研究者
J-GLOBAL ID:200901094865578590   更新日: 2020年07月06日

亀田 啓悟

カメダ ケイゴ | Kameda Keigo
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 財政不安と家計消費の実証分析
  • 2019 - 2022 財政不安と家計消費の実証分析
  • 2016 - 2020 国債金利の決定要因に関する理論・実証研究
  • 2016 - 2020 国債金利の決定要因に関する理論・実証研究
  • 2013 - 2016 個票データを用いた非ケインズ効果の再検討
全件表示
論文 (31件):
  • Ayato Ashihara, Keigo Kameda. Is fiscal expansion more effective in a financial crisis?. Applied Economics Letters. 2018. 25. 2. 111-114
  • Keigo KAMEDA, Miho SATO. Distributional preference in Japan. The Japanese Economic Review. 2016
  • Keigo KAMEDA. Effectiveness of Fiscal Expansion in Japan. 2014
  • KAMEDA Keigo. Budget deficits, government debt, and long-term interest rates in Japan. Journal of the Japanese and International Economies. 2014. 32. 105-124
  • 亀田, 啓悟, 佐藤, 美帆. 日本人はどのような所得分配を望んでいるのか? : 財政再建に向けた予備的考察. Working papers series. Working paper. 2013. 48. 1-25
もっと見る
書籍 (3件):
  • Procyclical Fiscal Policy
    Springer 2018 ISBN:9789811329944
  • 日本経済の課題と針路:経済政策の理論・実証分析
    慶応義塾大学出版会 2015 ISBN:9784766422047
  • 総合政策のニューフロンティア-公共性への多面的アプローチ (関西学院大学総合政策学部教育研究叢書1)
    関西学院大学出版会 2010
講演・口頭発表等 (6件):
  • An Experiment on Distributional Preferences: A Preliminary Analysis toward Japan's Fiscal Consolidation
    (第70回日本財政学会年次大会(慶應義塾大学) 2013)
  • What Changes the Effects of Fiscal Policy?:A case study of Japan
    (Japan-Korea Session, Korean Association of Public Finance. Paradaise Hotel, Pusan. Korea. 2011)
  • What Changes the Effects of Fiscal Policy? :A case study of Japan
    (Australian Conference of Economists 2010, Darling Harbor, Sydney, Australia. 2010)
  • 財政赤字と長期金利に関するイベントスタディー
    (日本財政学会(明治学院大学), 10月17日、18日 2009)
  • Budget Deficits, Government Debt and Interest Rates in Japan
    (Institute of International Public Finance Annual Congress 2008)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る