研究者
J-GLOBAL ID:200901093769270139   更新日: 2020年04月19日

市岡 滋

Ichioka Shigeru
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2009 - 現在 創傷治癒の基礎・臨床研究
  • 2005 - 現在 難治性潰瘍に対する局所陰圧療法メカニズムの検討
  • 2003 - 現在 生体制御システム・環境設計に基づいた創傷治癒・再生医療の研究
  • 2004 - 2012 難治性潰瘍に対する多血小板血漿(PRP)を用いた治癒促進療法の開発
  • 2004 - 2011 ケロイド・肥厚性瘢痕の酸素消費率の研究
全件表示
論文 (155件):
  • Sato T, Arai K, Ichioka S. Hyperbaric oxygen therapy for digital ulcers due to Raynaud's disease. Case Reports Plast Surg Hand Surg. 2018. 25. 5. 72-75
  • Free flap reconstruction for diabetic foot limb salvage. J Plast Surg Hand Surg. 2017. 13. 1-6
  • Tanno J, Gatate Y, Kasai T, Nakano S, Senbonmatsu T, Sato O, Ichioka S, Kuro-O M, Nishimura S. A Novel Index Using Ankle Hemodynamic Parameters to Assess the Severity of Peripheral Arterial Disease: A Pilot Study. PLoS One. 2016. 19. 11(10). e0164756
  • 市岡 滋. 栄養管理 実践講座 知っておきたい褥瘡治療. 総合リハビリテーション. 2016. 44. 5. 413-418
  • 市岡 滋. 糖尿病性足病変の治療:形成外科医の観点から 特集 糖尿病フットケアの実際と可能性 - チーム医療と集学的治療 -. プラクティス. 2016. 33. 3. 289-296
もっと見る
特許 (1件):
  • 海綿状繊維立体構造体とその製造方法
書籍 (33件):
  • 局所陰圧閉鎖療法「形成外科治療手技全書I 形成外科の基本手技1」
    克誠堂出版 2016
  • 消毒は必要か?創洗浄は生理食塩水か水道水か?入浴させてもよいか?「まるわかり創傷治療のキホン」
    南山堂 2014
  • 難治性潰瘍の局所治療「最新版ナースのための糖尿病フットケア技術」
    メジカルレビュー社 2014
  • 「ポジショニング学 体位管理の基礎と実践」
    中山書店 2013
  • 「局所陰圧閉鎖療法 V.A.C. ATS治療システム実践マニュアル」
    克誠堂 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • 難治性皮膚潰瘍形成外科の立場から
    (第82回日本皮膚科学会東京支部学術大会 2018)
  • 局所陰圧閉鎖療法とは
    (第48回 日本創傷治癒学会 2018)
  • 創傷治癒学からのメッセージ 難治性創傷治療の最新情報
    (第73回日本大腸肛門病学会学術集会 2018)
  • 褥瘡学会の20年
    (第20回日本褥瘡学会学術集会 2018)
  • 知っておいたほうが面白い エビデンスや承認についての雑学
    (第15回 日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1993 - 1997 東京大学
委員歴 (1件):
  • 2004/04 - 2007/03 臨床工学技師国家試験出題委員 出題委員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る