研究者
J-GLOBAL ID:200901095999737276   更新日: 2020年07月15日

新村 和也

シンムラ カズヤ | Shinmura Kazuya
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 実験病理学 ,  人体病理学 ,  分子生物学
研究キーワード (11件): 中心体クラスタリング ,  中心体過剰複製 ,  大腸癌 ,  肺癌 ,  胃癌 ,  癌分子疫学 ,  8-ヒドロキシグアニン ,  塩基除去修復 ,  中心体複製サイクル ,  電子顕微鏡 ,  ナノスーツ研究
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 胃癌、肺癌、大腸癌の分子疫学
  • 胃癌、肺癌、大腸癌の発生と進展に関わる遺伝子の同定
  • 塩基除去修復機構異常と発癌
  • 中心体複製サイクル制御機構異常と発癌
論文 (37件):
  • Yoshimura K, Inoue Y, Tsuchiya K, Karayama M, Yamada H, Iwashita Y, Kawase A, Tanahashi M, Ogawa H, Inui N, Funai K, Shinmura K, Niwa H, Suda T, Sugimura H. Elucidation of the relationships of MET protein expression and gene copy number status with PD-L1 expression and the immune microenvironment in non-small cell lung cancer. Lung cancer (Amsterdam, Netherlands). 2020. 141. 21-31
  • Yoshimura K, Inoue Y, Karayama M, Tsuchiya K, Mori K, Suzuki Y, Iwashita Y, Kahyo T, Kawase A, Tanahashi M, Ogawa H, Yokomura K, Inui N, Funai K, Shinmura K, Niwa H, Suda T, Sugimura H. Heterogeneity analysis of PD-L1 expression and copy number status in EBUS-TBNA biopsy specimens of non-small cell lung cancer: Comparative assessment of primary and metastatic sites. Lung cancer (Amsterdam, Netherlands). 2019. 134. 202-209
  • Shinmura K, Kato H, Kawanishi Y, Yoshimura K, Tsuchiya K, Takahara Y, Hosokawa S, Kawase A, Funai K, Sugimura H. POLQ Overexpression Is Associated with an Increased Somatic Mutation Load and PLK4 Overexpression in Lung Adenocarcinoma. Cancers. 2019. 11. 5
  • Misawa K, Kanazawa T, Mochizuki D, Imai A, Mima M, Yamada S, Morita K, Misawa Y, Shinmura K, Mineta H. Genes Located on 18q23 Are Epigenetic Markers and Have Prognostic Significance for Patients with Head and Neck Cancer. Cancers. 2019. 11. 3
  • Kanazawa T, Misawa K, Shinmura K, Misawa Y, Kusaka G, Maruta M, Sasaki T, Watanabe Y, Carey TE. Promoter methylation of galanin receptors as epigenetic biomarkers for head and neck squamous cell carcinomas. Expert review of molecular diagnostics. 2019. 19. 2. 137-148
もっと見る
MISC (90件):
  • 吉村 克洋, 井上 裕介, 土屋 一夫, 柄山 正人, 山田 英孝, 岩下 雄二, 川瀬 晃和, 棚橋 雅幸, 小川 博, 乾 直輝, 船井 和仁, 新村 和也, 丹羽 宏, 椙村 春彦, 須田 隆文. 非小細胞肺癌におけるMET遺伝子増幅と腫瘍PD-L1発現および腫瘍免疫微小環境との関係. 肺癌. 2019. 59. 6. 695-695
  • 新村和也, 加藤寿美, 川西祐一, 後藤正憲, TAO Hong, 吉村克弘, 中村悟己, 三澤清, 椙村春彦. NTHL1関連ポリポーシス(NAP)原因遺伝子であるNTHL1のvariant型のDNAグリコシラーゼ能および変異抑制能評価. 日本病理学会会誌. 2019. 108. 1. 309-310
  • 吉村 克洋, 井上 裕介, 柄山 正人, 土屋 一夫, 岩下 雄二, 華表 友暁, 鈴木 勇三, 船井 和仁, 新村 和也, 乾 直輝, 横村 光司, 丹羽 宏, 椙村 春彦, 須田 隆文. PD-L1発現と遺伝子コピー数変化の腫瘍間および腫瘍内不均一性の検討. 日本呼吸器学会誌. 2019. 8. 増刊. 210-210
  • 吉村 克洋, 鈴木 勇三, 井上 裕介, 柄山 正人, 土屋 一夫, 岩下 雄二, 華表 友暁, 川瀬 晃和, 棚橋 雅幸, 小川 博, 乾 直輝, 船井 和仁, 新村 和也, 丹羽 宏, 椙村 春彦, 須田 隆文. 非小細胞肺癌におけるCD200/CD200R1発現の臨床的意義. 肺癌. 2018. 58. 6. 672-672
  • 新村和也, 加藤寿美, 後藤正憲, TAO Hong, 井上裕介, 中村悟己, 吉田春生, 津崎江美, 椙村春彦. MUTYH関連ポリポーシス(MAP)原因遺伝子は臭素化DNA付加体8-bromoguanineの修復にも関わる. 日本病理学会会誌. 2018. 107. 1. 300
もっと見る
書籍 (5件):
  • 家族性腫瘍学 -家族性腫瘍の最新研究動向-
    日本臨床 2015
  • Lung Diseases - Selected State of the Art Reviews
    InTech 2012
  • Tumors of the central nervous system, volume 2
    Springer 2011
  • 家族性腫瘍 新しい研究動向と診療指針
    中山書店 1998
  • 癌化のメカニズムを解く
    羊土社 1998
学歴 (2件):
  • - 1998 浜松医科大学 医学研究科 形態系
  • - 1994 浜松医科大学 医学部 医
学位 (1件):
  • MD, PhD
経歴 (5件):
  • - 現在 浜松医科大学腫瘍病理学
  • Cincinnati大学医学部細胞生物学部
  • 浜松医科大学第一病理
  • 日本学術振興会特別研究員
  • 国立がんセンター研究所生物学部
委員歴 (1件):
  • 日本病理学会(病理専門医) 学術評議員
受賞 (3件):
  • 2012/11 - 日本病理学会学術研究賞(A演説賞)
  • 2009/06 - 浜松医科大学同窓会学術奨励賞
  • 2009/05 - 日本病理学会学術奨励賞
所属学会 (4件):
日本がん疫学・分子疫学研究会 ,  日本臨床細胞学会 (細胞診専門医) ,  日本癌学会 ,  日本病理学会 (病理専門医)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る