研究者
J-GLOBAL ID:200901094852155216   更新日: 2019年09月13日

末包 伸吾

スエカネ シンゴ | Suekane Shingo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 建築史、意匠 ,  建築計画、都市計画
研究キーワード (1件): 建築史・意匠 建築計画・都市計画
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2016 - 2019 持続可能性からみたアメリカ西海岸の近代建築思潮の形成と発展に関する研究
  • 2016 - 2018 「参加型景観」によって表出する情景の創出に関する研究
  • 2013 - 2016 地球環境の持続可能性からみたリチャード・ノイトラの建築に関する建築意匠論的研究
  • 2013 - 2016 まちづくりアーカイブズ構築とまちづくり組織の展開に関する研究
  • 2006 - ルドルフ・シンドラーの建築思想に関する建築意匠論的研究
全件表示
論文 (52件):
  • 増岡 亮, 末包 伸吾. A study on Continuity of Indeer and Out door Space in 6 Major Works of Raphael Soriano’s Detached Houses. Proc. Of 12th ISAIA(International Symposium on Architectural Interchange in Asia). 2018. 710-714
  • 水野 優子, 栗山 尚子, 三輪 康一, 末包 伸吾, 安田 丑作. まちづくり組織間の連携にもとづく地域運営組織の実態とその課題に関する研究 神戸市を事例として. 日本都市計画学会都市計画論文集. 2017. 第52巻. 第3号. 998-1005
  • 末包 伸吾. 『Survival Through Design』の論考の主題にみるリチャード・ノイトラの【時代認識】における《環境》と《文明》. 日本建築学会計画系論文集. 2017. 第82巻. 第738号. 2113-2122
  • 栗山 尚子, 中村 大樹, 黒田 知沙, 三輪 康一, 末包 伸吾. 「参加型景観」の類型化 「参加型景観」によって表出する情景の創出に関する研究(その1). 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2017. 1147-1148
  • 中村 大樹, 黒田 知沙, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子. 「参加型景観」の特性と評価 「参加型景観」によって表出する情景の創出に関する研究(その2). 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2017. 1149-1150
もっと見る
MISC (9件):
  • 末包 伸吾. 関西の建築界/群像第19回. 建築と社会. 2011. 68
  • 末包 伸吾, 山崎 康弘. 風土を読み解く-原風景の展開-. 兵庫県建築士会会報集. 2009. 372. 8-9
  • 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子, 荏原 明則, 加藤 恵正, 小浦 久子, 木村 政文. 密集市街地における街区協同再生システム構築のための理論とその実践的検証. 平成17-19年度文部科学省科学研究費補助金基盤研究B研究成果報告書. 2008. pp.1-160
  • 末包 伸吾. 阪神・淡路大震災の被災市街地における復興と街区協同再生システム. こうべまちづくり会館レポート「宙」「まちづくりの宙と波」. 2008. Vol.4, pp.129-150
  • 安田 丑作, 三輪 康一, 末包 伸吾, 栗山 尚子. 山麓密集市街地の住環境整備手法としての街区協同再生システムの可能性-神戸市長田区上池田地区を事例として-. 2005年度日本建築学会大会(近畿)都市計画部門研究協議会資料、都市変容の予兆としての阪神・淡路大震災復興10年-阪神淡路から次代への都市計画へのメッセージ-. 2005. pp.102-105
もっと見る
書籍 (18件):
  • 関西の建築界 群像
    日本建築協会 2017
  • 日本の建築意匠
    学芸出版社 2016
  • 設計者選定を考える, 建築設計02
    日本建築設計学会 2016
  • 近代建築6月号別冊,卒業制作2015
    近代建築社 2015
  • 革新と追想という両義性のなかで
    日本建築設計学会 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (94件):
  • 住宅地におけるオープンガーデンの形成とその評価に関する研究-参加型景観によって表出する情景の創出に関する研究(その3)-
    (2018年度日本建築学会大会学術講演会 2018)
  • 都心地域における賑わい空間への参加意識とその評価に関する研究-参加型景観によって表出する情景の創出に関する研究(その3)
    (2018年度日本建築学会近畿支部研究報告会 2018)
  • 住宅地におけるオープンガーデンの形成とその評価に関する研究-参加型景観によって表出する情景の創出に関する研究(その2)
    (2018年度日本建築学会近畿支部研究報告会 2018)
  • 伊丹潤の建築思想および建築作品に関する研究
    (2018年度日本建築学会近畿支部研究報告会 2018)
  • 『都市と建築のパブリックスペース』にみるヘルマン・ヘルツベルハーの建築思想とその空間構成に関する研究
    (2018年度日本建築学会近畿支部研究報告会 2018)
もっと見る
Works (8件):
  • 加古川市こども園プロポーザル
    末包 伸吾, 岩田 章吾 2016 -
  • 菊谷町の家
    末包 伸吾, 山崎 康弘, 徳岡工務店 2013 -
  • 桜通りの家
    末包 伸吾, 山崎 康弘, 増田 敬彦, 徳岡工務店 2011 -
  • 苦楽園の鍼灸院
    末包 伸吾, 山崎 康弘, 徳岡工務店 2010 -
  • 緑地公園の家
    末包 伸吾, 山崎 康弘, 徳岡工務店 2009 -
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1990 神戸大学 大学院工学研究科修士課程建築学専攻修了
学位 (3件):
  • M. A.(建築学修士) (ワシントン大学)
  • 工学修士 (神戸大学)
  • 博士(工学) (神戸大学)
経歴 (1件):
  • 関西大学 環境都市工学部 建築学科 本務/准教授
所属学会 (3件):
意匠学会 ,  日本都市計画学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る