研究者
J-GLOBAL ID:200901094592864811   更新日: 2020年09月02日

中村 史

ナカムラ チカシ | Nakamura Chikashi
所属機関・部署:
職名: 副連携研究室長
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://unit.aist.go.jp/bmd/biomed-cme/
研究分野 (1件): バイオ機能応用、バイオプロセス工学
研究キーワード (6件): 細胞工学, 遺伝子工学, 原子間力顕微鏡, ナノバイオテクノロジー ,  combinatorial chemistry ,  molecular handling ,  molecular recognition ,  nucleic acid ,  peptide
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2022 中間径フィラメント捕縛による転写制御の定量的解析
  • 2019 - 2021 ナノニードルを用いたゲノム編集モジュールの植物個体へのデリバリー
  • 2017 - 2020 細胞骨格の構造と機能のメカノセンシング
  • 2014 - 2017 ナノニードルを用いた核輸送による高効率ゲノム編集
  • 2014 - 2016 細胞内での異常な核酸分子挙動の解析
全件表示
論文 (140件):
  • Hyonchol Kim, Kenta Ishibashi, Tomoko Okada, Chikashi Nakamura. Adhesion strengths between cancer cells with different malignancies and endothelial cells measured using atomic force microscopy. JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS. 2020. 59. SDDE01
  • Hyonchol Kim, Masamichi Hoshi, Masumi Iijima, Shun'ichi Kuroda, Chikashi Nakamura. Development of a universal method for the measurement of binding affinities of antibody drugs towards a living cell based on AFM force spectroscopy. Analytical Methods. 2020. 12. 22. 2922-2927
  • Takaaki Kurinomaru, Akiko Inagaki, Masamichi Hoshi, Chikashi Nakamura, Hironori Yamazoe. Protein microswimmers capable of delivering cells for tissue engineering applications. Materials Horizons. 2020. 7. 3. 877-884
  • Kim H, Ishibashi K, Okada T, Nakamura C. Mechanical Property Changes in Breast Cancer Cells Induced by Stimulation with Macrophage Secretions in Vitro. Micromachines. 2019. 10. 11
  • Hyonchol Kim, Kenta Ishibashi, Kosuke Matsuo, Atsushi Kira, Tomoko Okada, Kenta Watanabe, Masaki Inada, Chikashi Nakamura. Quantitative Measurements of Intercellular Adhesion Strengths between Cancer Cells with Different Malignancies Using Atomic Force Microscopy. ANALYTICAL CHEMISTRY. 2019. 91. 16. 10557-10563
もっと見る
MISC (59件):
  • 山岸 彩奈, 伊藤 文恵, 金 賢徹, 中村 史. 高転移性マウス乳がん細胞の浸潤機構に関わる塩素イオンチャネルClic1の機能解析. 日本生物工学会大会講演要旨集. 2019. 2019年. 218-218
  • 本多 裕基, 山岸 彩奈, 金 賢徹, 中村 史. ヒトリンパ球への高効率遺伝子導入に向けたシリコンナノニードル表面における核酸の吸脱着制御. 日本生物工学会大会講演要旨集. 2018. 平成30年度. 131-131
  • Kaori Tsukakoshi, Maui Nishio, Yuri Ikuta, Ikkei Sasaki, Yue Ma, Kazuo Nagasawa, Yoshio Kato, Chikashi Nakamura, Koji Sode, Kazunori Ikebukuro. Smart aptamers forming G-quadruplex: Structural and functional change of aptamers forming G-quadruplex in response to surrounding conditions and its regulation with the ligands. Abstracts of Papers of The American Chemical Society. 2018. 256
  • 山岸彩奈, 中村 史. ナノニードル技術を用いた単一細胞の操作・計測. 日本生物物理学会 生物物理誌. 2018. 58. 1. 38-42
  • 松本大亮, 山岸彩奈, 斎藤 恵, Sathuluri Ramachandra Rao, Silberberg Rafael Yaron, 岩田 太, 小林 健, 中村 史. ナノニードルアレイを用いたメカノポレーションによる生細胞への分子導入. 公益社団法人 日本生物工学会 生物工学会誌. 2018. 96. 2. 64
もっと見る
特許 (26件):
書籍 (17件):
  • Methods in Molecular Biology
    2018
  • Nanobiosensors and Nanobioanalyses
    Springer 2015
  • 動物細胞培養の手法と細胞死・増殖不良・細胞変異を防止する技術
    技術情報協会 2014
  • スマート・ヒューマンセンシング ~健康ビッグデータ時代のためのセンサ・情報・エネルギー技術~
    2014
  • シングルセル解析の最前線
    シーエムシー出版 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (56件):
  • 生細胞における中間径フィラメントの可動性解析
    (日本顕微鏡学会SPM研究会(2019 in Echigoyuzawa) 2019)
  • Nanoneedle technology for living cells
    (International workshop on Bioiontronics 2019)
  • Structural function of intermediate filament nestin in highly metastatic mouse breast cancer cell
    (2019 KU-AIST JOINT WORKSHOP 2019)
  • Sensing and Manipulation Technology for Living Cells Using Nanoneedle
    (2019 KU-AIST JOINT WORKSHOP 2019)
  • メカニカルインターフェースとしての中間径フィラメントの機能
    (最新バイオインターフェース研究会・湯布院 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • Graduate school of Tokyo University of Agriculture and Technology
学位 (1件):
  • 博士(工学)
経歴 (9件):
  • 2020/04 - 現在 国立研究開発法人産業技術総合研究所 細胞分子工学研究部門AIST-INDIA機能性資源連携研究室 副連携研究室長
  • 2010/04 - 2020/03 国立研究開発法人産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門セルメカニクス研究グループ 研究グループ長
  • 2009/04 - 2010/03 独立行政法人産業技術総合研究所 セルエンジニアリング研究部門生体運動研究グループ 研究グループ長
  • 2008/04 - 2010/03 独立行政法人産業技術総合研究所 セルエンジニアリング研究部門遺伝子応用技術研究グループ 研究グループ長
  • 2004/04 - 2008/03 独立行政法人産業技術総合研究所 セルエンジニアリング研究部門細胞ナノ操作工学研究グループ 主任研究員
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2017/04 - 現在 日本核酸化学会 評議員
  • 2016/03 - 現在 公益社団法人 日本化学会 バイオテクノロジー部会 幹事
  • 2003/04 - 現在 公益社団法人 日本生物工学会 ナノバイオテクノロジー研究部会 委員
  • 2013/06 - 2017/05 公益社団法人 日本生物工学会 英文誌編集委員
  • 2014 - 2014 公益社団法人 日本生物工学会 実行委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2017 - 第69回日本生物工学会大会 第25回 生物工学論文賞 Mechanoporation of living cells for delivery of macromolecules using nanoneedle array
  • 2012/05 - 22nd Anniversary World Congress on Biosensors Best Paper Award 2012 Evaluation of the actin cytoskeleton state using an antibody-functionalized nanoneedle and an AFM
  • 2003/10 - 日本化学会生体機能関連化学部会バイオテクノロジー部会 部会講演賞 エッチングにより先鋭化されたAFM探針による細胞操作
  • 2001 - HPLC Kyoto Second Best Poster Award Immobilized Liposome Chromatography to Study Drug-Membrane Interaction: Correlation with Drug Absorption in Humans
所属学会 (12件):
日本核酸化学会 ,  日本電気化学会 ,  日本応用物理学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本生物工学会 ,  日本化学会 ,  The Society for Fermentation and Bioengineering, Japan ,  The Molecular Biology Society of Japan ,  The Chemical Society of Japan ,  and Agrochemistry ,  Biotechnology ,  Japan Society for Bioscience
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る