研究者
J-GLOBAL ID:200901094822754891   更新日: 2020年09月01日

藤森 功

フジモリ コウ | Fujimori Ko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://pathobiochem.pharm.oups.jp/http://www.oups.ac.jp/kenkyu/kenkyuushitu/seitaibougyo.html
研究分野 (4件): 薬系衛生、生物化学 ,  細胞生物学 ,  分子生物学 ,  機能生物化学
研究キーワード (3件): 生化学 ,  分子生物学 ,  脂質生化学
競争的資金等の研究課題 (25件):
  • 2016 - 2018 エイコサノイドによる肥満制御機構の解明とその制御機構に基づく新規治療法の探索
  • 2015 - 2016 代謝異常疾患制御におけるエイコサノイドの機能解析
  • 2014 - 2015 プロスタグランジンによる肥満制御の包括的解析
  • 2013 - 2015 極長鎖脂肪酸伸長酵素Elovl3の肥満制御における機能と分子機構の解明
  • 2013 - 2014 脂質代謝疾患における極長鎖脂肪酸合成酵素Elovl3の機能解析
全件表示
論文 (46件):
  • Fujimori, K, Iguchi, Y, Yamashita, Y, Gohda, K, Teno, N. Synthesis of novel farnesoid X receptor agonists and validation of their efficacy in activating differentiation of mouse bone marrow-derived mesenchymal stem cells into osteoblasts. Molecules. 2019. 24. 4155
  • Matsumoto C, Maehara T, Tanaka R, Fujimori K. Limonoid 7-deacetoxy-7-oxogedunin from andiroba, Carapa guianensis, Meliaceae, decreased body weight gain, improved insulin sensitivity, and activated brown adipose tissue in high-fat-diet-fed mice. J. Agri. Food Chem. 2019. 67. 36. 10107-10115
  • Koike A, Hanatani M, Fujimori K. Pan-caspase inhibitors induce necroptosis via ROS-mediated activation of mixed lineage kinase domain-like protein and p38 in classically activated macrophages. Exp. Cell Res. 2019. 380. 2. 171-179
  • Teno N, Yamashita Y, Masuda A, Iguchi Y, Oda K, Fujimori K, Hiramoto T, Nishimaki-Mogami T, Une M, Gohda K. Identification of potent farnesoid X receptor (FXR) antagonist showing favorable PK profile and distribution toward target tissues: Comprehensive understanding of structure-activity relationship of FXR antagonists. Bioorg. Med. Chem. 2019. 27. 11. 2220-2227
  • Matsumoto C, Koike A, Tanaka R, Fujimori K. A limonoid, 7-deacetoxy-7-oxogedunin (CG-1) from andiroba (Carapa guianensis, Meliaceae) lowers the accumulation of intracellular lipids in adipocytes via suppression of IRS-1/Akt-mediated glucose uptake and a decrease in GLUT4 expression. Molecules. 2019. 24. 1668
もっと見る
特許 (12件):
書籍 (5件):
  • 病態生化学 解明 第2版
    京都廣川書店 2017
  • Transcription Factor Regulatory Networks. Methods in Molecular Biology
    Springer 2014
  • 病態生化学 解明
    京都廣川書店 2013
  • Structure and Regulation of lipocalin-type prostaglandin D synthase gene. Prostaglandin D2 Synthase - A Multitude of Biological Functions. (Ed. Louis Ragolia)
    Research Signpost 2007
  • プロスタグランジン研究の新展開(現代化学増刊)
    東京化学同人 2001
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
経歴 (7件):
  • 2017 - 現在 大阪薬科大学 病態生化学研究室 教授
  • 2012 - 大阪薬科大学 生体防御学研究室 准教授
  • 2007 - 大阪薬科大学 生体防御学研究室 講師
  • 2006 - (財)大阪バイオサイエンス研究所 研究員
  • 2002 - 住友化学(株) 生物環境科学研究所 主任研究員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2018/04 - 現在 日本生化学会 評議員
  • 2017/04 - 現在 日本薬学会関西支部 支部委員
受賞 (1件):
  • 2007 - 日本生化学会 柿内三郎記念奨励研究賞
所属学会 (13件):
日本栄養・食糧学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本薬学会 ,  米国生理学会 ,  米国生化学・分子生物学会 ,  米国細胞生物学会 ,  日本肥満学会 ,  日本エピジェネティクス研究会 ,  日本睡眠学会 ,  日本脂質生化学会 ,  日本薬理学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る