研究者
J-GLOBAL ID:200901094308114840   更新日: 2020年09月01日

吉村 昌弘

ヨシムラ マサヒロ | Yoshimura Masahiro
研究分野 (2件): 材料加工、組織制御 ,  無機材料、物性
研究キーワード (2件): Ceramics ,  無機材料工学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • Phase stability and phase diagrams of zirconia
  • Interrelation between ceramics and environments (particularly water)
  • Soft processing for high performance Ceramics
  • ジルコニアの相安定性と状態図
  • セラミックスと環境(特に水)との相互作用
全件表示
MISC (1,940件):
特許 (1件):
書籍 (98件):
  • ナノ薄膜の直接作製、ナノ微粒子の調整および分散・凝集コントロールとその評価(分担、第2章、第8節)
    技術情報協会技術情報協会 2003
  • 水熱電気化学法
    超臨界流体のすべて(監修:荒井康彦)超臨界流体のすべて(監修:荒井康彦) 2002
  • 材料・薄膜合成(カーボン材料、薄膜を中心として)超臨界流体のすべて(監修:荒井康彦)
    テクノシステム超臨界流体のすべて(監修:荒井康彦) 2002
  • 水熱条件下における各種ナノカーボンの生成
    カーボンナノチューブの基礎と工業化の最前線カーボンナノチューブの基礎と工業化の最前線 2002
  • 主なエンジニアリングセラミックスの性質、2.1.1(2)ジルコニア系
    セラミックス工学ハンドブック(分担)(社)日本セラミックス協会編、技報堂出版セラミックス工学ハンドブック(分担)(社)日本セラミックス協会編、技報堂出版 2002
もっと見る
Works (17件):
  • (酸)窒化物微粒子、及びナノ粒子の合成法に関する基礎研究
    2004 - 2005
  • 高度電子機器用回路のためのセラミックス膜形成方法の開発
    2002 - 2004
  • 財団法人日本産業技術振興協会産学官地域技術交流事業 「りんご搾汁を残渣を利用したウッドセラミックスとその有効利用」
    2000 - 2001
  • 財団法人香川県産業技術振興財団公募型研究開発プロジェクト 「高温高圧水溶液中におけるニューカーボンの合成と反応性」
    1998 - 2000
  • 文部省科学研究費補助金国際学術研究-大学間協力研究 「溶液プロセスによる高機能複合酸化物の設計」
    1998 - 2000
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1970 東京工業大学
  • - 1970 東京工業大学 無機材料工学
  • - 1965 東京工業大学
  • - 1965 東京工業大学 化学工学
学位 (1件):
  • 工学博士 (東京工業大学)
経歴 (12件):
  • 1996 - 2002 東京工業大学 構造デザイン研究センター長
  • 1978 - 1985 東京工業大学
  • 1978 - 1985 東京工業大学 助教授
  • 1985 - - Tokyo Institute of Technology Professor
  • 1985 - - 東京工業大学 教授
全件表示
委員歴 (11件):
  • 1997 - 1998 日本MRS学会 会長
  • 1988 - 1997 粉体粉末冶金協会 理事
  • 1996 - 1996 アメリカンセラミックス学会 The American Ceramic Society Fellow
  • 1994 - 日本学術振興会 同69委員会委員
  • 1994 - 日本学術振興会 同136委員会委員
全件表示
受賞 (27件):
  • 2007 - 第16回日本無機リン化学会功績賞
  • 2007 - 文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)
  • 2006 - 東京都技術振興功労賞
  • 2004 - ISI Highly Cited Researchers
  • 2004 - ISI Highly Cited Researchers
全件表示
所属学会 (9件):
World Academy of Ceramics ,  World Academy of Ceramics ,  日本学術振興会 ,  アメリカンセラミックス学会 The American Ceramic Society ,  日本MRS学会 ,  日本ファインセラミックス協会 ,  日本セラミックス協会 ,  粉体粉末冶金協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る