研究者
J-GLOBAL ID:200901094237475286   更新日: 2021年10月26日

近藤 泰輝

コンドウ ヤステル | Yasuteru Kondo
所属機関・部署:
職名: 客員准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 仙台厚生病院 肝臓内科  肝腫瘍治療センター   科長
研究分野 (1件): 消化器内科学
研究キーワード (5件): 肝移植 ,  肝細胞癌 ,  ウイルス ,  免疫 ,  肝臓
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2022 各種治療後の肝細胞がん免疫微小環境の解析とiCI治療応用
  • 2016 - 2019 HBVジェノタイプ特異的免疫抑制反応解析による新規治療法開発
  • 2016 - 2019 非アルコール性脂肪性肝疾患の肝臓におけるインスリンシグナル関連遺伝子発現の解析
  • 2013 - 2016 ウイルス肝癌微小環境のMDSC、TAM、Treg誘導機構解明による治療法開発
  • 2013 - 2016 肝癌増殖におけるエキソソームを介した機能性RNA輸送機構の解明と治療応用
全件表示
論文 (122件):
  • Kazuhiro Kozumi, Takahiro Kodama, Hiroki Murai, Sadatsugu Sakane, Olivier Govaere, Simon Cockell, Daisuke Motooka, Naruyasu Kakita, Yukinori Yamada, Yasuteru Kondo, et al. Transcriptomics Identify Thrombospondin-2 as a Biomarker for Nonalcoholic Steatohepatitis and Advanced Liver Fibrosis. Hepatology (Baltimore, Md.). 2021
  • Yasuteru Kondo, Motoh Iwasa, Hideto Kawaratani, Hisamitsu Miyaaki, Tatsunori Hanai, Kazuyoshi Kon, Hirotaka Hirano, Masahito Shimizu, Hitoshi Yoshiji, Kiwamu Okita, et al. Proposal of Stroop test cut-off values as screening for neuropsychological impairments in cirrhosis: A Japanese multicenter study. Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology. 2021. 51. 6. 674-681
  • Takeshi Matsui, Susumu Hamada-Tsutsumi, Yutaka Naito, Masanori Nojima, Etsuko Iio, Akihiro Tamori, Shoji Kubo, Tatsuya Ide, Yasuteru Kondo, Yuichiro Eguchi, et al. Identification of microRNA-96-5p as a postoperative, prognostic microRNA predictor in nonviral hepatocellular carcinoma. Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology. 2021
  • Isao Hidaka, Masaru Enomoto, Syuichi Sato, Atsushi Suetsugu, Tomomitsu Matono, Kiyoaki Ito, Koji Ogawa, Jun Inoue, Mika Horino, Yasuteru Kondo, et al. Establishing Efficient Systems through Electronic Medical Records to Promote Intra-hospital Referrals of Hepatitis Virus Carriers to Hepatology Specialists: A Multicenter Questionnaire-based Survey of 1,281 Healthcare Professionals. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2021. 60. 3. 337-343
  • Akihiro Matsumoto, Shuhei Nishiguchi, Hirayuki Enomoto, Yasuhito Tanaka, Noboru Shinkai, Chiaki Okuse, Jong-Hon Kang, Takeshi Matsui, Shiho Miyase, Hiroshi Yatsuhashi, et al. Pilot study of tenofovir disoproxil fumarate and pegylated interferon-alpha 2a add-on therapy in Japanese patients with chronic hepatitis B. Journal of gastroenterology. 2020. 55. 10. 977-989
もっと見る
MISC (292件):
  • 近藤 泰輝, 諸沢 樹, 田中 靖人. 脂肪性肝疾患:治療のターゲットとゴール 過糖質を解除する食事療法の工夫と肝生検組織を用いた長期効果の解析. 肝臓. 2020. 61. Suppl.3. A754-A754
  • 近藤 泰輝, 諸沢 樹, 田中 靖人. post HCV時代における肝癌局所治療(肝切除、アブレーション、TACE、他)の現状と未来 Drug-Eluting-Beads-HAIC療法とアブレーション治療を主力とした進行肝癌の局所治療の検討. 肝臓. 2020. 61. Suppl.3. A821-A821
  • 諸沢 樹, 近藤 泰輝, 田中 靖人. 令和の時代に求められる肝硬変の多角的治療戦略 脾機能亢進症や門脈圧亢進症を伴う肝硬変患者に対する部分脾動脈塞栓術の有効性と安全性の検討. 肝臓. 2020. 61. Suppl.3. A851-A851
  • 近藤 泰輝, 諸沢 樹, 田中 靖人. 肝炎ウイルス検査後のアラートシステムと文書による結果説明 同意書取得による現状. 肝臓. 2020. 61. Suppl.3. A868-A868
  • 近藤 泰輝, 諸沢 樹, 田中 靖人. DAA治療後HCV排除後の免疫反応解析と線維化解析. 肝臓. 2020. 61. Suppl.3. A883-A883
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (1件):
  • 肝臓がんの予防、診断、治療について よくわかる医療と健康の最新情報 2013
    河北新報
学歴 (2件):
  • - 2006 東北大学 医科学専攻 消化器病態学分野
  • - 2000 東北大学 医学
学位 (1件):
  • 医学博士 (東北大学)
経歴 (11件):
  • 2020/09 - 現在 熊本大学 消化器内科学講座 客員准教授
  • 2019/04 - 現在 仙台厚生病院 肝臓内科 科長
  • 2017/04 - 現在 仙台厚生病院 肝腫瘍治療センター センター長
  • 2016/04 - 現在 名古屋市立大学 ウイルス学 研究員
  • 2016/01 - 2019/03 仙台厚生病院 肝臓内科 主任部長
全件表示
委員歴 (13件):
  • 2020/10 - 現在 日本肝臓学会 日本肝臓学会市民公開講座企画検討委員会 委員
  • 2019/04 - 現在 米国肝臓学会 AASLD フェロー
  • 2015 - 現在 日本消化器病学会 指導医、学会評議員
  • 2014 - 現在 日本肝臓学会 評議委員(代議員)
  • 2014/01 - 現在 World Journal of Gastroenterology Editorial Board Member
全件表示
受賞 (13件):
  • 2019/10 - JDDW 優秀演題賞
  • 2016 - APASL Young Investigator Award
  • 2015 - 東北大学病院 治験実施優良者賞
  • 2015 - HBV international Meeting Travel Grant Award
  • 2013/12 - 上原記念生命科学財団 上原研究奨励金
全件表示
所属学会 (12件):
アジア太平洋肝臓学会 ,  日本がん学会 ,  日本移植学会 ,  アメリカ肝臓学会 ,  日本がん治療認定医機構 ,  日本肝癌研究会 ,  消化器免疫学会 ,  日本免疫学会 ,  日本内視鏡学会 ,  日本肝臓学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る