研究者
J-GLOBAL ID:200901096104641810   更新日: 2024年02月14日

中村 泰大

ナカムラ ヤスヒロ | NAKAMURA Yasuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 皮膚科学
研究キーワード (1件): 皮膚悪性腫瘍,皮膚外科,再建外科,癌薬物療法
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2021 - 2024 頭頸部基底細胞癌縮小マージン切除による新たな低侵襲標準治療の開発
  • 2018 - 2019 新規バイオマーカーによるメラノーマへの免疫チェックポイント阻害薬奏効免疫型の解明
  • 2017 - 現在 成人固形がんに対する標準治療確立のための基盤研究(日本臨牀腫瘍グループJCOG)
  • 2015 - 2016 皮膚有棘細胞癌のPD-L1発現と臨床・病理学的因子および予後との相関に関する研究
  • 2011 - 2014 神経線維腫症I型の抗TNF-alpha抗体による新規治療の開発
全件表示
論文 (135件):
  • ◎Nakamura Y, Namikawa K, Kiniwa Y, Kato H, Yamasaki O, Yoshikawa S, Maekawa T, Matsushita S, Takenouchi T, Inozume T, et al. Efficacy comparison between anti-PD-1 antibody monotherapy and anti-PD-1 plus anti-CTLA-4 combination therapy as first-line immunotherapy for advanced acral melanoma: A retrospective, multicenter study of 254 Japanese patients. Eur J Cancer. 2022. 176. 78-87
  • Umeda Y, Teramoto Y, Asami Y, Matsuya T, Saito S, Sasaki K, Baba N, Ishizuki S, Kamimura A, Yamaguchi B, et al. Comparison of surgical morbidities between LigaSureTM and conventional techniques in inguinal or ilioinguinal lymph node dissection for skin cancer: A single center retrospective study. J Dermatol. 2022. 49. 10. 1020-1026
  • ◎Kato J, Namikawa K, Uehara J, Nomura M, Nakamura Y, Uhara H, Uchi H, Yoshikawa S, Kiniwa Y, Nakamura Y, et al. Prognoses of patients with melanoma who continue/discontinue anti-programmed death-1 therapy after achieving a complete response in a real-world setting: a multicentre retrospective study. Br J Dermatol. 2022. 187. 4. 594-596
  • Kamimura A, ◎Nakamura Y, Takenouchi T, Matsushita S, Omodaka T, Yamamura K, Uchi H, Yoshikawa S, Yanagisawa H, Ito T, et al. Concordance in judgment of clinical borders of basal cell carcinomas in Japanese patients: A preliminary study of JCOG2005 (J-BASE-MARGIN). J Dermatol. 2022. 49. 9. 837-844
  • Baba N, Kato H, Nakamura M, Matsushita S, Aoki M, Fujimoto N, Kato T, Iino S, Saito S, Yasuda M, et al. Narrower clinical margin in high or very high-risk squamous cell carcinoma: a retrospective, multicenter study of 1,000 patients. J Dtsch Dermatol Ges. 2022. 20. 8. 1088-1099
もっと見る
書籍 (110件):
  • 疣状外観を呈する皮膚腫瘍「今日の皮膚疾患治療指針第5版」
    医学書院 2022
  • 乳房外Paget病「今日の皮膚疾患治療指針第5版」
    医学書院 2022
  • 乳房外Paget病 今日の皮膚疾患治療指針第5版
    医学書院 2022
  • 疣状外観を呈する皮膚腫瘍 今日の皮膚疾患治療指針第5版
    医学書院 2022
  • 重篤な皮膚障害「がん薬物療法の支持療法マニュアル」
    南江堂 2021
もっと見る
講演・口頭発表等 (249件):
  • メラノーマ治療update2023
    (Melanoma Expert Seminar in Osaka 2023)
  • メラノーマ治療:皮膚科医がどこまで介入し,どう治療する?
    (近畿若手メラノーマ研究会 2023)
  • 抗悪性腫瘍薬によるさまざまな皮膚障害とその対応
    (さいたま地域連携Network アピアランスケアを考える 2023)
  • 皮膚がんupdate
    (Sun Derma Seminar in 福井 2022)
  • Drug treatment for melanoma in Japan
    (MIX2022 Meet the Asian Expert 2022)
もっと見る
Works (2件):
  • Report of Benign Moles Undergoing Immune Reaction During Nivolumab Therapy in a Patient With Melanoma
    2017 -
  • 皮膚科Q&A メラノーマ以外の皮膚悪性腫瘍
    中村泰大, 大塚藤男 2013 -
学歴 (2件):
  • 2003 - 2007 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻
  • 1991 - 1997 筑波大学 医学専門学群
学位 (1件):
  • 博士(医学) (筑波大学大学院)
経歴 (5件):
  • 2017/11 - 現在 埼玉医科大学国際医療センター皮膚腫瘍科・皮膚科 准教授
  • 2017/11 - 現在 埼玉医科大学国際医療センター皮膚腫瘍科・皮膚科 助教授・准教授
  • 2017/08 - 2017/11 Skin Cancer Unit, Department of Dermatology, Univesity Hospital Essen, Germany 研究員・ポスドク
  • 2017/08 - 2017/11 Skin Cancer Unit, Department of Dermatology, Univesity Hospital Essen, Germany Visiting fellow
  • 2017/08 - 2017/11 Skin Cancer Unit, Department of Dermatology, Univesity Hospital Essen, Germany Visiting fellow
委員歴 (23件):
  • 2022/07 - 現在 がん診療ガイドライン統括・連絡委員会 専門委員
  • 2022/07 - 現在 日本皮膚科学会皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン委員会 統括委員長
  • 2022/07 - 現在 日本皮膚悪性腫瘍学会 ガイドライン統括委員
  • 2019/12 - 現在 日本臨床皮膚外科学会 理事
  • 2018/04 - 現在 日本臨床腫瘍研究グループ(Japan Clinical Oncology Group: JCOG)効果・安全委員会 効果・安全性委員会委員
全件表示
受賞 (13件):
  • 2022/12 - 日本臨床腫瘍研究グループ Japan Clinical Oncology Group (JCOG) Best Study Coodinator Award
  • 2022/07 - Best Doctors in Japan
  • 2020/07 - The Journal of Dermatology Award Most Cited Paper 2019 Impact Factor Period
  • 2020/07 - Best Doctors in Japan
  • 2019/07 - The Journal of Dermatology Award Most Cited Paper 2018 Impact Factor Period
全件表示
所属学会 (9件):
American Society of Clinical Oncology ,  日本研究皮膚科学会 ,  日本癌治療学会 ,  European Association of Dermato Oncology ,  日本レックリングハウゼン病学会 ,  日本臨床皮膚外科学会 ,  日本皮膚悪性腫瘍学会 ,  日本皮膚外科学会 ,  日本皮膚科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る