研究者
J-GLOBAL ID:200901094431447650   更新日: 2020年06月02日

依田 憲

Yoda Ken
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://yoda-ken.sakura.ne.jp
研究キーワード (4件): 水圏生態学 ,  動物生態学 ,  動物行動学 ,  バイオロギング
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2016 - 現在 多次元バイオロギングによる鳥類・魚類の長距離ナビゲーション行動の包括的理解
  • 2013 - 現在 代表
  • 2013 - 現在 分担
  • 2013 - 現在 代表
  • 2012 - 現在 代表
全件表示
論文 (12件):
もっと見る
MISC (33件):
  • K. Yoda, T. Yamamoto, H. Suzuki, S. Matsumoto, M. Muller, M. Yamamoto. Compass orientation drives naïve pelagic seabirds to cross mountain ranges. Current Biology. 2017. 27. R1152-1153
  • T. Yamamoto, H. Kohno, A. Mizutani, H. Sato, Hi. Yamagishi, Y. Fujii, M. Murakoshi, K. Yoda. Costs of wind on the flight of tropical Brown Booby fledglings. Ornithological Science. 2017. 16. 17-22
  • A. Gomez-Laich, K. Yoda, C. Zavalaga, F. Quintana. Selfies of Imperial cormorants (Phalacrocorax atriceps): What is happening underwater?. PLOS ONE. 2015. 10. e0136980
  • M. Ogawa, T. Shiozaki, M. Shirai, M.S. Muller, M. Yamamoto, K. Yoda. How do biparental species optimally provision young when begging is honest?. Behavioral Ecology. 2015. 26. 885-899
  • 山本誉士, 河野裕美, 水谷晃, 依田憲. 仲ノ神島におけるオオミズナギドリの巣穴構造と繁殖個体数推定. 山階鳥類学雑誌. 2015. 46. 67-81
もっと見る
書籍 (4件):
  • 生物多様性〜子どもたちにどう伝えるか
    昭和堂 2012
  • 『移動・どこに住むか』、行動生態学(シリーズ 現代の生態学 5)
    共立出版 2012
  • 地球からのおくりもの
    風媒社 2011
  • *動物たちの不思議に迫るバイオロギング
    京都通信社 2009
学位 (1件):
  • 理学(博士) (京都大学)
経歴 (3件):
  • 2018/04/01 - 現在 名古屋大学 教授
  • 2014/06/01 - 2018/03/31 名古屋大学 教授
  • 2007/12/01 - 2014/05/31 名古屋大学 准教授
所属学会 (3件):
鳥学会 ,  日本生態学会 ,  動物行動学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る