研究者
J-GLOBAL ID:200901095778601892   更新日: 2020年07月20日

奧脇 暢

オクワキ ミツル | Mitsuru Okuwaki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.kitasato-u.ac.jp/pharm/
研究分野 (4件): 分子生物学 ,  細胞生物学 ,  ウイルス学 ,  遺伝学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2007 - 2011 RNA-タンパク質複合体による細胞核機能・構造制御
論文 (25件):
  • Michelle Jane Genoveso, Miharu Hisaoka, Tetsuro Komatsu, Harald Wodrich, Kyosuke Nagata, Mitsuru Okuwaki. Formation of adenovirus DNA replication compartments and viral DNA accumulation sites by host chromatin regulatory proteins including NPM1. The FEBS Journal. 2019
  • Sekiya T, Hu Y, Kato K, Okuwaki M, Kawaguchi A, Nagata K. Assembly and remodeling of viral DNA and RNA replicons regulated by cellular molecular chaperones. Biophysical Reviews. 2018. 10. 2. 445-452
  • Mayumi Abe, Jianhuang Lin, Kyosuke Nagata, Mitsuru Okuwaki. Selective regulation of type II interferon-inducible genes by NPM1/nucleophosmin. FEBS Letters. 2018. 592. 2. 244
  • Ueshima, Shuhei, Nagata, Kyosuke, Okuwaki, Mitsuru. Internal associations of the acidic region of upstream binding factor control its nucleolar localization. Molecular and cellular biology. 2017. 37. 22
  • Lin, J, Kato, Mitsuyasu, Nagata, K, Okuwaki, M. Efficient DNA binding of NF-κB requires the chaperone-like function of NPM1. Nucleic Acids Res. 2017. 45. 7. 3707-3723
もっと見る
MISC (12件):
  • 駒木(安田, 加奈子, 奥脇暢, 永田恭介, 河津信一郎, 狩野繁之. 熱帯熱マラリア原虫の新規転写因子PREBPの性状. 日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集. 2014. 83rd. 45
  • 駒木(安田, 加奈子, 奥脇暢, 永田恭介, 河津信一郎, 狩野繁之. 熱帯熱マラリア原虫の新規転写因子PREBP(Prx regulatory element binding protein)の活性の解析. 日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集. 2013. 82nd. 83
  • 駒木(安田, 加奈子, 奥脇暢, 永田恭介, 河津信一郎, 狩野繁之. 熱帯熱マラリア原虫pf1-cys-prx遺伝子cis-elementに結合する新規核内因子の性状の解析. 日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集. 2012. 81st. 76
  • 駒木(安田, 加奈子, 奥脇暢, 永田恭介, 河津信一郎, 狩野繁之. 熱帯熱マラリア原虫のpf1-cys-prxn遺伝子の5’領域cis-elementに結合する新規核内因子は転写の活性化に関与する. 日本寄生虫学会東日本支部大会プログラム・講演要旨. 2012. 72nd. 40
  • 駒木(安田, 加奈子, 奥脇暢, 永田恭介, 河津信一郎, 狩野繁之. 熱帯熱マラリア原虫pf1-cys-prx遺伝子cis-elementに結合する新奇核内因子の同定およびその性状の解析. 日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集. 2011. 80th. 62
もっと見る
書籍 (8件):
  • 目的別で選べるタンパク質発現プロトコール
    2010
  • タンパク質-RNA複合体による核小体形成機構
    2005
  • ヒストンシャペロンの動的役割分担.
    2005
  • 熱帯熱マラリア原虫における抗参加タンパク質遺伝子転写制御の解析
    2004
  • 酸性分子シャペロンによるゲノム-塩基性タンパク質複合体の機能制御
    2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • ヒストンシャペロンによる核小体機能制御
    (第5回細胞核ダイナミクスシンポジウム____ 2005)
  • 核小体形成の制御機構
    (第5回細胞核ダイナミクスシンポジウム____ 2005)
  • Regulation of nucleolar chromatin structure by ribonucleoprotein complexes
    (JBSシンポジウム____ 2005)
  • Biochemical and Physiological Functions of Histone/Acidic Melecular Chaperones
    (The 8th Asian Conference on Transcription____ 2004)
  • Regulation of the nucleolar chromaitn structure through ribonucleoprotein complexes
    (The 8th Asian Conference on Transcription____ 2004)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1999 東京工業大学 大学院生命理工学研究科 バイオテクノロジー専攻
  • - 1994 東京工業大学 生命理工学部
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 北里大学 教授
  • 2007/12 - 2018/03 筑波大学 筑波大学 准教授
  • 2007/12/01 - 筑波大学 准教授
  • 2004/04/01 - 2007/11/30 筑波大学 講師
  • 2003/05/16 - 2004/03/31 筑波大学 講師
全件表示
所属学会 (2件):
日本分子生物学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る