研究者
J-GLOBAL ID:200901096342574713   更新日: 2019年06月07日

広田 純一

Hirota Junichi
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • -
論文 (37件):
  • 広田純一. 東日本大震災から5年を経た被災地のいま. 季刊行政相談. 2016. 150. 1-4
  • 広田純一. 東日本大震災の 5 年を振り返る. 農業農村工学会誌. 2016. 84. 6. 1-3
  • 広田純一. 解題:東日本大震災の農村復興に関する総合的農村計画研究ー連携と持続に着目してー. 農村計画学会誌. 2016. 33. 4. 405-406
  • 広田純一. 地方を巡る昨今の議論と農村計画学研究. 農村計画学会誌. 2016. 34. 1. 1-3
  • 役重真喜子, 広田純一. 行政と地域の役割の分担に市町村合併が与える影響-岩手県花巻市東和地域を事例として-. 農村計画学会誌. 2015. 34. 5. 203-208
もっと見る
MISC (5件):
  • 広田純一. 震災後3年を迎える農業・農村の復興の現状と課題. 農業農村工学会誌. 2014. 82. 3. 197-199
  • 広田純一. 震災4年目を迎える津波被災地の復興まちづくりの課題. 農村計画学会誌. 2013. 32. 4. 1-2
  • 広田純一. 地域・コミュニティー主体の復興はどこに?. 農業共済新聞. 2012
  • 広田純一. 改めて地域づくりを考える-地域力向上の視点から-. 農村計画学会誌. 2011. 28. 4. 1-2
  • 広田純一. 農村生態工学の現状と展望. 水環境学会誌. 2007. 30. 10. 551-555
書籍 (12件):
  • 日本農学会編『シリーズ21世紀の農学 東日本大震災からの農林水産業と地域社会の復興』
    養賢堂 2013
  • 日本農学会編『シリーズ21世紀の農学 東日本大震災からの農林水産業と地域社会の復興』
    養賢堂 2013 ISBN:9784842505
  • 大震災・地域・農林水産業をどう立て直す(日本農業の動き176)
    農林統計協会 2012
  • イギリス国立公園の現状と未来-進化する自然公園制度の確立に向けて
    北海道大学出版会 2012
  • 田園自然再生(共著)
    農文協 2009 ISBN:9784540081569
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • 農村計画学会春期シンポジウム
    (農村計画学会春期大会)
  • 生物多様性保全を目指す 日本の水田農業
    (秋田県立大学日韓シンポ「水田の未来」)
  • 東日本大震災の津波避難行動の実態-田野畑村羅賀・島越地区の場合-
    (東北地区自然災害研究会研究発表会)
  • 被災コミュニティの現状と課題ー震災後8ヶ月を経過してー
    (環境社会学会シンポジウム)
  • 震災復興の現状と課題
    (京都大学財政研冬シンポジウム「震災復興と地域再生」)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る