研究者
J-GLOBAL ID:200901093719296064   更新日: 2020年05月03日

蜂巣 浩生

ハチス ヒロオ | Hachisu Hiroo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 実験動物学 ,  建築環境、建築設備
研究キーワード (2件): 環境制御 ,  実験動物
論文 (69件):
  • 実戸建住宅を対象とした温熱シミュレーションと実測結果との比較 住宅における床チャンバー空調の設計法に関する研究 その5. 日本建築学会環境系論文集. 2019. 第84巻. 第764号. 947-954
  • 井口雅登, 蜂巣浩生, 坂本雄三. 実戸建て住宅における空気分配および温熱環境とエネルギー消費に関する検証住宅における床チャンバー空調の設計法に関する研究 その4. 日本建築学会環境系論文集. 2016. 81. 730. 1137-1145
  • Kosei MIKAMI, Hiroo HACHISU. Field survey of thermal environment in the residences of people with cervical spinal cord injuries. 日本生気象学会雑誌. 2014. 50. 4. 175-187
  • 蜂巣浩生. 「我が国のエネルギー事情と実験動物施設における対策」実験動物施設が目指すべき省エネルギー対策. 実験動物と環境. 2013. 21. 1. 9-13
  • 三上功生, 蜂巣浩生. 高位頸髄損傷者の身体状況に及ぼす他動的運動訓練の影響について-体調管理日誌の記録の分析から-. 日本生気象学会雑誌. 2012. 49. 2. 93-102
もっと見る
書籍 (3件):
  • 新版 実験動物の環境と管理
    アドスリー 2008 ISBN:9784900659889
  • 日本建築学会編 最新版ガイドライン 実験動物施設の建築および設備
    アドスリー 2007 ISBN:9784900659766
  • 日本建築学会編 平成8年版ガイドライン 実験動物施設の建築及び設備
    アドスリー 1996
講演・口頭発表等 (8件):
  • 住宅における床チャンバーを利用した空調に関する研究 -その26 1 階浴室床下の温湿度とカビの実測およびカビ指数の算出-
    (日本建築学会大会 2019)
  • 住宅における床チャンバーを利用した空調に関する研究(その12)日積算暖冷房負荷の簡易予測に関する検討
    (空気調和・衛生工学会大会 2015)
  • 「実験動物施設の総合性能評価方法」確立に向けて~その3 施設構成要素の区域分けに関する検討~
    (日本実験動物環境研究会 2014)
  • 頸髄損傷者の温熱生理反応の傾向-麻酔の程度の違いによる差-
    (日本大学理工学部学術講演会講演論文集 2003)
  • 日本大学理工学部駿河台校舎の省エネルギーとCO2排出量-9号館を主体とした資源エネルギー利用の実態-
    (日本大学理工学部学術講演会講演論文集 2002)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1989 日本大学 大学院 理工学研究科 建築学専攻
  • - 1987 日本大学 理工学部 建築学科
学位 (2件):
  • 工学修士 (日本大学)
  • 博士(工学) (日本大学)
経歴 (4件):
  • 2015/04/01 - 日本大学理工学部 教授
  • 2012/04/01 - 2015/03/31 日本大学理工学部 准教授
  • 2001/04/01 - 2012/03/31 日本大学理工学部 専任講師
  • 1990/04/01 - 2001/03/31 日本大学理工学部 助手
委員歴 (1件):
  • 1991 - 日本実験動物環境研究会 役員
所属学会 (5件):
日本建築学会 ,  日本実験動物学会 ,  日本生気象学会 ,  空気調和・衛生工学会 ,  日本実験動物環境研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る