研究者
J-GLOBAL ID:200901095758361275   更新日: 2020年07月14日

松尾 亮太

マツオ リョウタ | Matsuo Ryota
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.fwu.ac.jp/~matsuor/
研究分野 (3件): 分子生物学 ,  神経科学一般 ,  動物生理化学、生理学、行動学
研究キーワード (14件): 走性行動 ,  非眼性光感知 ,  前脳葉 ,  DNA増幅 ,  神経再生 ,  神経修飾物質 ,  シナプス可塑性 ,  嗅覚学習 ,  脳・神経 ,  連合学習 ,  嗅覚忌避学習 ,  長期記憶 ,  遺伝子発現 ,  ナメクジ
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2022 ナメクジにおける視覚情報伝達の投射様式の解明
  • 2019 - 2021 ナメクジが脳で直接光を感知する分子機構の解明
  • 2016 - 2019 非眼性光感知に基づく負の光走性行動の研究
  • 2017 - 2018 脳における直接光感知に基づく光走性機構
  • 2013 - 2016 ニューロンにおけるゲノム増幅機構の解明
全件表示
論文 (4件):
  • Matsuo R, Kobayashi S, Furuta A, Osugi T, Takahashi T, Satake H, Matsuo Y. Distribution and physiological effect of enterin neuropeptides in the olfactory centers of the terrestrial slug Limax. J Comp Physiol A. 2020. (in press)
  • Nishiyama H, Nagata A, Matsuo Y, Matsuo R. Light avoidance by non-ocular photosensing system in the terrestrial slug Limax valentianus. J Exp Biol. 2019. jeb208595
  • Matsuo R, Koyanagi M, Nagata A, Matsuo Y. Co-expression of opsins in the eye photoreceptors in the terrestrial slug Limax valentianus. J Comp Neurol. 2019. 527. 3073-3086
  • Matsuo Y, Yamanaka A, Matsuo R. RFamidergic neurons in the olfactory centers of the terrestrial slug Limax. Zoological Lett. 2018. 4. 22
MISC (2件):
学位 (1件):
  • 博士(理学)
経歴 (8件):
  • 2019 - 現在 福岡女子大学 国際文理学部 教授
  • 2013 - 2019 福岡女子大学 准教授
  • 2012 - 2013 徳島文理大学 香川薬学部 准教授
  • 2005 - 2012 徳島文理大学 香川薬学部 講師
  • 2001 - 2005 東京大学大学院 薬学系研究科 助手
全件表示
受賞 (1件):
  • 2011/04 - 日本比較生理生化学会 吉田奨励賞
所属学会 (3件):
日本比較生理生化学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る