研究者
J-GLOBAL ID:200901093803480644   更新日: 2020年08月12日

竹山 智英

タケヤマ トモヒデ | Takeyama Tomohide
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 地盤工学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2023 東京東部低地における液状化等による防潮施設の被害予測
  • 2018 - 2021 高剛性基礎式桟橋の耐震設計法の開発に関する研究
  • 2017 - 2019 粒子法を用いた土砂災害の発生とその挙動予測および砂防施設の新しい構造形式の提案
  • 2016 - 2018 深海底デコルマ帯の固着域形成と破壊すべりの弾塑性理論
  • 2012 - 2016 塩害・地盤変状発生機構シミュレーションと抑止修復技術の総合化
論文 (36件):
  • 竹山智英, 橘 伸也, 北野井智希, 飯塚敦. Application of partitioned iterative coupling approach to multi-physics. Journal of Engineering and Construction. 2019. 8. 1. 13-18
  • Chen, J, Takeyama, T, O-tani, H, Fujita, K, Hori, M. Using high performance computing for liquefaction hazard assessment with statistical soil models, International Journal of Computational Methods. International Journal of Computational Methods. 2019. 16. 5
  • Takeyama,T, Honda,K, Iizuka,A. The Risk of Liquefaction Associated withWater Head Fluctuation in the Low-lying Area of Tokyo. Journal of Civil Engineering and Construction. 2019. 8. 2. 41-47
  • Iizuka,A, Tachibana,S, Takeyama,T, Sugiyama,Y, Nomura,S, Ohta,H. Extension of unsaturated soil mechanics and its applications. Geotechnical Research. 2019
  • Nagaura, T, Sugiyama, Y, Takeyama, Y, Iizuka, A. Numerical analysis of vacuum consolidation considering dissolved gasses. Proceedings of the 7th International Conference on Unsaturated Soils. 2018
もっと見る
MISC (23件):
  • ピパットポンサー ティラポン, 竹山 智英, 飯塚 敦, 太田 秀樹. アーチ作用による盛土中央の圧力減少が基礎の沈下によって引き起こされる液状化に及ぼす影響. 理論応用力学講演会 講演論文集. 2013. 62. 0. 114-114
  • 飯塚 敦, 杉山 友理, 野村 瞬, 河井 克之, 橘 伸也, 金澤 伸一, 竹山 智英. 東日本大震災の津波による地盤塩害及び土壌汚染調査・分析. 理論応用力学講演会 講演論文集. 2013. 62. 0. 110-110
  • 杉山友理, 野村瞬, 飯塚敦, 河井克之, 橘伸也, 金澤伸一, 竹山智英. 東日本大震災における津波由来土壌汚染調査. 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM). 2012. 67th. ROMBUNNO.VII-066
  • M. Tanaka, K. Kawai, S. Kanazawa, A. Iizuka, S. Tachibana, S. Ohno, T. Takeyama. Banking simulation with a constitutive model for unsaturated soil. Unsaturated Soils - Proceedings of the 5th International Conference on Unsaturated Soils. 2011. 2. 1337-1342
  • ピパットポンサー ティラポン, 竹山 智英. 緩い平面状の砂谷における固定主応力軸を仮定した応力解析解:積み上げ形状による主応力軸を完全記憶した平面状砂谷の応力解析解. 理論応用力学講演会 講演論文集. 2011. 60. 0. 221-221
もっと見る
講演・口頭発表等 (52件):
  • 東京海抜ゼロメートル地帯における液状化解析
    (第54回地盤工学研究発表会 2019)
  • 土水連成問題における分離型解法における反復試行の収束時のパラメータの推定
    (第54回地盤工学研究発表会 2019)
  • 粒子法による土水連成解析の定式化と多次元解析による検証
    (土木学会 2019)
  • 分離型解法を用いた土/水連成問題の検討
    (第53回地盤工学研究発表会 2018)
  • 東京海抜ゼロメートル地帯における地下水位変動に伴う液状化リスク
    (第53回地盤工学研究発表会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2007 東京工業大学 理工学研究科 国際開発工学専攻
学位 (2件):
  • 修士(工学) (東京工業大学)
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (1件):
  • 東京工業大学 大学院理工学研究科 土木工学専攻 大学院理工学研究科 土木工学専攻 助教
受賞 (1件):
  • 2020/06 - ICE Publishing Awards 2020, Telford Premium
所属学会 (1件):
地盤工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る