研究者
J-GLOBAL ID:200901095421566673   更新日: 2021年03月09日

井上 あえか

イノウエ アエカ | Inoue Aeka
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): アジア史、アフリカ史
研究キーワード (1件): 歴史学、地域研究、グローバル関係学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2020 - 2024 権威主義体制の正統性としての「建国の父」-その継承と変容の比較研究-
  • 2019 - 2022 権威主義体制における分配政治の変容とアカウンタビリティ改革:中東諸国の比較研究
  • 2016 - 2021 国家と制度:固定化された関係性
  • 2015 - 2019 民主化プロセスにおける司法府の役割:中東イスラーム諸国の比較研究
  • 2012 - 2016 南アジア諸語イスラーム文献の出版・伝播に関する総合的研究
全件表示
論文 (16件):
  • 井上あえか, 牧野百恵. 2019年のパキスタン-IMFからの財政支援が決定. アジア動向年報. 2020. 545-570
  • 井上 あえか, 牧野 百恵. 2018年のパキスタン 新政権の発足で民主化の進展なるか (各国・地域の動向) -- (パキスタン). アジア動向年報 = Yearbook of Asian affairs. 2019. 566-581
  • 井上 あえか, 牧野 百恵. 2017年のパキスタン 司法判断による首相の交代ふたたび (各国・地域の動向) -- (パキスタン). アジア動向年報 = Yearbook of Asian affairs. 2018. 564-579
  • 井上 あえか. 書評 加賀谷寛著、松村耕光・東長靖・山根聡・今松泰・仁子寿晴編『加賀谷寛著作集』. イスラーム世界研究 = Kyoto bulletin of Islamic area studies. 2017. 10. 313-315
  • 井上 あえか, 牧野 百恵. 2016年のパキスタン 対インド関係の不安定化 (各国・地域の動向) -- (パキスタン). アジア動向年報 = Yearbook of Asian affairs. 2017. 572-587
もっと見る
MISC (7件):
  • 保坂修司, 京都大学イスラーム地域研究センター. 「混乱するパキスタン情勢」. 『アフガニスタンは今どうなっているのか』. 2010. 64-76
  • 酒井啓子. 「1980年代パキスタンのイスラーム化とその影響」. 『30年の後』. 2010. 109-115
  • 松本弘編, NIHUプログラム, イスラーム地域研究東大拠点グループ, 中東政治の構造変動. 「パキスタン・イスラーム共和国」. 『中東・イスラーム諸国民主化ハンドブック2009』. 2009. 259-272
  • 井上 あえか. パキスタン政治の混迷とムシャラフ政権の行方 (政情不安と大統領制の行方). 国際問題 = International affairs. 2008. 573. 21-29
  • 井上 あえか. 分析リポート パキスタンにおける民主政治の限界--第二次ナワーズ・シャリーフ政権と軍. アジ研ワールド・トレンド. 2003. 9. 6. 35-44
もっと見る
書籍 (12件):
  • 「境界」に現れる危機
    岩波書店 2021 ISBN:9784000270557
  • 途上国における軍・政治権力・市民社会
    晃洋書房 2016
  • イスラームとインドの多様性
    人間文化研究機構地域間連携研究の推進事業 「南アジアとイスラーム」 2014 ISBN:9784904039724
  • 中東政治学
    有斐閣 2012 ISBN:9784641049970
  • 現代南アジアのムスリム : 政治・開発・社会運動 : 2011年度国内シンポジウム報告書
    龍谷大学現代インド研究センター 2012 ISBN:9784904945131
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • パーキスターンにおけるイスラーム・政治・軍
    (2020年度南アジアセミナー 2020)
  • パキスタン独立の政治過程
    (KINDAS パキスタン研究会 2018)
  • パキスタン政治の変化と域内国際関係
    (日本中央アジア学会2015年度年次大会 2016)
  • 葛藤するムスリム国民-パキスタンにおける有権者の選択-
    (日本南アジア学会第27回大会 2014)
  • 「パキスタン:軍とイスラームの30年」
    (日本国際政治学会 2009)
もっと見る
Works (6件):
  • 『南アジアにおける相互理解と協調の戦略』
    2000 - 2001
  • 『SAARCにおける協力の実態』-統合行動計画(IPA)に基づく地域協力の枠組みと実績-』
    2000 - 2001
  • Strategy of Internal Understanding and corporation in South Asia
    2000 - 2001
  • Internal corporation among SAARC Countries : study of framework and management based on IPA
    2000 - 2001
  • 『SAARCにおける協力の実態』
    1999 - 2000
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1990 - 1999 東京大学
  • 1987 - 1990 東京外国語大学 地域研究研究科
  • 1983 - 1987 東京外国語大学 インド・パキスタン語学科(ウルドゥー語専攻)
学位 (1件):
  • 国際学修士 (東京外国語大学)
経歴 (13件):
  • 2011/04 - 現在 就実大学 人文科学部 総合歴史学科 教授
  • 2004/04 - 2011/03 就実大学 人文科学部総合歴史学科 助教授/准教授
  • 2006/04 - 2008/03 岡山大学 文学部 非常勤講師
  • 2004/04 - 2004/09 茨城大学人文学部 非常勤講師
  • 2003/04 - 2004/03 フェリス女学院大学 非常勤講師
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2020/11 - 現在 日本国際政治学会 倫理委員
  • 2020/09 - 現在 日本南アジア学会 監査
  • 2016/10 - 2020/09 日本南アジア学会 理事
  • 1999/10 - 2000/09 日本南アジア学会幹事
  • 1999 - 2000 日本南アジア学会 幹事
全件表示
所属学会 (6件):
日本中央アジア学会 ,  日本国際政治学会 ,  日本中東学会 ,  歴史学研究会 ,  日本南アジア学会 ,  日本比較政治学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る