研究者
J-GLOBAL ID:200901096188759330   更新日: 2020年06月13日

山田 友幸

ヤマダ トモユキ | Yamada Tomoyuki
所属機関・部署:
ホームページURL (2件): http://www.asahi-net.or.jp/~yt6t-ymd/index.htmlhttp://www.asahi-net.or.jp/~yt6t-ymd/index.html
研究分野 (2件): 哲学、倫理学 ,  思想史
研究キーワード (25件): 言語行為 ,  発話行為 ,  発語内行為 ,  発語内の力 ,  状況理論 ,  力 ,  状況意味論 ,  語用論 ,  意味 ,  コミットメント ,  スコアキーピング ,  指令 ,  動的認識論理 ,  命題的コミットメント ,  選好 ,  制度的事実 ,  局所的制約 ,  非古典論理 ,  慣習的効果 ,  取り消し ,  動的義務論理 ,  発語媒介行為 ,  行為の哲学 ,  心の哲学 ,  言語の哲学
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2017 - 2022 発話と社会的文脈の相互作用に関する動的様相論理による学際的研究
  • 2011 - 2016 予測・判断・意思決定の論理と計算
  • 2007 - 2010 言語行為のダイナミクスの動的様相論理による研究
  • 2007 - 2009 日本語を対象とした語用論の動的側面の形式化の研究
  • 2002 - 2005 行為と認知の統合理論の基礎
全件表示
論文 (31件):
  • 澤崎高広, 佐野勝彦, 山田友幸. Term-Sequence-Modal Logics. Patrick Blackburn, Emiliano Lorini, Meiyun Guo (eds.), Logic, Rationality, and Interaction, 7th International Workshop, LORI 2019, Chongqing, China, October 18-21, 2019, Proceedings. 2019. 244-258
  • 山田 友幸. Moral Dilemmas and the Contrary-to-Duty Scenarios in Dynamic Logic of Acts of Commanding --- The Significance of Moral Considerations behind Moral Judgments ---. Proceedings of the 14th and 15th Asian Logic Conferences. 2019. 249-269
  • 山田 友幸. Assertions and Commitments. The Philosophical Forum. 2016. XLVII. 3-4. 475-493
  • 山田 友幸. サールの社会制度理論とオースティンの言語行為論. 哲学年報 (北海道哲学会). 2015. 60. 21-37
  • 山田 友幸. The Epistemic Closure Principle and the Assessment Sensitivity of Knowledge Attributions. M. Rebuschi et al. (eds.), Interdiciplinary Works in Logic, Epistemology, Psychology and Linguistics: Dialogue, Rationality, and Formalism. Springer-Verlag. 2014. 181-199
もっと見る
MISC (10件):
  • 山田 友幸. Searle on Austin on Speech Acts. 2016
  • 山田 友幸. Strawson on Austin on Speech Acts. 2016
  • 山田 友幸. 書評論文 飯田隆著『言語哲学大全4:真理と意味』. 科学哲学. 2004. 37. 1. 77-89
  • 山田 友幸. 書評 ポール・グライス著、清塚邦彦訳『論理と会話』. 科学哲学. 2002. 35. 1. 101-107
  • 山田 友幸. 「現代の論理的意味論--フレ-ゲからクリプキまで」野本和幸. 哲学. 1990. 26. p43-47
もっと見る
書籍 (2件):
  • SOCREAL 2019: Proceedings of the International Workshop on Philosophy and Logic of Social Reality, Sapporo, Japan, 2019
    Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers 2020
  • Logic, Rationality, and Interaction: 6th International Workshop, LORI 2017, Sapporo, Japan, September 11 - 14, 2017, Proceedings
    Springer, Berlin, Heidelberg 2017 ISBN:9783662556641
講演・口頭発表等 (35件):
  • Acts of commanding and promising in a dynamified common sense deontic term-sequence-modal logic
    (北海道大学哲学会 2019(令和元)年度・後期研究発表会 2019)
  • Count-as Conditionals, Background Conditions and Hierarchy of Constitutive Rules
    (16th INTERNATIONAL CONGRESS ON LOGIC, METHODOLOGY AND PHILOSOPHY OF SCIENCE AND TECHNOLOGY 2019)
  • Acts of Permitting in Dynamic Modal Logic
    (2019年度講演会 2019)
  • Conventional Effects and Status Functions: Reconciling Austin with Searle
    (Perspectives on Speech as Action 2018)
  • Count-as Conditionals in Channel Theory
    (the 4th Asian Workshop on Philosophical Logic 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1980 - 1983 東京大学 大学院人文科学研究科 哲学専門課程博士課程
  • 1977 - 1980 東京大学 大学院人文科学研究科 哲学専門課程修士課程
  • 1974 - 1977 東京大学 文学部 第一類(文化学)
  • 1972 - 1974 東京大学 教養学部 文科三類
学位 (1件):
  • 文学修士 (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2019/04 - 現在 北海道大学 名誉教授
  • 2017/04 - 2019/03 北海道大学 特任教授
  • 2000/04 - 2017/03 北海道大学 教授
  • 1996/01 - 2000/03 北海道大学 教授
  • 1990/04 - 1995/12 北海道大学 助教授
全件表示
委員歴 (28件):
  • 2019/09 - 現在 The 3rd International Conference on Logic and Argumentation (CLAR 2020) プログラム委員
  • 2018/04 - 現在 Journal of Applied Ethics and Philosophy 編集長
  • 2018 - 現在 LORI (International Conference on Logic, Rationality and Interaction) Standing Committee
  • 2013/12 - 現在 DEON (International Conference on Deontic Logic and Normative Systems) プログラム委員
  • 2010/07 - 現在 Philosophia Scientiae (Archives Henri-Poincaré) 編集委員
全件表示
所属学会 (10件):
日本イギリス哲学会 ,  クロアチア論理学会 ,  科学基礎論学会 ,  北海道哲学会 ,  北海道大学哲学会 ,  東京都立大学哲学会 ,  日本科学哲学会 ,  日本哲学会 ,  哲学会 ,  ヨーロッパ論理、言語、情報学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る