研究者
J-GLOBAL ID:200901093002807161   更新日: 2020年06月05日

松石 豊次郎

マツイシ トヨジロウ | Matsuishi Toyojiro
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://www.med.kurume-u.ac.jp/med/ped/
研究分野 (2件): 胎児医学、小児成育学 ,  神経内科学
研究キーワード (1件): 小児科 小児神経学 神経伝達物質
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 高次脳機能障害の分子基盤解明と治療法開発
  • 注意欠陥/多動性障害の日本における疫学調査と支援
  • Rett症候群の病因
  • Rett症候群動物モデル(Mecp-2 null mutation mouse)の生化学および
  • 発達障害モデル動物の遺伝子治療、再生医学
全件表示
MISC (20件):
  • Zhou G, Miura Y, Shoji H, Yamada S, Matsuishi T: Platelet Monoamine Oxidase B and Plasma β-Phenylethylamine in Parkinson's Disease. J Neural Neurosurg Ps 70: 229-231, 2001.". 2002
  • Kusaga A, Yamashita Y, Koeda T, Hiratani M, Kaneko M, Yamada M, and Matsuishi T: Increased urine phenylethylamine after methylphenidate treatment in children with ADHD. Am Neurol. 2002; 52: 371-374.". 2002
  • Koga Y, Ishibashi M, Ueki I, S. Yatsuga, Fukiyama R, Akira Y, and Matsuishi T: Effects of L-arginine on the acute phase of strokes in three patients with MELAS. Neurology 2002; 58: 827-828.". 2002
  • Shimizu T, Matsuishi T, Iwamoto R, Handa K, Yoshioka H, Kato H, Ueda S, Hara H, Tabira T, Mekada E: Elevated levels of anti-CD9 antibodies in the cerebrospinal fluid of patients with subacute sclerosing panencephalitis. J Infect Dis 2002; 185: 346-50.". 2002
  • Yamashita Y, Matsuishi T, Kondo I, Iwanaga R, Nagamitsu S, Kusaga A, Obata K, Fukuda T, Kato H: Mutation Type in the Methyl-CpG Binding Protein 2 (MECP2) in Rett Patients with Preserved Speech. Brain Dev-JPN 23 S157-S160, 2001.". 2001
もっと見る
特許 (3件):
  • METHOD FOR TREATING SPINOCEREBELLAR DEGENERATION
  • REMEDY FOR SPINOCEREBELLAR DEGENERATION
  • 脊髄小脳変性症治療剤
Works (2件):
  • Rett症候群動物モデルの遺伝子治療、再生医学に関する研究
  • Rett症候群の病因、病態に関する研究
学位 (1件):
  • 医学博士 (久留米大学)
所属学会 (14件):
国際Rett症候群学会 ,  アメリカ人類遺伝学会 ,  国際小児神経学会 ,  日本小児循環器学会 ,  乳児けいれん学会 ,  日本先天代謝異常学会 ,  日本神経感染症学会 ,  日本小児保健学会 ,  日本人類遺伝学会 ,  日本新生児学会 ,  日本小児精神・神経学会 ,  日本小児神経学会 ,  日本神経学会 ,  日本小児科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る