研究者
J-GLOBAL ID:200901094162601043   更新日: 2020年09月01日

芳賀 直実

ハガ ナオミ | Haga Naomi
所属機関・部署:
職名: 特任研究員
ホームページURL (1件): http://www.jfcr.or.jp/laboratory/ccc/genome/index.html
研究分野 (4件): 薬理学 ,  薬系衛生、生物化学 ,  細胞生物学 ,  分子生物学
研究キーワード (8件): ミトコンドリア ,  ストレス ,  化学療法 ,  癌 ,  mitochondria ,  stress ,  chemotherapy ,  cancer
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • がん微小環境選択的な分子標的治療法の研究
  • Basic research for microenvironment-oriented, molecular-targeted therapy
論文 (1件):
  • Masaru Koido, Naomi Haga, Aki Furuno, Satomi Tsukahara, Junko Sakurai, Yuri Tani, Shigeo Sato, Akihiro Tomida. Mitochondrial deficiency impairs hypoxic induction of HIF-1 transcriptional activity and retards tumor growth. Oncotarget. 2017. 8. 7. 11841-11854
MISC (16件):
特許 (5件):
  • がん細胞におけるPpIX蓄積増強剤
  • 免疫寛容の誘導促進剤
  • フラタキシン増強剤
  • 免疫寛容誘導剤
  • 移植臓器生着促進剤
書籍 (6件):
  • 「最近の話題-新しい分子標的薬剤」 臨床と研究 85(3), 405-410
    大道学館出版部 2008
  • 「デスレセプターを標的とした抗がん剤開発」 がん分子標的治療 6(4), 214-220
    メディカルレビュー社 2008
  • 「亜ヒ酸を用いた癌治療」 癌治療の新たな試み 新編III 592-605
    医薬ジャーナル社 2005
  • 【学位論文】「抗癌剤誘導アポトーシスにおけるミトコンドリア凝集の意義」 博士論文 乙第16390号
    (東京大学) 2005
  • 「亜ヒ酸と癌治療」 Cancer Frontier 5, 48-51
    医薬ジャーナル社 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • 嫌気的環境下においてミトコンドリアを介して活性化するHIF-1の新たな転写活性制御機構
    (第73回日本癌学会学術総会 2014)
  • がん微小環境ストレスに適応したミトコンドリアDNA欠損がん細胞株の樹立とその発現解析
    (第71回日本癌学会学術総会 2012)
  • がん微小環境標的治療法の開発を目指したがん細胞のグルコース飢餓への新たな適応機構の解析
    (第71回日本癌学会学術総会 2012)
  • がん微小環境ストレスに適応したミトコンドリアDNA欠損がん細胞株の樹立とその性状解析
    (第16回 日本がん分子標的治療学会学術集会 2012)
  • 担がんマウスにおける5-アミノレブリン酸(ALA)とクエン酸第一鉄 とクエン酸第一鉄Na(SFC)の作用
    (第2回ポルフィリン- ALA 学会年会 2012)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1994 東北大学 薬学科
  • - 1994 東北大学
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (東京大学)
経歴 (10件):
  • 2006/05 - 財団法人 癌研究会 癌化学療法センター 研究員 (鶴尾 隆 所長、冨田 章弘 部長)
  • 2006 - Staff Scientist, Cencer Chemotherapy Center,
  • 2005/01 - 東京大学 分子細胞生物学研究所 助手 (鶴尾 隆 教授)
  • 2005 - Research Associate, Institute of Molecular and Cellular Biosciences,
  • 2004/04 - 東京大学 分子細胞生物学研究所 技術専門職員 (鶴尾 隆 教授)
全件表示
委員歴 (2件):
  • - 2012/02 2010.3 東京ACTi国際特許事務所 非常勤顧問 (テクニカルアドバイザー) (-2012.2)
  • - 2011/06 2007.8 特定非営利活動法人 日本がん臨床試験推進機構 遺伝子研究検討委員会委員 (-2011.6)
所属学会 (6件):
日本がん分子標的治療学会 ,  日本生化学会 ,  日本癌学会 ,  The Japanese Association for Molecular Target Therapy of Cancer ,  The Japanese Biochemical Society ,  Japanese Cancer Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る