研究者
J-GLOBAL ID:200901095778601892   更新日: 2021年09月28日

奧脇 暢

オクワキ ミツル | Mitsuru Okuwaki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.kitasato-u.ac.jp/pharm/
研究分野 (4件): 分子生物学 ,  細胞生物学 ,  ウイルス学 ,  遺伝学
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2017 - 2020 ヒストンシャペロンによる遺伝子発現制御機構の解明
  • 2017 - 2020 核膜孔タンパク質の質的変化による細胞運命の決定
  • 2014 - 2017 天然変性タンパク質NPM1による新規の細胞増殖制御機構
  • 2013 - 2016 ヒストンシャペロンによるクロマチンのダイナミック制御
  • 2009 - 2014 核内ネットワークを制御する天然変性タンパク質の機能発現
全件表示
論文 (61件):
  • Hiroko Hirawake-Mogi, Nguyen Thi Thanh Nhan, Mitsuru Okuwaki. G-patch domain-containing protein 4 localizes to both the nucleoli and Cajal bodies and regulates cell growth and nucleolar structure. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2021. 559. 99-105
  • Mitsuru Okuwaki, Ai Saotome-Nakamura, Masashi Yoshimura, Shoko Saito, Hiroko Hirawake-Mogi, Takeshi Sekiya, Kyosuke Nagata. RNA-recognition motifs and glycine and arginine-rich region cooperatively regulate the nucleolar localization of nucleolin. The Journal of Biochemistry. 2021. 169. 1. 87-100
  • Mitsuru Okuwaki, Shoko Saito, Hiroko Hirawake-Mogi, Kyosuke Nagata. The interaction between nucleophosmin/NPM1 and the large ribosomal subunit precursors contribute to maintaining the nucleolar structure. Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Cell Research. 2021. 1868. 1. 118879-118879
  • Michelle Jane Genoveso, Miharu Hisaoka, Tetsuro Komatsu, Harald Wodrich, Kyosuke Nagata, Mitsuru Okuwaki. Formation of adenovirus DNA replication compartments and viral DNA accumulation sites by host chromatin regulatory proteins including NPM1. The FEBS Journal. 2019
  • Takeshi Sekiya, Yifan Hu, Kohsuke Kato, Mitsuru Okuwaki, Atsushi Kawaguchi, Kyosuke Nagata. Assembly and remodeling of viral DNA and RNA replicons regulated by cellular molecular chaperones. Biophysical Reviews. 2018. 10. 2. 445-452
もっと見る
MISC (13件):
書籍 (8件):
  • 目的別で選べるタンパク質発現プロトコール
    2010
  • タンパク質-RNA複合体による核小体形成機構
    2005
  • ヒストンシャペロンの動的役割分担.
    2005
  • 熱帯熱マラリア原虫における抗参加タンパク質遺伝子転写制御の解析
    2004
  • 酸性分子シャペロンによるゲノム-塩基性タンパク質複合体の機能制御
    2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • Generation of Leukemia-Associated Nucleoporin Fusion Genes Affects Nuclear Pore Complex Integrity
    (EXPERIMENTAL BIOLOGY 2021 2021)
  • アスピリンはNPM1を非酵素的にアセチル化し、その流動性を減少させる
    (第141回日本薬学会年会 2021)
  • LC-MS/MSを用いた細胞内NUDT15活性の測定
    (第141回日本薬学会年会 2021)
  • 小胞体ストレス応答におけるNPM1の意義
    (第141回日本薬学会年会 2021)
  • 癌悪性化におけるNPM1の役割
    (第141回日本薬学会年会 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1999 東京工業大学 バイオテクノロジー専攻
  • - 1994 東京工業大学
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 北里大学 薬学部 教授
  • 2007/12 - 2018/03 筑波大学 筑波大学 准教授
  • 2004/04/01 - 2007/11/30 筑波大学 大学院人間総合科学研究科 講師
  • 2003/05/16 - 2004/03/31 筑波大学 基礎医学系 講師
  • 2002/04/01 - 2003/05/15 Cancer Research UK Research Fellow
全件表示
所属学会 (3件):
日本薬学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る