研究者
J-GLOBAL ID:200901095297364234   更新日: 2020年06月04日

迫 克也

サコ カツヤ | Sako Katsuya
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (1件): 有機化学 芳香族化合物 多環性芳香族化合物 ヘテロ芳香環化合物 有機合成
競争的資金等の研究課題 (25件):
  • 2019 - 現在 スイッチング機能分子ダイオードを指向した電位勾配型シクロファンの創製と物性評価
  • 2000 - 現在 有機エレクトロニクス
  • 2016 - 2019 分子ダイオードを指向した新規な電位勾配制御能をもつ三元系シクロファンの創出と評価
  • 2011 - 2014 新規な電子移動制御能を有する三次元分子フォトダイオード素子の創製
  • 2009 - 2011 電気的なキャリア注入層を有するジアリールエテン誘導体の構築と機能
全件表示
論文 (30件):
  • Hiroyuki Takemura, Akino Morikawa, Mari Tanaka, Akane Tatsumi, Yukiko Kubota, Natsuko Kaji, Ayako Hasegawa, Fumiko Kumamoto, Tomoko Obara, Tetsuo Iwanaga, Katsuya Sako. Syntheses of diaza(hetera)2[1.1.1.1]paracyclophanes by Chapman rearrangement. Tetrahedron Letters. 2020. 61. 13
  • H. Takemura, Y. Mogami, K. Okayama, N. Nagashima, K. Orioka, Y. Hayano, A. Kobayashi, T. Iwanaga, K. Sako. Synthesis and structures of N-(4-picolyl)azacalix[4]arene and its bridged derivatives. Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry. 2019. 95. 235-246
  • Michito Shiotsuka, Takuto Hashimoto, Kenta Matsubara, Katsuya Sako. Alternative preparation and characterization of platinum(II) organometallic dinuclear complexes and oligomers with 3,8-diethynylphenanthroline derivatives. Transition Metal Chemistry. 2018. 43. 693-703
  • K. Sako, T. Hasegawa, H. Onda, M. Shiotsuka, M. Watanabe, T. Shinmyozu, S. Tojo, M. Fujitsuka, T. Majima, Y. Hirao, T. Kubo, T. Iwanaga, S. Toyota, H. Takemura. Donor-Donor’-Acceptor Triads Based on [3.3]Paracyclophane with a 1,4-Dithiafulvene Donor and a Cyanomethylene Acceptor : Synthesis, Structure, and Electrochemical and Photophysical Properties. Chemistry - A European Journal. 2018. 24. 11407-11416
  • H. Takemura, K. Sako, T. Iwanaga, A. Tatsumi, Y. Mogami, H. Watanabe, M. Aoki, S. Yûki, Y. Hayano, M. Itaka. Synthesis of N,N'-bridged azacalixarenes. Tetrahedron. 2018. 74. 1991-2001
もっと見る
講演・口頭発表等 (114件):
  • ベイポクロミズムを示す発光性白金フェナントロリン錯体の光物性
    (第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 2019)
  • Bis(cyanoethylthio)DTFドナーを組み込んだ[3.3]パラシクロファンの合成
    (第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 2019)
  • 電子供与基を有するドナー・アクセプター二元系パラシクロファンの合成と物性
    (第30回基礎有機化学討論会 2019)
  • 内部メトキシ基を有する[3.3]メタシクロファン二元系の合成と物性
    (第30回基礎有機化学討論会 2019)
  • チオフェンユニットを有する新規なTTFドナーの合成と物性
    (第30回基礎有機化学討論会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1991 九州大学 理学研究科 化学
  • - 1986 九州大学 理学部 化学
学位 (2件):
  • 理学博士 (九州大学)
  • 理学修士 (九州大学)
経歴 (2件):
  • 1991/04/01 - 現在 名古屋工業大学 准教授
  • 1998/10/01 - 1999/07/31 ドイツ連邦共和国マックス・プランク研究所 -
所属学会 (1件):
日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る