研究者
J-GLOBAL ID:200901095752417155   更新日: 2021年10月27日

岡田 幸之

オカダ タカユキ | OKADA Takayuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 精神神経科学
研究キーワード (1件): 司法精神医学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2021 - 2024 医療観察法における専門的医療の向上と普及に資する研究
  • 2018 - 2021 医療観察法の制度対象者の治療・支援体制の整備のための研究
  • 2016 - 2018 他害行為を行った精神障がい者の評価,治療,社会復帰支援における看護師の役割
  • 2016 - 2018 他害行為を行った精神障がい者の評価,治療,社会支援復帰における看護師の役割
  • 性暴力被害者への継続的支援(2)-PTSDの遠隔心理療法および被害時行動の研究
全件表示
論文 (48件):
  • 茨木 丈博, 岡田 幸之. 【行政や様々な公的機関等との協働-円滑な連携と関係構築のために-】検察官の要請に対する精神科医としての協力. 精神科治療学. 2021. 36. 7. 803-807
  • Kinoshita H, Kuroki N, Okada T. Violent Behavior Prior to Admission Is Not a Factor in Further Prolonged Length of Stay: A Retrospective Cohort Study in a Japanese Psychiatric Hospital. Frontiers in psychiatry. 2021. 12. 600456
  • Sekiguchi Y, Okada T, Okumura Y. Treatment Response Distinguishes Persistent Type of Methamphetamine Psychosis From Schizophrenia Spectrum Disorder Among Inmates at Japanese Medical Prison. Frontiers in psychiatry. 2021. 12. 629315
  • Sasaki Y, Tsujii N, Sasaki S, Sunakawa H, Toguchi Y, Tanase S, Saito K, Shinohara R, Kurokouchi T, Sugimoto K, et al. Current use of attention-deficit hyperactivity disorder (ADHD) medications and clinical characteristics of child and adolescent psychiatric outpatients prescribed multiple ADHD medications in Japan. PloS one. 2021. 16. 6. e0252420
  • Takeda K, Yamashita S, Taniguchi G, Kuramochi I, Murakami M, Kashiwagi H, Hashimoto R, Hirabayashi N, Okada T. Criminal victimization of people with epilepsy: Sixteen criminal judgments in Japan between 1990 and 2019. Epilepsy & behavior : E&B. 2021. 118. 107912-107912
もっと見る
MISC (15件):
  • 茨木 丈博, 岡田 幸之. 【医療現場における暴力や興奮と向き合う】精神疾患と暴力. 精神科. 2020. 37. 4. 343-348
  • 岡田 幸之. 精神鑑定が描き出す「機序」-法律家は精神障害とそれ以外と犯行の関連性をどう読み解いていくのか. 研修. 2020. 866. 3-14
  • 岡田 幸之. うつ病患者の責任能力について教えてください. Depression Journal. 2020. 8. 1. 20-21
  • 岡田 幸之. 精神鑑定6 法廷に立つ. 刑政. 2019. 130. 2. 58-59
  • 岡田 幸之. 精神鑑定5 責任能力を判断する?. 刑政. 2018. 129. 10. 60-61
もっと見る
書籍 (8件):
  • 日弁連研修叢書現代法律実務の諸問題令和2年度研修版
    第一法規 2021
  • The Wiley International Handbook on Psychopathic Disorders and the Law, 2nd Edition
    2021
  • ケース研究責任能力が問題となった裁判員裁判
    現代人文社 2019 ISBN:9784877987435
  • 刑事精神鑑定ハンドブック
    中山書店 2019 ISBN:9784521747422
  • 精神保健福祉士養成セミナー 1 精神医学ー精神疾患とその治療
    へるす出版 2017 ISBN:9784892699047
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • 現代の精神鑑定に求められていること-鑑定に携わる精神科医の立場から
    (第16回日本司法精神医学会退会 2020)
  • 地域司法精神医療-その 10 年を振り返って-
    (第114回精神神経学会学術総会 2018)
  • 裁判員裁判の法廷で「精神障害が事件に与えた影響の機序を説明する」ということ
    (第114回日本精神神経学会学術総会 2018)
  • Recidivism and suicide rate of patients discharged from forensic psychiatric wards in Jap
    (Annual Meeting of the International Association of Forensic Mental Health Services 2018)
  • 鑑定人と法曹の役割分担を整理する-8ステップモデルの概説
    (2018年度第1回精神医療法研究会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1991 - 1994 筑波大学
  • 1985 - 1991 筑波大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (筑波大学)
経歴 (3件):
  • 2019/02/01 - 現在 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 精神行動医科学 教授
  • 2015/09/01 - 現在 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 精神行動医科学 教授
  • 2015/09/01 - 2019/01/31 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 精神行動医科学 教授
委員歴 (9件):
  • 2021/04 - 現在 日本精神神経学会 代議員
  • 2019/04 - 現在 法務省 中央更生保護審査会 委員
  • 2018/04 - 現在 日本社会精神医学会 倫理委員会
  • 2018/04 - 現在 日本犯罪学会 編集委員長
  • 2011/04 - 現在 日本犯罪学会 理事
全件表示
受賞 (2件):
  • 2020/11 - 日本犯罪学会 日本犯罪学会賞
  • 2002/11 - 日本犯罪学会 第8回日本犯罪学会学術奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る