研究者
J-GLOBAL ID:200901095317762010   更新日: 2020年04月17日

平芳 裕子

ヒラヨシ ヒロコ | Hirayoshi Hiroko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.h.kobe-u.ac.jp/en/staffs-en/HIRAYOSHI%20Hiroko
研究分野 (1件): 美学、芸術論
研究キーワード (2件): 表象文化論 ,  ファッション論
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2022 「ポスト身体社会」における芸術・文化経験の皮膚感覚についての横断的研究
  • 2019 - 2022 思想としてのファッションー20世紀後半の芸術における身体表象の関係から
  • 2016 - 2019 「見るもの」としてのファッション-表象装置としてのミュージアムとの関連から
  • 2017 - 2019 ミュージアムにおけるファッション展の国際的展開に関する総合研究
  • 2013 - 2016 メディア表象に見る 「アメリカン・ファッション」の生成過程研究
全件表示
論文 (19件):
  • 平芳 裕子. 近代アメリカのメディアに見る表象としてのファッションと女性. 神戸大学. 2018. 1-236
  • 平芳 裕子. 近代アメリカ女性の服作りー針仕事・パターン・通信教育ー. Fashion Talks. 2017. 6. 2-11
  • 平芳 裕子. 神戸大学に見る衣服史の諸相-師範学校・教育学部・発達科学部から国際人間科学部へ. 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要. 2017. 10. 2. 211-219
  • 平芳 裕子. The Representation of Sewing Women in Godey's Lady's Book. Aesthetics. 2017. 20. 50-61
  • 平芳 裕子. モデルに倣うーファッションにおけるパターンの出現. 表象. 2017. 11. 254-269
もっと見る
MISC (10件):
  • 平芳 裕子. ファッションと哲学 (新刊紹介). Repreニューズレター. 2019. Vol.36
  • 平芳 裕子. 境界のファッション展. Fashion Talks. 2018. no.7. 18-19
  • 平芳 裕子. 合わせ鏡を使った写真の流行について. 百年の《泉》-便器が泉になるとき(平芳幸浩+京都国立近代美術館編). 2018. 95-95
  • 平芳 裕子. 服のパターン、手芸のパターン. 月間みんぱく. 2018. 1月号. 18-19
  • 平芳 裕子. パリからアメリカへー控えめに装う女性たち. ボストン美術館『パリジェンヌ展』図録. 2017. 64
もっと見る
書籍 (19件):
  • 新修神戸市史
    神戸市 2020
  • 転生するモード
    新曜社 2019
  • 表象13
    月曜社 2019
  • ファッションと哲学
    フィルム・アート社 2018
  • 【単著】まなざしの装置ーファッションと近代アメリカ
    青土社 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (17件):
  • ファッションをめぐる身振りー近代アメリカの衣服と規範ー
    (京都国立近代美術館シンポジウム「ドレスコード?ーそれぞれのファッション学の視点から」 2019)
  • なぜいまだファッション批評+研究は困難なのか?
    (表象文化論学会大会シンポジウム"ファッション批評は可能か?" 2018)
  • 針と女性ー教養か賃金か家事かー
    (現代「手芸」文化に関する研究(国立民族学博物館共同研究) 2018)
  • シャネリズムとは何か
    (神戸ファッション美術館服飾文化セミナー 2017)
  • ファッション誌の技法ーイメージ・ことば・設計図ー
    (日本記号学会大会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1997 - 2003 東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学専攻単位取得退学
  • 1995 - 1997 東京大学大学院 総合文化研究科 表象文化論専攻
  • 1991 - 1995 東京藝術大学 美術学部 芸術学科
学位 (2件):
  • 修士(学術) (東京大学)
  • 博士(学術) (神戸大学)
経歴 (4件):
  • 2011/05 - 現在 神戸大学大学院 准教授
  • 2016/08 - 2017/05 ニューヨーク州立ファッション工科大学 客員研究員
  • 2007/04 - 神戸大学大学院 専任講師
  • 2003/04 - 神戸大学 専任講師
受賞 (1件):
  • 2017/08 - 意匠学会 意匠学会論文賞 「パターンによる流行受容ー初期『ハーパース・バザー』の重要性」
所属学会 (4件):
美学会 ,  表象文化論学会 ,  服飾美学会 ,  意匠学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る