研究者
J-GLOBAL ID:200901094055376380   更新日: 2021年02月23日

石田 尚利

イシダ マサノリ | Masanori Ishida
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 法医学 ,  放射線科学
研究キーワード (6件): MRI ,  CT ,  死後画像 ,  オートプシーイメージング ,  死亡時画像診断 ,  画像診断
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2024 死亡時画像診断の学問的基礎の確立と死因診断への応用
  • 2019 - 2022 診療関連死における死後CTの適正な解釈・撮像法の確立
論文 (31件):
もっと見る
MISC (43件):
書籍 (7件):
  • 死後画像読影ガイドライン 2020年版
    金原出版 2020 ISBN:430707114X
  • Autopsy imaging (オートプシー・イメージング) 症例集 第2巻
    ベクトル・コア 2018
  • 2015 GUIDE LINEA PER L’INTERPRETAZIONE DI IMMAGINI ACQUISITE POSTMORTEM (autopsia virtuale) Ver. 2015 (死後画像読影ガイドライン2015年版 イタリア語版)
    KANEHARA& CO. LTD 2017
  • POSTMORTEM IMAGING INTERPRETATION GUIDELINE 2015 IN JAPAN (死後画像診断ガイドライン2015年版 英語版)
    KANEHARA& CO. LTD 2017
  • 死後画像読影ガイドライン 2015年版
    金原出版 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (35件):
  • 死亡時画像診断(Ai)における画像診断1(総論)
    (日本医師会, 日本診療放射線技師会, Ai学会 令和2年度 死亡時画像診断(Ai)研修会)
  • 肝臓における早期死後変化の検討:整然と死後の肝臓体積及びCT値の比較
    (第56回日本医学放射線学会秋季臨床大会 2020)
  • 生前と死後の腹水CT値の比較:同一症例における縦断研究
    (第18回オートプシー・イメージング学会学術総会 2020)
  • Postmortem lung CT of bacterial pneumonia and pulmonary edema in patients with natural in-hospital death
    (European Congress of Radiology 2020 2020)
  • Longitudinal comparison of attenuation in ascites between antemortem and postmortem computed tomography
    (The 9th Annual Congress of the International Society of Forensic Radiology and Imaging (ISFRI) (Web session due to COVID-19) 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2008 - 2012 東京大学 生体物理医学専攻
  • 2000 - 2006 東京医科大学 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2020/10 - 現在 東京医科大学 放射線科 兼任助教
  • 2018/04 - 現在 東京大学医学部附属病院 放射線科 助教
  • 2016/04 - 2018/03 東京都教職員互助会 三楽病院 放射線科 科長
  • 2012/04 - 2016/03 東京都教職員互助会 三楽病院 放射線科 医長
  • 2010/04 - 2012/03 東京大学医学部附属病院 放射線科 臨床登録医
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2018/04 - 現在 日本法医学会・日本医学放射線学会 死後画像読影ガイドライン2020年版作成委員
  • 2014/01 - 2015/04 厚生労働科学研究補助金地域医療基盤開発推進研究事業「医療機関外死亡におけ る死後画像診断の実施に関する研究」(兵頭班) 死後画像読影ガイドライン策定委員会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る