研究者
J-GLOBAL ID:200901093084185716   更新日: 2020年09月01日

宮崎 敏博

ミヤザキ トシヒロ | Miyazaki Toshihiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 常態系口腔科学
研究キーワード (2件): 口腔組織学 ,  Oral Histology
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2023 軟骨細胞特異的Runx2エンハンサー制御機構の解明と変形性関節症治療薬の開発
  • 2018 - 2021 オステオカルシンノックアウトマウスを用いた骨および糖代謝制御の解明
  • 2017 - 2020 Supt3の骨格形成における機能とRunx2プロモーターとの相互作用の解明
  • 2016 - 2019 歯石によるインフラマソーム活性化機構の解明とその阻害薬を用いた歯周組織破壊の抑制
  • Ultrastructural and cytochemical Investigation on the Development of Salivary Glands
全件表示
論文 (50件):
  • Takeshi Moriishi, Ryosuke Ozasa, Takuya Ishimoto, Takayoshi Nakano, Tomoka Hasegawa, Toshihiro Miyazaki, Wenguang Liu, Ryo Fukuyama, Yuyin Wang, Hisato Komori, et al. Osteocalcin is necessary for the alignment of apatite crystallites, but not glucose metabolism, testosterone synthesis, or muscle mass. PLOS Genet.in press. 2020
  • Qin X, Jiang Q, Miyazaki T, Komori T. Runx2 regulates cranial suture closure by inducing hedgehog, Fgf, Wnt and Pthlh signaling pathway gene expressions in suture mesenchymal cells. Human molecular genetics. 2019. 28. 6. 896-911
  • Tomomi T. Baba, Toshihiro Miyazaki, Yuko Ohara-Nemoto, Takayuki K. Nemoto. Suppressive effects of N-bisphosphonate in osteoblastic cells mitigated by non-N-bisphosphonate but not by sodium-dependent phosphate cotransporter inhibitor. Cell Biochemistry and Function. 2019. 37. 400-407
  • Tetsuya Kawane, Xin Qin, Qing Jiang, Toshihiro Miyazaki, Hisato Komori, Carolina Andrea Yoshida, Viviane Keiko dos Santos Matsuura-Kawata, Chiharu Sakane, Yuki Matsuo, Kazuhiro Nagai, et al. Runx2 is required for the proliferation of osteoblast progenitors and induces proliferation by regulating Fgfr2 and Fgfr3. Scientific Reports. 2018. 8. 1. 13551
  • Miyazaki T, T Baba T, Mori M, Komori T. Collapsin Response Mediator Protein 1, a Novel Marker Protein for Differentiated Odontoblasts. Acta histochemica et cytochemica. 2018. 51. 6. 185-190
もっと見る
MISC (26件):
  • 森石武史, 小笹良輔, 中野貴由, 宮崎敏博, 小守壽文. オステオカルシンはアパタイト結晶のコラーゲン線維に沿った配向に必須であり,長軸方向の骨強度を維持する. 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2018. 36th. 163-163
  • 秦 Xin, 姜 晴, 宮崎 敏博, 森石 武史, 小守 寿人, 小守 壽文. Runx2による頭蓋冠形成制御機構. 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2018. 36回. 151-151
  • 姜 晴, 秦 Xin, 宮崎 敏博, 福山 亮, 小守 寿人, 森石 武史, 伊藤 公成, 小守 壽文. 日本と韓国の骨代謝研究における基礎・臨床の最近のトピックス Runx2は骨芽細胞分化後の骨基質蛋白質遺伝子発現に必要である. 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2018. 36回. 101-101
  • 姜 晴, 秦 きん, 小守 寿人, 松尾 友紀, 宮崎 敏博, 森石 武史, 小守 壽文. Cbfb1とCbfb2アイソフォームは骨格形成過程において重要な役割を果たす(Cbfb1 and Cbfb2 isoforms play important roles in skeletal development). Journal of Oral Biosciences Supplement. 2016. 2016. 334-334
  • 秦 きん, 松尾 友紀, 姜 晴, 森石 武史, 六反田 賢, 宮崎 敏博, 小守 壽文. Cbfbは軟骨細胞分化・増殖および骨芽細胞分化に必要である(Cbfb is required for chondrocyte differentiation and proliferation and osteoblast differentiation). Journal of Oral Biosciences Supplement. 2014. 2014. 124-124
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • オステオカルシンはアパタイト結晶のコラーゲン線維に沿った配向に必須であり,長軸方向の骨強度を維持する
    (2018)
  • Runx2による頭蓋冠形成制御機構
    (2018)
  • Runx2は骨芽細胞分化後の骨基質蛋白質発現に必要である
    (2018)
学歴 (4件):
  • - 1984 熊本大学 生物学
  • - 1984 熊本大学
  • - 1982 熊本大学 生物学
  • - 1982 熊本大学
学位 (2件):
  • 理学修士 (熊本大学)
  • 歯学博士 (長崎大学)
所属学会 (4件):
日本電子顕微鏡学会 ,  歯科基礎医学会 ,  日本組織細胞化学会 ,  日本解剖学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る