研究者
J-GLOBAL ID:200901092926124994   更新日: 2020年09月11日

松本 貴之

マツモト タカユキ | Matsumoto Takayuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 薬理学 ,  薬理学
研究キーワード (29件): 細胞外核酸 ,  糖尿病 ,  血管内皮細胞 ,  インスリン ,  細小血管障害 ,  血管内皮由来収縮因子 ,  内皮由来因子 ,  酸化ストレス ,  EDHF ,  エンドセリン ,  血管機能障害 ,  内皮機能障害 ,  AGE ,  CML ,  血管平滑筋細胞 ,  薬物治療 ,  糖尿病性血管機能障害 ,  血管内皮由来過分極因子 ,  循環 ,  遺伝子発現 ,  インスリン抵抗性 ,  エンドセリン-1 ,  活性酸素 ,  PPARα ,  アディポサイトカイン ,  内皮細胞 ,  cyclic AMP ,  NAD(P)Hoxidase ,  糖尿病性血管合併症
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2021 糖尿病性血管障害における終末糖化産物と慢性炎症の相互作用に関する研究
  • 2014 - 2016 慢性炎症が引き起こす糖尿病性血管内皮由来因子シグナル破綻と性差の分子基盤
  • 2012 - 2013 糖尿病性血管障害におけるウリジンアデノシンテトラフォスフェートの生理的意義
  • 2009 - 2010 糖尿病性細小血管障害における内皮由来過分極因子シグナルに対するAGEの影響
  • 2007 - 2008 インスリンによる糖尿病性細小血管障害促進メカニズムに関する分子生物学的研究
全件表示
論文 (157件):
もっと見る
MISC (82件):
  • Trevor Hardigan, Kathryn Spitler, Takayuki Matsumoto, Maria Alicia Carrillo-Sepulveda. Activation of Toll-like receptor 3 increases mouse aortic vascular smooth muscle cell contractility through ERK1/2 pathway (vol 467, pg 2375, 2015). PFLUGERS ARCHIV-EUROPEAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY. 2015. 467. 11. 2387-2387
  • Styliani Goulopoulou, Johanna Hannan, Takayuki Matsumoto, Adviye Ergul, R. Clinton Webb. Reduced Relaxation Responses to Heme-dependent and -independent Soluble Guanylyl Cyclase Activation in Mesenteric Arteries of a Rat Model of Type 2 Diabetes. FASEB JOURNAL. 2015. 29
  • Cameron G. McCarthy, Camilla F. Wenceslau, Styliani Goulopoulou, Safia Ogbi, Takayuki Matsumoto, R. Clinton Webb. Chloroquine, an Inhibitor of Endosomal Toll-like Receptors, Improves Blood Pressure and Endothelial Function in Spontaneously Hypertensive Rats. HYPERTENSION. 2014. 64
  • Styliani Goulopoulou, Takayuki Matsumoto, Camilla F. Wenceslau, Cameron G. McCarthy, Kathryn Spitler, R. Clinton Webb. Toll-Like Receptor 9 Activation Potentiates Uterine Artery Responsiveness to Thromboxane A(2) Via Cyclooxygenase-Dependent Mechanisms in Pregnant Rats. REPRODUCTIVE SCIENCES. 2014. 21. 3. 101A-101A
  • Hideaki Tagashira, Takayuki Matsumoto, Kumiko Taguchi, Tsuneo Kobayashi, Kohji Fukunaga. Sigma-1 receptor stimulation improves NO-mediated aortic relaxation in pressure overload-induced vascular injury. JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES. 2014. 124. 86P-86P
もっと見る
講演・口頭発表等 (327件):
  • ラット頸動脈における終末糖化産物長期暴露によるノルアドレナリン収縮減弱機序
    (第49回日本心脈管作動物質学会年会 2020)
  • ラット頸動脈における uridine diphosphate 誘発収縮反応に対する終末糖化産物の影響
    (第29回日本循環薬理学会 第55回高血圧関連疾患モデル学会合同学会 2019)
  • 器官培養法を用いた advanced glycation end products 長期暴露によるラット頸動脈平滑筋収縮機能評価
    (第141回日本薬理学会関東部会 2019)
  • インドキシル硫酸急性暴露のラット摘出上腸間膜動脈に対する内皮依存性弛緩反応への影響
    (第141回日本薬理学会関東部会 2019)
  • 終末糖化産物のラット胸部大動脈および頸動脈の機能へ及ぼす影響
    (第141回日本薬理学会関東部会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (星薬科大学)
受賞 (6件):
  • 2019/11 - 日本循環薬理学会 第29回日本循環薬理学会 第55回高血圧関連疾患モデル学会 Poster Award
  • 2013 - 日本平滑筋学会 第55回日本平滑筋学会総会 優秀演題賞
  • 2012/04 - アメリカ生理学会 インターナショナル アーリー キャリアー フィジオロジスト トラベルアワード
  • 2010/10 - アメリカ心臓協会 ハリーゴールドブラット ニューインベスティゲーター アワード ファイナリスト
  • 2009 - 日本薬学会関東支部 平成21年度日本薬学会関東支部奨励賞 糖尿病性血管合併症における内皮由来過分極因子の重要性と治療戦略へのアプローチ
全件表示
所属学会 (9件):
The American Society for Pharmacology and Experimental Therapeutics ,  The American Physiological Society ,  The American Heart Association ,  日本心脈管作動物質学会 ,  日本糖尿病学会 ,  日本薬学会 ,  日本平滑筋学会 ,  日本循環薬理学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る