研究者
J-GLOBAL ID:200901093432360888   更新日: 2021年06月03日

神馬 洋司

ジンバ ヨウジ | JIMBA Yoji
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (7件): 光工学、光量子科学 ,  光工学、光量子科学 ,  半導体、光物性、原子物理 ,  光工学、光量子科学 ,  光工学、光量子科学 ,  光工学、光量子科学 ,  光工学、光量子科学
研究キーワード (5件): メタマテリアル ,  誘電体 ,  プラズモニクス ,  フォトニック結晶 ,  応用光学・量子光学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 熱放射に代わる新原理赤外光源-共鳴量子アンテナ光源-の開発
論文 (20件):
MISC (4件):
  • K. Izumi, H. Miyazaki, Y. Jimba, K. Shibuya, K. Takano, N. Matsumoto, and M. Hangyo. Theoretical analysis of dielectric block array metamaterial by transfer matrix method. Proceedings of METAMATERIALS' 2008. 2008. CD-ROM
  • H. Miyazaki, Y. Jimba, K. Izumi, K. Takano, F. Miyamaru, and M. Hangyo. Resonant terahertz transmission through incommensurate metal hole arrays. Proceedings of METAMATERIALS' 2008. 2008. CD-ROM
  • K. Shibuya, K. Takano, N. Matsumoto, K. Izumi, H. Miyazaki, Y. Jimba, and M. Hangyo. Terahertz metamaterials composed of TiO_2 Cube arrays. Proceedings of METAMATERIALS' 2008. 2008. CD-ROM
  • M. Hangyo, K. Takano, K. Shibuya, F. Miyamaru, K. Izumi, H. Miyazaki, and Y. Jimba. Propagation of terahertz wave in structured metals. Proceedings of GCMEA 2008 MAJIC 1st. 2008. CD-ROM
講演・口頭発表等 (62件):
  • 位相同調アンテナを用いたメタ表面量子井戸赤外検出器
    (応用物理学会春季学術講演会 2020)
  • Morphology Considerations for Optimizing Metasurface Quantum Well Photodetector Performance
    (応用物理学会春季学術講演会 2020)
  • 点接触する楔型2次元導波路の表面プラズモンによる電場増強の形状依存性
    (応用物理学会春季学術講演会 2018)
  • 点接触する楔型2次元導波路の表面プラズモンによる電場増強の理論的解析
    (応用物理学会秋季学術講演会 2017)
  • 多重格子金属開口アレイのテラヘルツ領域での共鳴透過
    (第58回日本大学工学部学術研究報告会(総合教育部会自然科学) 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1992 東北大学 応用物理学専攻
  • - 1989 東北大学 応用物理学科
所属学会 (2件):
応用物理学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る