研究者
J-GLOBAL ID:200901095404782613   更新日: 2020年12月10日

今村 太郎

イマムラ タロウ | TARO IMAMURA
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/rinoielab/welcome/
研究分野 (2件): 航空宇宙工学 ,  流体工学
研究キーワード (3件): 航空機設計 ,  数値流体力学 ,  空力騒音
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2017 - 2021 機械学習法を活用した自律型翼型失速回避制御システムの構築
  • 2018 - 2020 空気力を受動的かつ積極的に利用する新しいモーフィング翼型の研究
  • 2018 - 2020 空気力を受動的かつ積極的に利用する新しいモーフィング翼型の研究
  • 2015 - 2019 空力・空力音響基盤技術としての階層型直交格子法を用いる圧縮性流体解析法の構築
  • 2013 - 2018 スマートセンサーを活用した翼型失速回避制御システムの高度化
全件表示
論文 (56件):
MISC (54件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • 第46期年会講演会開催報告(トピックス)
    一般社団法人 日本航空宇宙学会 2015
  • NASA Langley研究所(<連載>グローバルAERO 海外空力機関訪問・滞在レポート 第3回)
    一般社団法人日本航空宇宙学会 2013
講演・口頭発表等 (225件):
  • Multi-fidelity Aeroelastic Simulation of a Morphing Wing Trailing Edge
    (AIAA SCITECH 2021 2021)
  • Application of Wall-modeled Large-eddy Simulation based on Lattice Boltzmann Method to External Flow Analyses
    (AIAA SCITECH 2021 2021)
  • Unsteady Flow Simulation using the Immersed Boundary Method on the Cartesian Grid with Moving Grid Technique
    (AIAA SCITECH 2021 2021)
  • Aero-structural analysis of corrugated morphing wing with spanwise camber change
    (AIAA SCITECH 2020 2020)
  • Unsteady turbulent flow simulation using lattice boltzmann method with near-wall modeling
    (AIAA AVIATION 2020 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
委員歴 (1件):
  • 2020/04 - 現在 日本航空宇宙学会 庶務理事(広報担当)
受賞 (3件):
  • 2011/07 - 航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2011最優秀論文賞
  • 2008/07 - 航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2008最優秀論文賞
  • 2006/12 - 第20回数値流体力学シンポジウム ベストCFDグラフィックスアワード優秀賞
所属学会 (3件):
米国航空宇宙学会 ,  日本機械学会 ,  日本航空宇宙学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る