研究者
J-GLOBAL ID:200901093816490371   更新日: 2020年12月24日

鳥羽 裕恵

トバ ヒロエ | Toba Hiroe
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 病態医化学 ,  生理学 ,  薬理学
研究キーワード (14件): 生活習慣病 ,  動脈硬化 ,  血管障害 ,  循環薬理学 ,  生理学 ,  老化 ,  細胞外マトリックス ,  薬物治療学 ,  腎障害 ,  心老化 ,  心筋梗塞 ,  CKD ,  Common disease ,  Endothelial function
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2021 慢性腎臓病増悪因子としての細 胞外マトリックスの役割
  • 2016 - 2017 慢性腎臓病治療ターゲット探索のための細胞外マトリックスの役割の検討
  • 2013 - 2015 高尿酸血症合併慢性腎臓病治療におけるシルニジピンの有用性の検討
  • 2011 - 2012 アンジオテンシンII受容体拮抗薬テルミサルタンのPPARγ活性化作用を介した慢性腎臓病治療薬としての有用性の検討
  • 2011 - 2012 心腎・脳腎連関を考慮した慢性腎臓病治療におけるエリスロポイエチンの有用性の検討
全件表示
論文 (37件):
もっと見る
MISC (106件):
  • 鳥羽 裕恵, 渡部 裕介, Nessa Naseratun, 小原 幸, 中田 徹男. DOCA食塩負荷高血圧モデルラットの腎障害の機序にSPARCとADAMTS1増大が関与している. 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集. 2018. 41回. PB05-02
  • 小原 幸, 渡部 裕介, Naseratun Nessa, 鳥羽 裕恵, 中田 徹男. 高血圧性肥大心モデルラットの心筋梗塞後リモデリングに対するCa拮抗薬の影響. 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集. 2017. 40回. 370-370
  • 鳥羽 裕恵, 渡部 裕介, Naseratun Nessa, 小原 幸, 中田 徹男. ADAMTS1はDOCA食塩負荷高血圧ラットの腎臓で線維化を促進させる. 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集. 2017. 40回. 430-430
  • 三野 由香利, 大東 誠, 鳥羽 裕恵, 小原 幸, 中田 徹男. 高尿酸血症が血管内皮機能に与える影響について. 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集. 2015. 38回. 458-458
  • Hiroe Toba, Lisandra E. de Castro Bras, Catalin F. Baicu, Michael R. Zile, Merry L. Lindsey, Amy D. Bradshaw. SPARC Deletion Suppresses Age-related Cardiac Inflammation. CIRCULATION. 2014. 130
もっと見る
書籍 (2件):
  • Inflammation in Heart Failure
    Academic Press 2015
  • Somatic stem cells and cardiac regeneration. Pathophysiological and Biochemical Analyses of “Life-Style Related or Intractable Diseases”
    Target Validation for Drug Therapy 2006
講演・口頭発表等 (184件):
  • Nicorandil suppresses ischemia-induced cardiac interstitial norepinephrine enhancement and ventricular arrhythmia in hypertrophic hearts
    (ESC Congress Paris 2019 2019)
  • Short term treatment of a low dose erythropoietin improves vascular function in a rat model of insulin resistance
    (ESC Congress Paris 2019 2019)
  • 腎レニン・アンジオテンシン系活性化により誘導されるSPARCは腎障害を引き起こす
    (第92回日本薬理学会年会 2019)
  • Blockade of L/N-type calcium channels suppresses cardiac norepinephrine level and remodeling after myocardial infarction in spontaneously hypertensive rats
    (第28回日本循環薬理学会 2018)
  • DOCA食塩負荷高血圧モデルラットの腎臓におけるSPARCの発現と役割に関する検討
    (第28回日本循環薬理学会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (京都薬科大学)
委員歴 (1件):
  • 2016 - 現在 日本薬理学会 学術評議員
受賞 (2件):
  • 2018/09 - 第42回日本高血圧学会総会 女性研究者奨励賞
  • 2006/10 - 第21回国際高血圧学会総会 JSH Award (Young Investigators Awards and Travel Grants)
所属学会 (8件):
日本薬理学会 ,  日本循環薬理学会 ,  日本循環器学会 ,  日本高血圧学会 ,  日本心脈管作動物質学会 ,  American Heart Association ,  The American Physiological Society ,  日本臨床薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る