研究者
J-GLOBAL ID:200901096104641810   更新日: 2021年09月01日

中村 泰大

ナカムラ ヤスヒロ | Nakamura Yasuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 皮膚科学
研究キーワード (1件): 皮膚悪性腫瘍,皮膚外科,再建外科,癌薬物療法
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 現在 成人固形がんに対する標準治療確立のための基盤研究(日本臨牀腫瘍グループJCOG)
  • 2021 - 2024 頭頸部基底細胞癌縮小マージン切除による新たな低侵襲標準治療の開発
  • 2018 - 2019 新規バイオマーカーによるメラノーマへの免疫チェックポイント阻害薬奏効免疫型の解明
  • 2015 - 2016 皮膚有棘細胞癌のPD-L1発現と臨床・病理学的因子および予後との相関に関する研究
  • 2011 - 2014 神経線維腫症I型の抗TNF-alpha抗体による新規治療の開発
全件表示
論文 (119件):
  • 中村 泰大, 寺本 由紀子. メラノーマ治療におけるirAEの病態と対処法. Monthly Book Derma. 2021. 305. 5561
  • Sasaki K, Nakamura Y, Baba N, Teramoto Y, Yamamoto A. Repeated complete response with long-term control of BRAF-mutant melanoma by multiple rechallenges with dabrafenib plus trametinib. European Journal of Cancer. 2020. 139. 37-40
  • 中村 泰大, 梅田 善康, 石月 翔一郎, 寺本 由紀子. ゲノム医療における画像の役割 悪性黒色腫. 臨床画像. 2020. 36. 10. 1198-1201
  • 中村 泰大, 梅田 善康, 石月 翔一郞. よく見る皮膚疾患を発疹レベルで理解する 悪性腫瘍 悪性黒色腫. Medicina. 2020. 57. 11. 1952-1953
  • Nakamura Y, Matsushita S, Tanaka R, Saito S, Araki R, Teramoto Y, Aoki M, Yamamura K, Nakamura Y, Fujisawa Y, et al. 2-mm surgical margins are adequate for most basal cell carcinomas in Japanese: a retrospective multicentre study on 1000 basal cell carcinomas. Journal of European Academy of Dermatology and Venereology. 2020. 34. 9. 1991-1998
もっと見る
書籍 (51件):
  • 爪部腫瘍性病変の手術療法「足爪治療マスターBOOK」
    全日本病院出版会 2020
  • メラノーマにおけるセンチネルリンパ節転移陽性例への領域リンパ節郭清の最近の考え方「WHAT'S NEW in 皮膚科学 2020-2021」
    メディカルレビュー社 2020
  • リンパ節郭清(骨盤内)「皮膚外科学 改訂第2版」
    学研メディカル秀潤社 2020
  • 抗悪性腫瘍薬「皮膚疾患最新の治療2019-2020」
    文光堂 2019
  • Venous malformations (VM: 静脈奇形)「血管腫・血管奇形アトラス」
    南江堂 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (153件):
  • Major differences between Caucasian and Japanese population for melanoma treatment
    (第36回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 2021)
  • 悪性黒色腫における抗PD-1抗体療法,完全奏効下での白斑出現から再色素沈着化とともに脳転移を生じた1例
    (第84回日本皮膚科学会東京支部学術大会 2020)
  • 皮膚外科手術のワンポイントアドバイス 大きめの手術(郭清など)
    (第84回日本皮膚科学会東京支部学術大会 2020)
  • 新たな標準治療を自分で開発しよう!-医師主導臨床試験の立案・実行に携わるということ-
    (第2回皮膚オンコロジー若手育成セミナー 2020)
  • Real-world efficacy of anti-PD-1 antibodies in advanced subungual melanoma: A large multicenter retrospective Japanese Acral Melanoma PD-1 (JAMP) study of 70 cases
    (16th European Association of Dermato Oncology (EADO) Congress 2020)
もっと見る
Works (2件):
  • Report of Benign Moles Undergoing Immune Reaction During Nivolumab Therapy in a Patient With Melanoma
    2017 -
  • 皮膚科Q&A メラノーマ以外の皮膚悪性腫瘍
    中村泰大, 大塚藤男 2013 -
学歴 (3件):
  • 2003 - 2007 筑波大学大学院 疾患制御医学専攻
  • 2003 - 2007 筑波大学大学院 疾患制御医学専攻
  • 1991 - 1997 筑波大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (筑波大学大学院)
経歴 (3件):
  • 2017/11 - 現在 埼玉医科大学国際医療センター皮膚腫瘍科・皮膚科 助教授・准教授
  • 2017/08 - 2017/11 Skin Cancer Unit, Department of Dermatology, Univesity Hospital Essen, Germany Visiting fellow
  • 2017/08 - 2017/11 Skin Cancer Unit, Department of Dermatology, Univesity Hospital Essen, Germany Visiting fellow
委員歴 (19件):
  • 2019/12 - 現在 日本臨床皮膚外科学会 理事
  • 2018/04/01 - 現在 日本臨床腫瘍研究グループ(Japan Clinical Oncology Group: JCOG)効果・安全委員会 効果・安全性委員会委員
  • 2017/12 - 現在 日本研究皮膚科学会 評議員
  • 2017/02 - 現在 日本皮膚科学会皮膚悪性腫瘍ガイドライン改定委員会(担当:メラノーマ) メラノーマガイドライン代表委員
  • 2015/10 - 現在 日本皮膚外科学会 理事
全件表示
受賞 (11件):
  • 2020/07 - The Journal of Dermatology Award Most Cited Paper 2019 Impact Factor Period
  • 2020/07 - Best Doctors in Japan
  • 2019/07 - The Journal of Dermatology Award Most Cited Paper 2018 Impact Factor Period
  • 2018/07 - Best Doctors in Japan
  • 2016/07 - WILEY The Journal of Dermatology Award for Most Cited Paper 2015 Impact Factor Period Improvement of the sentinel lymph node detection rate of cervical sentinel lymph node biopsy using real-time fluorescence navigation with indocyanine green in head and neck cancer
全件表示
所属学会 (9件):
American Society of Clinical Oncology ,  日本研究皮膚科学会 ,  日本癌治療学会 ,  European Association of Dermato Oncology ,  日本レックリングハウゼン病学会 ,  日本臨床皮膚外科学会 ,  日本皮膚悪性腫瘍学会 ,  日本皮膚外科学会 ,  日本皮膚科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る