研究者
J-GLOBAL ID:200901093129956956   更新日: 2021年08月11日

佐々木 重樹

ササキ シゲキ | Sasaki Shigeki
所属機関・部署:
職名: 上席研究員
研究分野 (2件): 循環型社会システム ,  森林科学
研究キーワード (5件): 労働安全 ,  木材流通 ,  林業 ,  森林資源計測 ,  森林作業システム
論文 (3件):
  • 佐々木重樹, 神崎康一. オブジェクト指向型モデルによる集材作業のシミュレーション. 森林利用学会誌. 1998. 13. 1. 1-8
  • 佐々木重樹, 吉村哲彦, 山本俊明, 沼田邦彦, 神崎康一. パワーショベル改造型簡易タワーヤーダによる作業システム (3) 上げ荷集材と下げ荷集材の比較. 森林利用学会誌. 1997. 12. 3. 193-202
  • 佐々木 重樹, 吉村 哲彦, 沼田 邦彦, 神崎 康一, 周 向陽. パワーショベル改造型簡易タワーヤーダによる作業システム(1) : 急傾斜地における間伐作業への適用. 森林利用学会誌. 1996. 11. 1. 29-36
MISC (85件):
  • 木村公美, 佐々木重樹, 星川健史, 近藤良平. 林業現場の作業効率改善に向けた「日報アプリ」の開発. 森林利用学会誌. 2021. 36. 1
  • 佐々木重樹, 星川健史, 星川健史. ドローンを活用した森林資源計測. あたらしい林業技術. 2021. 670
  • 木村公美, 佐々木重樹, 星川健史. 多様なニーズに対応する県産材供給体制構築に関する技術開発 ICTによる丸太の需給情報の共有化 丸太生産コスト計算プログラム(日報アプリ)の完成. 静岡県農林技術研究所成績概要集(森林・林業編). 2020. 2019
  • 木村公美, 佐々木重樹, 星川健史. 多様なニーズに対応する県産材供給体制構築に関する技術開発 ICTによる丸太の需給情報の共有化 主伐における労働生産性に影響を与える因子の分析. 静岡県農林技術研究所成績概要集(森林・林業編). 2020. 2019
  • 木村公美, 佐々木重樹, 星川健史. 多様なニーズに対応する県産材供給体制構築に関する技術開発 ICTによる丸太の需給情報の共有化 作業日報集計データ活用方法の検討. 静岡県農林技術研究所成績概要集(森林・林業編). 2020. 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • 静岡県における「木材需給情報共有システム」実現に向けた取組
    (日本森林学会大会学術講演集 2020)
  • 作業日報を活用した静岡県における素材生産現場の生産性予測
    (日本森林学会大会学術講演集 2020)
  • 無人航空機による空中写真画像を用いたスギ・ヒノキ林における単木樹種判別
    (日本森林学会大会学術講演集 2019)
  • UAVカラー画像を用いたマツ枯れ判別手法の開発
    (日本森林学会大会学術講演集 2019)
  • ハーベスタによる造材作業の習熟モデルへの適合性に関する一考察
    (日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM) 2010)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1995 - 1997 京都大学 森林科学専攻
  • 1991 - 1995 京都大学 林学科
経歴 (5件):
  • 2018/04 - 現在 静岡県農林技術研究所 森林・林業研究センター 森林資源利用科 上席研究員
  • 2017/04 - 2018/03 静岡県農林技術研究所 森林・林業研究センター 木材林産科 上席研究員
  • 2007/04 - 2008/03 静岡県農林技術研究所 森林・林業研究センター 森林育成スタッフ 副主任
  • 2003/04 - 2007/03 静岡県林業技術センター 森林育成スタッフ 副主任
  • 2000/04 - 2003/03 静岡県林業技術センター 森林育成スタッフ 技師
委員歴 (1件):
  • 2020/04 - 現在 浜松市デジタル・スマートシティ官民連携プラットフォーム 運営委員
受賞 (1件):
  • 2004/05 - 一般社団法人 日本森林技術協会 第50回林業技術コンテスト 日本森林技術協会理事長賞 低コスト林業生産システム原価計算プログラムの開発について
所属学会 (2件):
森林利用学会 ,  日本森林学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る