研究者
J-GLOBAL ID:200901095737686050   更新日: 2020年08月29日

麓 伸太郎

フモト シンタロウ | Fumoto Shintaro
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/dds/index.htmlhttp://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/dds/index-e.html
研究分野 (5件): 生体材料学 ,  生体医工学 ,  ナノ材料科学 ,  薬系分析、物理化学 ,  医療薬学
研究キーワード (3件): リポソーム ,  ドラッグデリバリーシステム ,  遺伝子デリバリー
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2018 - 2022 遺伝子と薬物を搭載した脂質・ 炭酸カルシウムハイブリッドナ ノ粒子の開発
  • 2018 - 2021 がん組織内環境の多色深部イメージングおよび空間分布制御型DDSの構築
  • 2017 - 2020 生体組織を用いたメカノトランスフェクション・センシング機構の解明
  • 2016 - 2018 組織透明化で加速する安全かつ効率的な遺伝子導入法の開発
  • 2016 - 2018 製剤の分散状態に着目した細胞間差の少ない遺伝子送達法の開発
全件表示
論文 (11件):
  • Yota Taniguchi, Natsuko Oyama, Shintaro Fumoto, Hideyuki Kinoshita, Fumiyoshi Yamashita, Kazunori Shimizu, Mitsuru Hashida, Shigeru Kawakami. Tissue suction-mediated gene transfer to the beating heart in mice. PLoS ONE. 2020. 15. 2. e0228203
  • Influence of liver intoxication by carbon tetrachloride or D-galactosamine on absorption of fluorescein isothiocyanate-dextran-10 and other marker compounds with different molecular weights from the rat liver surface. Biological and Pharmaceutical Bulletine. 2020. 43. 2. 319-324
  • Eriko Kinoshita, Yuta Hori, Naoki Yoshikawa, Hirotaka Miyamoto, Hitoshi Sasaki, Junzo Nakamura, Takashi Tanaka, Koyo Nishida. Monitoring method for transgene expression in target tissue by blood sampling. Biotechnology Reports. 2019. 24. e00401
  • Taniguchi M, Miyamoto H, Tokunaga A, Fumoto S, Tanaka T, Nishida K. Evaluation of mRNA expression of drug-metabolizing enzymes in acetaminophen-induced hepatotoxicity using a three-dimensional hepatocyte culture system. Xenobiotica. 2019. 1-9
  • Ogawa Koki, Fuchigami Yuki, Hagimori Masayori, Fumoto Shintaro, Maruyama Kazuo, Kawakami Shigeru. Ultrasound-responsive nanobubble-mediated gene transfection in the cerebroventricular region by intracerebroventricular administration in mice. EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACEUTICS AND BIOPHARMACEUTICS. 2019. 137. 1-8
もっと見る
MISC (8件):
  • 麓 伸太郎, 木下 瑛莉子, 岡見 和哉, 下川 正二朗, 宮元 敬天, 川上 茂, 西田 孝洋. 組織透明化試薬Seebest MaxによるDDSキャリアの組織中空間分布可視化. 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集. 2019. 35回. 191-191
  • Koyo Nishida, Shintaro Fumoto. Organ surface application method-new DDS for digestive diseases. Drug Delivery System. 2018. 33. 390-396
  • 西村 光洋, 萩森 政頼, 三浦 雄介, 麓 伸太郎, 兒玉 幸修, 佐々木 均, 川上 茂. 多色深部イメージングを利用した腹膜組織における遺伝子発現・核酸送達評価法の開発. 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2018. 40回. 342-342
  • 平井 真智子, 麓 伸太郎, Shu Wang, 宮元 敬天, 西田 孝洋. エダラボンによるリポフェクション効率および安全性の改善. 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集. 2018. 34回. 153-153
  • 岡見 和哉, 麓 伸太郎, Qing Peng Jian, 宮元 敬天, 西田 孝洋. 薬物とタンパク質の同時送達が可能な脂質・炭酸カルシウムハイブリッド型ナノ粒子の創製. 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集. 2018. 34回. 183-183
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (4件):
  • 物理薬剤学・製剤学
    朝倉書店 2018 ISBN:9784254362688
  • DDS先端技術の製剤への応用開発
    技術情報協会 2017 ISBN:9784861046636
  • DDS製剤の開発・評価と実用化手法
    技術情報協会 2013 ISBN:9784861044755
  • Novel Gene Therapy Approaches
    2013
講演・口頭発表等 (43件):
  • リポプレックスの肺における遺伝子発現と拡散係数の関係性
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • アルコール注入法を基盤とした脂質・炭酸カルシウムナノ粒子の調製法
    (第36回日本薬学会九州支部大会 2019)
  • 脂質膜保持可能な多色深部観察用組織透明化試薬の開発
    (第36回日本薬学会九州支部大会 2019)
  • 界面活性剤非含有の組織透明化試薬による薬物キャリアの組織中空間分布評価
    (医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム 2019)
  • Multicolor deep imaging based on tissue optical clearing for DDS evaluation
    (3rd Workshop for Japan-Korea Young Scientists on Pharmaceutics 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2004 京都大学 大学院 薬学研究科 医療薬科学専攻
  • - 1999 京都大学 薬学部 製薬化学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (京都大学)
経歴 (3件):
  • 2010 - 現在 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科生命薬科学専攻 准教授
  • 2007 - 2010 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科生命薬科学専攻 助教
  • 2004 - 2007 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科生命薬科学専攻 助手
委員歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 日本薬剤学会 超分子薬剤学フォーカスグループ 会計幹事
  • 2017/07 - 現在 一般社団法人 長崎県薬剤師会 薬事情報委員会 委員
  • 2016 - 現在 遺伝子・デリバリー研究会 役員
  • 2015 - 現在 日本薬剤学会 評議員・代議員
  • 2018/04 - 2020/03 日本薬剤学会 超分子薬剤学フォーカスグループ 副リーダー
受賞 (2件):
  • 2008 - 平成20年度 日本薬学会九州支部学術奨励賞
  • 2004 - Postdoctoral Presentation Award
所属学会 (6件):
遺伝子・デリバリー研究会 ,  日本薬剤学会 ,  コントロールドリリース学会(Controlled Release Society) ,  日本DDS学会 ,  日本薬物動態学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る