Direct Injection LC/ESI-MS/MS Analysis of Urinary Cyclophosphamide as an Anticancer Drug for Monitoring Occupational Exposure. Chromatography. 2018. 39. 1. 41-47
もっと見る
MISC (1件):
  • 藤吉正哉, 中村裕義. 外来治療における薬剤管理指導の取り組み. 薬事新報. 2013. 2798. 855-861
講演・口頭発表等 (40件):
  • Toward clinical implementation of UGT1A4 activity-based approach for the prediction of lamotrigine clearance.
    (APSTJ Global Education Seminar 2019-1st 2019)
  • 機能性食品等によるリアルワールドでの食後血糖抑制効果に関する検証的研究(第1報)
    (医療薬学フォーラム2019・第27回クリニカルファーマシーシンポジウム 2019)
  • アクロレイン化 LDL と脳梗塞及び動脈硬化の関連性についての検討
    (日本薬学会第139年会 2019)
  • 妊娠・授乳期におけるラモトリギンのクリアランスおよび乳汁移行性の変動
    (日本薬学会第139年会 2019)
  • ダサチニブは左室機能を抑制する一方、催不整脈性はない:in vivoとin vitro実験系の併用研究
    (第10回日本安全性薬理研究会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2008 東北大学 薬学研究科 医療薬科学専攻
  • - 2005 東北大学 薬学研究科 医療薬科学専攻
  • - 2003 東北大学 薬学部 総合薬学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (東北大学)
経歴 (5件):
  • 2017/10 - 岡山大学 准教授
  • 2014/11 - 2017/09 千葉大学病院
  • 2014/11 - 2017/09 千葉大学 助教
  • 2011/04 - 2014/10 国際医療福祉大学三田病院
  • 2008/04 - 2011/04 東北大学病院
受賞 (2件):
  • 2019/07 - 日本薬剤学会 APSTJ/Global Education Seminar Presentation Award 2019
  • 2005/03 - 日本薬剤学会 APSTJ/The Nagai Foundation Graduate Student Award
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る