研究者
J-GLOBAL ID:200901094269857326   更新日: 2020年08月25日

鳥越 秀峰

トリゴエ ヒデタカ | Torigoe Hidetaka
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/~tori_lab/index.html
研究分野 (1件): 構造生物化学
研究キーワード (1件): 生物物理化学、構造生物学、遺伝子治療、癌、老化、ゲノム科学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • テロメア結合蛋白質とテロメラーゼによるテロメア調節機構
  • Telomere regulation mechanism by telomere binding proteins and telomerase
論文 (46件):
  • Maiko de Kerckhove, Katsuya Tanaka, Takahiro Umehara, Momoko Okamoto, Sotaro Kanematsu, Hiroko Hayashi, Hiroki Yano, Soushi Nishiura, Shiho Tooyama, Yutaka Matsubayashi, et al. Targeting miR-223 in neutrophils enhances the clearance of Staphylococcus aureus in infected wounds. EMBO molecular medicine. 2018. 10. 10
  • Matsuno, Y, Torigoe, H, Yoshioka, K. Establishment of cellular quiescence together with H2AX downregulation and genome stability maintenance. J. Clin. Exp. Pathol. 2018. 8. 1. 1000335
  • Yusuke Nomura, Kaori Yamazaki, Ryo Amano, Kenta Takada, Takashi Nagata, Naohiro Kobayashi, Yoichiro Tanaka, Junichi Fukunaga, Masato Katahira, Tomoko Kozu, et al. Conjugation of two RNA aptamers improves binding affinity to AML1 Runt domain. JOURNAL OF BIOCHEMISTRY. 2017. 162. 6. 431-436
  • Jiro Kondo, Yusuke Nomura, Yukiko Kitahara, Satoshi Obika, Hidetaka Torigoe. The crystal structure of a 2 ',4 '-BNA(NC)[N-Me]-modified antisense gapmer in complex with the target RNA. CHEMICAL COMMUNICATIONS. 2016. 52. 11. 2354-2357
  • Yoshiyuki Tanaka, Jiro Kondo, Vladimir Sychrovsky, Jakub Sebera, Takenori Dairaku, Hisao Saneyoshi, Hidehito Urata, Hidetaka Torigoe, Akira Ono. Structures, physicochemical properties, and applications of T-Hg-II-T, C-Ag-I-C, and other metallo-base-pairs. CHEMICAL COMMUNICATIONS. 2015. 51. 98. 17343-17360
もっと見る
MISC (39件):
  • Yamaoka, T, Shiba, M, Torigoe, H, Obika, S, Yamashita, A, Tachibana, Y. Effect of Continuous Exposure to Antisense BNA Slowly Released in Intraperitoneal or Subcutaneous Tissue. MOLECULAR THERAPY. 2012. 20. S105-S105
  • Yamamoto, T, Harada-Shiba, M, Nakatani, M, Yasuhara, H, Wada, S, Narukawa, K, Sasaki, K, Torigoe, H, Yamaoka, T, Imanishi, T, et al. Potency Comparison of Series of BNA-based Antisenses in Dyslipidemic Animals. OLIGONUCLEOTIDES. 2011. 21. 5. A30-A31
  • Torigoe, H, Horio, E, Takehara, T, Kaneda, K, Kozasa, T. Tetraplex Structure of Budding Yeast Telomeric DNA. NUCLEIC ACIDS SYMPOSIUM SERIES. 2009. 53. 235-236
  • Sasaki, K, Rahman, S. M. A, Sato, N, Obika, S, Imanishi, T, Torigoe, H. Promotion of Triplex Formation by 3'-Amino-2'-O,4'-C-Methylene Bridged Nucleic Acid Modification. NUCLEIC ACIDS SYMPOSIUM SERIES. 2009. 53. 159-160
  • Torigoe, H, Horio, E, Takehara, T, Kaneda, K, Kozasa, T. Interaction between Tetraplex Structure of Yeast Telomeric DNA and Tetraplex-Binding Ligand. NUCLEIC ACIDS SYMPOSIUM SERIES. 2009. 53. 243-244
もっと見る
特許 (4件):
  • オリゴヌクレオチド、およびオリゴヌクレオチドを有効成分として含有する脂質異常症治療剤
  • オリゴヌクレオチド、およびオリゴヌクレオチドを有効成分として含有する脂質異常症治療剤
  • オリゴヌクレオチド、およびオリゴヌクレオチドを有効成分として含有する脂質異常症治療剤
  • オリゴヌクレオチド、およびオリゴヌクレオチドを有効成分として含有する脂質異常症治療剤
書籍 (16件):
  • “コラム8 テロメアと細胞の老化•がん化” in “教養化学”
    丸善出版(株) 2016 ISBN:9784621300411
  • 3章.タンパク質と酵素, 18章.創薬と生命科学(理工系の基礎:生命科学入門)
    丸善出版 2016 ISBN:9784621300329
  • 第76回熱測定講習会開催報告(熱測定 43巻2号)
    日本熱測定学会 2016
  • ホタテ貝の中腸腺のカドミウムに対抗する手段に関する考察(特集 長万部シンポジウム“ホタテを科学する")
    理大科学フォーラム 2015
  • 構造生物学:遺伝子の暴走を抑えて画期的な治療を探る(進路ガイド)
    栄美通信 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (367件):
  • 5-フルオロウラシル塩基を含むミスマッチ塩基対と金属イオンの特異的結合
    (日本化学会第99春期年会 2019)
  • リン酸化酵素Nek6によるリン酸化修飾を受けた組み換え蛋白質を大腸菌内で発現する方法の開発
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • リン酸化酵素Cdk1によるリン酸化修飾を受けた組み換え蛋白質を大腸菌内で発現精製する方法の開発
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • 3本鎖核酸と3本鎖核酸結合蛋白質による遺伝子発現制御
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • 3本鎖DNA結合蛋白質の3本鎖DNA認識機構
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1990 東京大学 生物化学
  • - 1985 東京大学 化学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2005 - 2012 東京理科大学理学部第一部 准教授
  • 2012 - 東京理科大学理学部第一部 教授
  • 2002 - 2005 東京理科大学理学部第一部 講師
  • 1999 - 2002 理化学研究所 先任研究員
  • 1991 - 1999 理化学研究所 研究員
全件表示
委員歴 (23件):
  • 2018/10 - 2019/09 日本化学会 第8回CSJ化学フェスタ2018ポスター賞審査員(2018年、第8回CSJ化学フェスタ2018(2018年10月23日-25日))
  • 2018/10 - 2019/09 日本核酸化学会 第45回国際核酸化学シンポジウム(ISNAC2018)日本核酸化学会第2回年会(平成30年11月7日-9日) 実行委員会実行委員
  • 2018/10 - 2019/09 日本核酸化学会 日本核酸化学会ホームページ委員会委員長
  • 2018/10 - 2019/09 日本核酸化学会 学会理事等
  • 2017/10 - 2018/09 日本化学会 第7回CSJ化学フェスタ2017ポスター賞審査員(2017年、第7回CSJ化学ファスタ2017(平成29年10月17日-19日))
全件表示
受賞 (2件):
  • 2017/09/16 - ポスター優秀賞
  • 2011/09/22 - 鈴木紘一メモリアル賞
所属学会 (9件):
金属の関与する生体関連反応シンポジウム ,  核酸化学シンポジウム実行委員会 ,  日本蛋白質科学会年会 ,  日本生物物理学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本熱測定学会 ,  日本核酸化学会 ,  日本化学会 ,  平成17年度生理学研究所研究会 No.19 “DNA構造を基盤とするゲノム生理学の展開”
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る