研究者
J-GLOBAL ID:200901095240192585   更新日: 2020年09月01日

綾野 克紀

アヤノ トシキ | Ayano Toshiki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://conc.civil.okayama-u.ac.jphttp://conc.civil.okayama-u.ac.jp
研究分野 (1件): 土木材料、施工、建設マネジメント
研究キーワード (9件): クリープ ,  収縮 ,  耐久性 ,  コンクリート ,  Durability ,  Slag ,  Creep ,  Recycle ,  Concrete
MISC (262件):
特許 (11件):
  • 鋼製型枠床版
  • コンクリート試験体及びその作製方法
  • 貫通ひび割れを有するコンクリート試験体の作製方法
  • コンクリートまたはモルタルの維持管理方法および装置
  • コンクリートまたはモルタルの設計方法および装置
もっと見る
書籍 (8件):
  • 高炉スラグ細骨材を用いたコンクリートに関する研究小委員会(354委員会)成果報告書
    土木学会 2018
  • 各種高炉スラグの細骨材適用時の特性とそのメカニズム解明 研究成果(中間)報告書
    2013
  • コンクリートライブラリー137:けい酸塩系表面含浸工法の設計施工指針(案)
    土木学会 2012
  • 中国地方におけるフライアッシュを用いたコンクリートの設計施工指針(試案)
    (公社)日本コンクリート工学会中国支部 2012
  • コンクリートなんでも小事典
    講談社ブルーバックス 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (112件):
  • 高炉スラグ細骨材を用いたコンクリートの塩分浸透性と鋼材腐食に関する研究(10/25)
    (第18回コンクリート構造物の補修、補強、アップグレードシンポジウム 2018)
  • 製造工場の異なる高炉スラグ細骨材を用いたコンクリートの 強度および耐久性に関する研究 (8/29発表
    (平成30年度土木学会全国大会 2018)
  • 高炉スラグ細骨材を用いたコンクリートの強度,収縮,クリープおよびアルカリシリカ反応抑制効果に関する研究( 7/4発表)
    (コンクリート工学年次大会2018(神戸) 2018)
  • プラントミキサで製造した高炉スラグを用いたコンクリートの耐凍害性とその改善に関する研究(5/26発表)
    (第70回平成30年度土木学会中国支部研究発表会 2018)
  • 高炉スラグ細骨材のアルカリシリカ反応抑制効果に関する研究(5/26発表)
    (第70回平成30年度土木学会中国支部研究発表会 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1989 岡山大学 土木工学専攻
  • - 1989 岡山大学
  • - 1987 岡山大学 土木工学科
  • - 1987 岡山大学
学位 (2件):
  • 工学修士 (岡山大学)
  • 博士(工学) (岡山大学)
経歴 (16件):
  • 2005 - 2009 岡山大学環境学研究科 准教授
  • 2005 - 2009 Associate Professor,Graduate School of Environmental Science,Okayama University
  • 2009 - - 岡山大学環境生命科学研究科 教授
  • 2009 - - Professor,Graduate School of Environmental and life Science,Okayama University
  • 2005 - 2008 岡山大学廃棄物マネジメント研究センター 助教授
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2009 - 日本コンクリート工学協会 座長
受賞 (8件):
  • 2017 - 第45回セメント協会論文賞
  • 2013 - 2013年日本コンクリート工学会賞技術賞
  • 2011 - 土木学会技術開発賞
  • 2010 - (社)日本コンクリート工学協会論文賞
  • 2009 - 土木学会論文賞
全件表示
所属学会 (12件):
廃棄物学会 ,  日本材料学会 ,  日本コンクリート工学協会 ,  土木学会 ,  JSMS ,  JCI ,  JSCE ,  ACI ,  JSMS ,  JCI ,  JSCE ,  American Concrete Institute
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る