研究者
J-GLOBAL ID:200901095745247368   更新日: 2020年06月07日

三宅 秀芳

ミヤケ ヒデヨシ | Miyake Hideyoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (2件): 有機合成化学 ,  有機化学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2010 - 根圏情報物質ストライゴラクトンの構造活性相関の新展開
論文 (5件):
  • 三宅 秀芳, 西村 明紀, 矢後 美里, 佐々木 満. Direct syntheses of 1-benzofuran-2(3H)-ones and 1-benzofuran-3(2H)-ones from 1-(2-hydroxyphenyl)-alkan-1-ones by CuBr2 or CuCl2. Chemistry Lett. 2007. 36. 332-333
  • 三宅 秀芳, 中尾 優一, 佐々木 満. Oxalic acid-catalyzed reaction of alcohols with NaSCN: the effects of additives NaI and I2. Chemistry Letters. 2006. 35巻11号1262頁
  • 三宅 秀芳, 藤村 昌弘, 津村 隆嗣, 佐々木 満. Solvolysis of benzyl alcohols and ethers in 1,2-diols and application to a deprotection of benzyl ether-type protecting groups. Chemistry Letters. 2006. 35巻・7号・778頁
  • MIYAKE Hideyoshi, TAKIZAWA E, SASAKI Mitsuru. Synthesis of flavones via the iodine-mediated oxidative cyclization of 1,3-diphenylprop-2-en- 1-ones. Bulletin of the Chemical Society ofJapan. 2003. 76(4)pp.835-836
  • MIYAKE Hideyoshi, HIRAI R, NAKAJIMA Y, SASAKI Mitsuru. Boron trifluoride mediated allylation of aromatic α-bromoketones by allyltributyl-tin. Chemistry Letters. 2003. 32(2)pp.164-165
特許 (13件):
  • 発芽刺激物質カーバメート誘導体およびその製造法(オーストラリア)
  • 発芽刺激物質カーバメート誘導体およびその製造法
  • 発芽刺激物質カーバメート誘導体およびその製造法(タンザニア)
  • 発芽刺激物質カーバメート誘導体およびその製造法(スーダン)
  • 発芽刺激物質カーバメート誘導体およびその製造法(ケニア)
もっと見る
講演・口頭発表等 (28件):
  • カーラクトン酸の合成研究
    (日本農芸化学会 2019年度大会 2019)
  • 1-(アズレン-1-イル)ビニルアセテートと種々の求核剤との反応に関する研究
    (日本化学会第99春季年会 2019)
  • アズレン誘導体の不飽和カルボニル化合物への共役付加とその応用
    (日本化学会第98春季年会 2018)
  • 1-(アズレン-1-イル)ビニルアセテートと芳香族化合物のルイス酸触媒によるカップリングに関する研究
    (日本化学会第98春季年会 2018)
  • グアイアズレンのFriedel-Craftsアシル化とその応用に関する研究
    (日本化学会第97春季年会 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1984 京都大学 大学院理学研究科博士後期課程修了
学位 (2件):
  • 理学修士 (京都大学)
  • 理学博士 (京都大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る