研究者
J-GLOBAL ID:200901095999737276   更新日: 2024年05月06日

新村 和也

シンムラ カズヤ | Shinmura Kazuya
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 実験病理学 ,  人体病理学 ,  分子生物学
研究キーワード (15件): 一次繊毛陽性腫瘍 ,  癌オルガノイド ,  人工知能(AI) ,  超解像イメージング ,  電子顕微鏡 ,  ナノスーツ研究 ,  中心体複製サイクル ,  中心体過剰複製 ,  中心体クラスタリング ,  肺癌 ,  大腸癌 ,  胃癌 ,  癌分子疫学 ,  8-ヒドロキシグアニン ,  塩基除去修復
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2020 - 2023 瑞々しさが保たれたナノスーツ法電顕観察によるHE病理標本上腫瘍形態特性の新規同定
  • 2016 - 2019 高い中心体数的異常を示すヒトがんの特徴とその要因・阻害剤感受性に関する研究
  • 2013 - 2016 がんDNA修復酵素遺伝子異常に起因する中心体過剰複製誘導機構の解明
  • 2010 - 2012 がん染色体不安定性の要因としての中心体サイクル制御機構異常に関する研究
  • 2007 - 2009 がん染色体不安定性の要因としての中心体サイクル制御機構異常に関する研究
全件表示
論文 (160件):
  • Hirofumi Watanabe, Yusuke Inoue, Masato Karayama, Shusuke Yazawa, Yasutaka Mochizuka, Hideki Yasui, Hironao Hozumi, Yuzo Suzuki, Kazuki Furuhashi, Noriyuki Enomoto, et al. Characterization of BRAFThr599dup Mutation as a Targetable Driver Mutation Identified in Lung Adenocarcinoma by Comprehensive Genomic Profiling. JCO precision oncology. 2024. 8. e2300538
  • Augustin Nzitakera, Jean Bosco Surwumwe, Ella Larissa Ndoricyimpaye, Schifra Uwamungu, Delphine Uwamariya, Felix Manirakiza, Marie Claire Ndayisaba, Gervais Ntakirutimana, Benoit Seminega, Vincent Dusabejambo, et al. The spectrum of TP53 mutations in Rwandan patients with gastric cancer. Genes and environment : the official journal of the Japanese Environmental Mutagen Society. 2024. 46. 1. 8-8
  • De Hu, Hidetaka Yamada, Katsuhiro Yoshimura, Tsutomu Ohta, Kazuo Tsuchiya, Yusuke Inoue, Kazuhito Funai, Takafumi Suda, Yuji Iwashita, Takuya Watanabe, et al. High Expression of Fas-Associated Factor 1 Indicates a Poor Prognosis in Non-Small-Cell Lung Cancer. Current oncology (Toronto, Ont.). 2023. 30. 11. 9484-9500
  • Shin-Ya Katsuragi, Yoshiro Otsuki, Shuhei Unno, Masaharu Kimata, Yashiro Yoshizawa, Makoto Tomatsu, Kazuya Shinmura, Kazufumi Suzuki, Haruhiko Sugimura. Evaluation of the widths of the mucosal strips in pathological examination of specimens of endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer. Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association. 2023. 26. 5. 755-762
  • Felix Manirakiza, Eric Rutaganda, Hidetaka Yamada, Yuji Iwashita, Belson Rugwizangoga, Benoit Seminega, Vincent Dusabejambo, Gervais Ntakirutimana, Deogratias Ruhangaza, Annette Uwineza, et al. Clinicopathological Characteristics and Mutational Landscape of APC, HOXB13, and KRAS among Rwandan Patients with Colorectal Cancer. Current issues in molecular biology. 2023. 45. 5. 4359-4374
もっと見る
MISC (125件):
  • 新村 和也, 加藤 寿美, 河崎 秀陽, 針山 孝彦, 吉村 公雄, 渡邉 裕文, 太田 勲, 川瀬 晃和, 船井 和仁, 椙村 春彦. 肺腫瘍における一次繊毛の検討 小細胞肺癌における一次繊毛の高頻度同定とその機能について. 日本病理学会会誌. 2023. 112. 1. 247-247
  • 新村 和也, 加藤 寿美, 河崎 秀陽, 針山 孝彦, 吉村 公雄, 渡邉 裕文, 太田 勲, 川瀬 晃和, 船井 和仁, 椙村 春彦. 肺腫瘍における一次繊毛の検討 小細胞肺癌における一次繊毛の高頻度同定とその機能について. 日本病理学会会誌. 2023. 112. 1. 247-247
  • ンジタケーラ オギシテ, マニラキザ フェリックス, 石川励, 夏目宏子, 岩下雄二, 山田英孝, 椙村春彦, 新村和也. ルワンダの胃がんにおけるTP53変異スペクトルは日本,中国,東欧のものと異なる. 日本癌学会学術総会抄録集(Web). 2023. 82nd
  • 丸山 保彦, 新村 和也, 河崎 秀陽, 安田 和世, 松田 昌範, 鈴木 誠, 新井 一守. 消化管診断学の新展開 胃疾患の内視鏡診断・病理診断の最前線 ナノスーツ技術を応用した光-電子相関顕微鏡(NanoSuit-CLEM)元素分析によるリン酸ランタン沈着の病理診断. 日本消化管学会雑誌. 2022. 6. Suppl. 95-95
  • 新村 和也, 草深 公秀, 河崎 秀陽, 加藤 寿美, 針山 孝彦, 土屋 一夫, 川西 祐一, 船井 和仁, 三澤 清, 椙村 春彦. 基底/筋上皮細胞分化を伴う唾液腺腫瘍におけるprimary ciliaの同定と機能. 日本病理学会会誌. 2021. 110. 2. 115-115
もっと見る
書籍 (5件):
  • 家族性腫瘍学 -家族性腫瘍の最新研究動向-
    日本臨床 2015
  • Lung Diseases - Selected State of the Art Reviews
    InTech 2012
  • Tumors of the central nervous system, volume 2
    Springer 2011
  • 家族性腫瘍 新しい研究動向と診療指針
    中山書店 1998
  • 癌化のメカニズムを解く
    羊土社 1998
学歴 (2件):
  • - 1998 浜松医科大学 医学研究科 形態系
  • - 1994 浜松医科大学 医学部 医
学位 (1件):
  • MD, PhD
経歴 (5件):
  • - 現在 浜松医科大学腫瘍病理学
  • Cincinnati大学医学部細胞生物学部
  • 浜松医科大学第一病理
  • 日本学術振興会特別研究員
  • 国立がんセンター研究所生物学部
委員歴 (1件):
  • 日本病理学会(病理専門医) 学術評議員
受賞 (3件):
  • 2012/11 - 日本病理学会学術研究賞(A演説賞)
  • 2009/06 - 浜松医科大学同窓会学術奨励賞
  • 2009/05 - 日本病理学会学術奨励賞
所属学会 (4件):
日本がん疫学・分子疫学研究会 ,  日本臨床細胞学会 (細胞診専門医) ,  日本癌学会 ,  日本病理学会 (病理専門医、分子病理専門医)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る