研究者
J-GLOBAL ID:200901093074218551   更新日: 2020年06月09日

戸谷 圭子

トヤ ケイコ | Toya Keiko
所属機関・部署:
職名: 専任教授
研究分野 (2件): ウェブ情報学、サービス情報学 ,  経営学
研究キーワード (6件): リーダーシップ ,  顧客ロイヤルティ ,  サービス生産性 ,  製造業サービス化 ,  サービスマネジメント ,  サービスマーケティング
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2017 - 現在 高齢者を対象とした運動および文化プログラムに関するサービスマーケティング研究
  • 2014 - 現在 サービスイノベーションにおける科学的・工学的手法の役割と価値に関する基礎的研究
  • 2018 - 2021 パーソナルデータエコシステムの社会受容性に関する研究
  • 2018 - 2020 人工知能技術適用によるスマート社会の実現/健康、医療・介護分野/IoT・AI支援型健康・介護サービスシステムの開発と社会実装研究
  • 2013 - 2018 経験・信頼に基づく知識活用型サービスバリューチェーンの実証研究
全件表示
論文 (28件):
もっと見る
書籍 (16件):
  • カスタマーセントリックの銀行経営 -価値共創版-
    金融財政事情研究会 2018 ISBN:4322132669
  • 図解30分で「銀行のしくみ」がすっきりわかる本
    秀和システム 2010 ISBN:4798025658
  • マーケティング・経営戦略の数理 第7巻
    朝倉書店 2009 ISBN:4254295677
  • イラスト図解 銀行のしくみ
    日本実業出版社 2008 ISBN:4534044763
  • 窓口・渉外係のための金融マーケティング入門
    近代セールス 2008 ISBN:476501004X
もっと見る
講演・口頭発表等 (80件):
  • AI時代の価値共創と人財育成の展望
    (第11回シンポジウム 2018)
  • OBSTACLES TO SERVITIZATION OF JAPANESE COMPANIES AND THE SERVICE PARADOX
    (Spring Servitization Conference 2018 2018)
  • 製造業のサービス化の特徴を考慮したパフォーマンス評価と阻害要因の分析
    (第6回国内大会 2018)
  • 産業用ロボット/IoT事業のサービス化に向けたアクションリサーチ -やまがたロボット研究会を事例として-
    (第6回国内大会 2018)
  • 日本企業のサービタイゼーションの障害とサービスパラドックス
    (第6回国内大会 2018)
もっと見る
Works (1件):
  • よくわかる銀行 仕事の内容から社会とのかかわりまで (楽しい調べ学習シリーズ)
    戸谷圭子 2018 -
学歴 (3件):
  • 2000 - 2004 筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 博士課程企業科学専攻
  • 1998 - 2000 筑波大学大学院 経営・政策科学研究科 修士課程システム科学
  • 1984 - 1988 京都大学 経済学部 経済学科
学位 (3件):
  • 経営学博士 (筑波大学大学院)
  • 経営学修士 (筑波大学大学院)
  • 経済学学士 (京都大学)
経歴 (9件):
  • 2014/04 - 現在 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 人間情報研究部門 客員研究員
  • 2014/04 - 現在 明治大学専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 2010/04 - 現在 中央大学専門職大学院 ビジネススクール 兼任講師
  • 1999/07 - 現在 株式会社マーケティング・エクセレンス マネージング・ディレクター
  • 2007/04 - 2014/03 同志社大学専門職大学院 ビジネス研究科 准教授
全件表示
委員歴 (17件):
  • 2018/06 - 現在 サービス学会 マガジン委員会副編集長
  • 2016/04/01 - 現在 サービスQ計画研究会 会員
  • 2015/09/01 - 現在 日本学術会議 サービス学の参照基準策定小委員会 委員
  • 2015/03/01 - 現在 ものづくり・サービス・ICT系シナリオ検討委員会 委員
  • 2014/10/01 - 現在 日本学術会議 連携会員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2018/03 - サービス学会 サービス学会第6回国内大会Best Paper Award 産業用ロボット/IoT事業のサービス化に向けたアクションリサーチ -やまがたロボット研究会を事例として-
  • 2009/03 - Journal of Applied Psychology Winner, 2010 Scholarly Achievement Award, Human Resource Division, Academy of Management. Do they see eye to eye? Management and employee perspectives of high-performance work systems and influence processes on service quality
  • 2001/12 - 日本マーケティングサイエンス学会 日本マーケティング・サイエンス学会審査員特別賞 個人の異質性に基づくリテール金融商品選択行動の分析
所属学会 (4件):
日本消費者行動研究学会 ,  日本マーケティング・サイエンス学会 ,  American Marketing Association ,  サービス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る