研究者
J-GLOBAL ID:200901093816490371   更新日: 2024年05月10日

鳥羽 裕恵

トバ ヒロエ | Toba Hiroe
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 病態医化学 ,  生理学 ,  薬理学
研究キーワード (14件): 心筋梗塞 ,  心老化 ,  腎障害 ,  薬物治療学 ,  細胞外マトリックス ,  老化 ,  生理学 ,  循環薬理学 ,  生活習慣病 ,  動脈硬化 ,  血管障害 ,  Common disease ,  Endothelial function ,  CKD
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2022 - 2027 SPARC関連細胞外マトリックスとマトリックス分解酵素からの動脈硬化治療ターゲットの探索
  • 2021 - 2024 貧血治療薬エリスロポエチンの動脈硬化抑制薬としてのドラッグ・リポジショニング研究
  • 2021 - 2022 動脈硬化治療薬開発を目指した細胞外マトリックス研究
  • 2018 - 2021 慢性腎臓病増悪因子としての細 胞外マトリックスの役割
  • 2016 - 2017 慢性腎臓病治療ターゲット探索のための細胞外マトリックスの役割の検討
全件表示
論文 (47件):
  • Miyuki Kobara, Tatsuya Shiraishi, Kazuki Noda, Hiroe Toba, Tetsuo Nakata. Eicosapentaenoic Acid Preserves Mitochondrial Quality and Attenuates Cardiac Remodeling After Myocardial Infarction in Rats. Journal of cardiovascular translational research. 2023
  • 鳥羽 裕恵. 薬理系薬学 動脈硬化病変は新規に構築された神経回路によって外膜側から支配されている. ファルマシア. 2023. 59. 2. 153-153
  • Miyuki Kobara, Toshihiro Amano, Hiroe Toba, Tetsuo Nakata. Nicorandil Suppresses Ischemia-Induced Norepinephrine Release and Ventricular Arrhythmias in Hypertrophic Hearts. Cardiovascular drugs and therapy. 2023. 37. 1. 53-62
  • Miyuki Kobara, Hiroe Toba, Tetsuo Nakata. Roles of autophagy in angiotensin II-induced cardiomyocyte apoptosis. Clinical and experimental pharmacology & physiology. 2022. 49. 12. 1342-1351
  • Yusuke Watanabe, Naseratun Nessa, Hiroe Toba, Miyuki Kobara, Tetsuo Nakata. Angelica acutiloba Exerts Antihypertensive Effect and Improves Insulin Resistance in Spontaneously Hypertensive Rats Fed with a High-Fat Diet. Pharmacology. 2022. 1-9
もっと見る
MISC (124件):
  • Miyuki Kobara, Hiroe Toba, Tetsuo Nakata. Caloric restriction, reactive oxygen species, and longevity. Aging. 2020. 11-18
  • Miyuki Kobara, Nessa Naseratun, Yuusuke Watanabe, Hiroe Toba, Tetsuo Nakata. Comparison of the effects of bisoprorol and atenorol on post-infarct cardiac remodeling. Proceedings for Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society. 2020. 93. 3-O
  • H Toba, A Yamaoka, S Sakurai, Y Tanaka, A Miyamoto, N Nessa, Y Watanabe, M Kobara, T Nakata. P713Short term treatment of a low dose erythropoietin improves vascular function in a rat model of insulin resistance. European Heart Journal. 2019. 40. Supplement_1
  • M Kobara, N Naseratun, Y Watanabe, H Toba, T Nakata. P6275Role of autophagy in imatinib-induced cardiotoxicity. European Heart Journal. 2019. 40. Supplement_1
  • M Kobara, N Naseratun, Y Watanabe, H Toba, T Nakata. P1603Nicorandil suppresses ischemia-induced cardiac interstitial norepinephrine enhancement and ventricular arrhythmia in hypertrophic hearts. European Heart Journal. 2019. 40. Supplement_1
もっと見る
書籍 (2件):
  • Inflammation in Heart Failure
    Academic Press 2015
  • Somatic stem cells and cardiac regeneration. Pathophysiological and Biochemical Analyses of “Life-Style Related or Intractable Diseases”
    Target Validation for Drug Therapy 2006
講演・口頭発表等 (197件):
  • 高血圧性臓器障害増悪因子としての細胞外マトリックスとプロテアーゼの役割
    (第28回日本病態プロテアーゼ学会学術集会 2023)
  • 理系のすすめ
    (高校生対象模擬講義 2023)
  • 高血圧性血管障害における細胞外マトリックスSPARCの役割の検討
    (日本薬学会 第143回年会)
  • インスリン抵抗性モデルラットの耐糖能異常と臓器障害に対するエリスロポエチンの効果の検討
    (日本薬学会 第143回年会)
  • Low Dose of Erythropoietin Attenuates Insulin Resistance, Renal fibrosis, and Vascular Inflammation in Sucrose-treated Rats
    (第87回日本循環器学会学術集会)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (京都薬科大学)
経歴 (5件):
  • 2007/04 - 現在 京都薬科大学 臨床薬理学分野 助教
  • 2013/08 - 2015/07 ミシシッピ大学メディカルセンター 生理学・生物物理学分野 客員助教
  • 2007/04 - 2013/03 明治国際医療大学 鍼灸学部・保健医療学部 非常勤講師
  • 2002/04 - 2007/03 京都薬科大学 臨床薬理学教室 助手
  • 2000/04 - 2002/03 京都府立医科大学 病態病理学教室 客員研究者
委員歴 (2件):
  • 2023/09 - 現在 日本高血圧学会 学術評議員
  • 2016 - 現在 日本薬理学会 学術評議員
受賞 (2件):
  • 2018/09 - 第42回日本高血圧学会総会 女性研究者奨励賞
  • 2006/10 - 第21回国際高血圧学会総会 JSH Award (Young Investigators Awards and Travel Grants)
所属学会 (9件):
日本薬学会 ,  日本薬理学会 ,  日本循環薬理学会 ,  日本循環器学会 ,  日本高血圧学会 ,  日本心脈管作動物質学会 ,  American Heart Association ,  The American Physiological Society ,  日本臨床薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る