研究者
J-GLOBAL ID:200901094197519587   更新日: 2020年09月24日

遠藤コラー スサンネ

エンドウ・ コラー スサンネ | ENDO-Koller Susanne
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/ac1f9732dd89ac66fb07e88b33614adc.html
研究分野 (2件): 日本史 ,  外国語教育
研究キーワード (3件): ドイツ語教育 ,  日本近世史 ,  北方史
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2005 - 2007 近世後期における日本北辺と北太平洋地域の歴史的研究ー1789-1821を中心に-
論文 (16件):
  • 遠藤コラー スサンネ. 初級ドイツ語学習者向けの語彙学習の実践. 東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要. 2020. 6. 143-151
  • Endo Susanne. Der Kurilenarchipel im Blickpunkt: Frühe Begegnungen zwischen Japan, Russland und den Kurilen-Ainu. Von den Anfängen bis 1781. Dissertation, Philosophische Fakultät, Universität Zürich. 2019
  • 遠藤 コラー スサンネ. 18世紀後半の北太平洋地域におけるロシア政府の探検隊派遣. 東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要. 2019. 5. 41-55
  • カン・ミンギョン, 遠藤コラー・スサンネ, シャハト・ベルント. 「大学ドイツ語教授法強化講座:学習者中心のドイツ語教育のために」. 『東北大学言語・文化教育センター年報』. 2018. 第3号. 9-14
  • カン・ミンギョン, 遠藤コラー・スサンネ. 「アクティブラーニングを取り入れたドイツ語授業の試み」. 『東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要』. 2018. 第4号. 427-438
もっと見る
MISC (2件):
  • 遠藤スサンネ. 身近な「発見」. 岩手県立博物館・友の会 会報. 2020. 117. 1
  • 遠藤スサンネ. 「チャグチャグ馬コ」と"Alpabzug". 岩手県立博物館・友の会 会報. 2011. 86. 1
学位 (3件):
  • 修士(哲学) (チューリッヒ大学)
  • 修士(文学) (北海道大学)
  • 博士(文学) (北海道大学)
経歴 (5件):
  • 2016/04 - 現在 東北大学高度教養教育・学生支援機構 言語・文化教育センター 講師
  • 2014/02 - 2017/01 岩手日独協会 ドイツ語講師
  • 2013/10 - 2016/03 秋田大学 教育文化学部 非常勤講師
  • 2012/04 - 2016/03 岩手大学 教育推進機構・人文社会科学部 非常勤講師
  • 2009/04 - 2013/03 岩手医科大学 共通教育センター 非常勤講師
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る